2014年02月20日

金色機械 恒川光太郎著。

《★★★》

江戸時代、そこは鬼御殿とも極楽園とも呼ばれ、女を攫っては食い物にしてきた。どこにあるか分からない山奥、隠れ里。そして、そこにいる、月から来たという金色の異形のもの、金色様。
長い長い年月をかけた、金色様と極楽園の物語。

時は少し遡り、戦国時代。月から来たという金色の異形のものを守る幽禅家がいた。
やがて今川家に迫られ、隠れ里の幽禅家は滅びた。そして、幽禅家の生き残りのちよが新たな金色様の主となり、幽禅家の名残は極楽園という新たな形の礎を作り、時代は戦国から江戸・徳川へと変わって行った。

何百年経とうとも、金色様は主と共にいる。いつか月からの迎えが来るまで・・・。
私の中では、金色様は映画【スター・ウォーズ】のあのロボットなんだけどね。
様々な人々が、極楽園に関わり、その人生が交錯していく。
不思議な力を持った者たちも登場して、途中、恒川氏が作者であることを忘れてしまうくらい、新しい感じがした。

その手で人を死へと導ける遥香。人の殺気が見える熊吾朗。

一見なんの関わりもなさそうな二人だけど、遥香の母は、昔熊吾朗と共に極楽園に住み、脱走した紅葉。だが後に、幼い遥香を胸に抱きながら、殺される。
遥香は、母を殺した仇を討つために金色様の最後の主となり、恐らく母を襲った一味であろう柴本厳信の元へ転がり込む。
厳信は、遥香が近づいてきた真意に気付きながらも遥香と夫婦になる。

遥香の母、紅葉が殺された遠因には、実は極楽園内部の抗争があった。極楽園を乗っ取るために部下の夜隼が頭領を殺害したのだ。当時、金色様の主は、その頭領一族。(そうだ、頭領一族は、その昔幽禅家の人々だもんね)
つい、極楽園がならず者の集まりで、殺しや盗み、少女を攫っては女郎にしていたもんで、、あのよい血筋の幽禅家の面影もなく、うっかり忘れちゃうとこなんだけど。
だから金色様は、極楽園にいたんだもんね。

で、頭領暗殺の手先として使われたのが、紅葉の夫の善彦。
山の噴火で紅葉たちは流民となり、頭領を殺された極楽園の報復と、幼き頃の厳信と仲間たちが遊び心で流民斬りを行ったことが重なり、実は紅葉は同じ村人仲間に殺されていたのだ。

元は女郎だった紅葉が村に加わったことによって、災いが起きたに違いないというほぼ八つ当たりの理由で。

ついでに言えば、遥香の父を殺したのは金色様。金色様の当時の主は、極楽園の頭領だった剛毅の息子、正嗣。正嗣が父の仇を取ろうと善彦に近づき、逆に殺されてしまう。主を殺された金色様は当然、善彦を殺す。
主を失っていた金色様は、やがて遥香と出会い、遥香が最後の主となるんだよね。

ああ、書いておかないと、ややこしい。

そして、話を戻して紅葉のこと。紅葉は、実は厳信たちにではなく、村人っていうか流民仲間に殺された真実は、万能に近い金色様も聞こえなかったとみえて、遥香も厳信も知らない。厳信に至ってはあまりの懺悔のせいか、流民斬りの記憶がなくなっている。
互いに真実を誤解したままだけど、夫婦となった月日は二人を信頼でつなぐ夫婦へと変えていった。
いつか母の仇を討つと決めていながら、厳信は母を殺していない、と確信を持つ遥香。

そんなある日、貸し本屋の双子の娘が攫われたと聞いて、厳信は、今まで藩が、二度極楽園捜索に乗り出しながら見つけることのできなかった難題に、三度目の捜索を開始する。攫った娘を返してもらうために、そのために行っただけなのに、かつて頭領を裏切った夜隼たちに殺されてしまう。
遥香は夫の行方を捜すために、熊吾朗に近づき、極楽園に金色様と乗り込んだ遥香は、極楽園をとうとう壊滅させる。

夫の死の真相を知った時、遥香からほとばしった殺気。この殺気を目の当たりした熊吾朗は、もはや極楽園を見捨て里に下りた。

よくよく考えると、金色様とはなんだったんだろう。極楽園とは結局、なんだったんだろう。
月から来た金色様。その金色様を守るために幽禅家がいて、生き延びたちよが極楽園を作った。
極楽園は、ちっとも極楽じゃなくて、女を食い物にする悪党どもの集まり。その悪党の祖先が幽禅家っていうのもなんだかな〜、だけど、そもそも生き延びたちよってのが、空恐ろしい子供だったもんね。

結局この物語は、なにをどう言いたかったんだろう。
月からの迎えが永遠に来ない金色様の、孤独な運命の話・・・だったんだろうか。



posted by じゃじゃまま at 23:06| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 恒川光太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月09日

ガソリン生活 伊坂幸太郎著。

《★★★》

それぞれの家の車たちが会話してる。
面白いのに、読むのに2週間もかかってしまったのはなぜだろう?
善人の望月良夫と、小学生らしくない弟亨。二人は愛車デミオを運転中、超有名人である荒木翠が突然乗り込んでくる。
追われてるから助けて欲しい、と。その翌日、翠はパパラッチに追われてトンネルで追突事故死してしまう。

こうして望月兄弟は、翠の敵を討つために、パパラッチの玉田に会いに行く。
事件は、翠の事故死から始まり、長女の彼氏江口君が悪事に加担させられそうになり、家族全員が窮地に陥ったところを、隣人の校長先生と玉田に救出される。
小学生の亨の同級生、やさいトリオへの復讐も、小さな出来事も、すべて辻褄があい、忘れそうな小さな事件もちゃんと意味があり、解かれる、その無駄のなさが伊坂氏だよね。
そして最後はハッピーな気持ちになれるハートウォーミングな小説。

様々な事件も、乗っている車同士の会話や、車中の会話でしか私たちは知ることができないんだけど、走行中のいろんな車が情報持っているから、案外情報たくさん持っていて楽しい。
事故死したはずの翠の恋人、丹羽っちが、ちょっと神経質っぽくってやだけど、伊坂氏の小説は、窮地に陥りながらも最後は救いがあるから、好き。

ラストは、あの騒動から数年後なんだけど。長女には二人目の子供がお腹にいて、月日の流れを感じさせる。
売ってしまったデミオが、再び望月家に現れるところなんて、さすが伊坂氏!!!!ってブラボー!って感じ。

posted by じゃじゃまま at 17:55| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊坂幸太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

母性 湊かなえ著。

《★★》

冒頭、一人の女子高生の飛び降り自殺が語られる。
インタビューで答える母の言葉。
そして神父に言われて書いている告白ノート。娘の回想。

なにがなんだかって感じ。
そもそも、冒頭で自殺した少女と、告白してる母娘は別人?
冒頭の少女は飛び降り自殺だし、登場する母娘は、桜の木で首つりだよね。
これはミスリードしようとしてのものだよね。

告白する母娘がこれまた、いつの時代の話ですか?ってくらい古臭い。なんだろう、なにが古臭いんだろう。
そんなにママにべったりな母親も気持ち悪かったし、意地の悪い姑も、昭和初期かよ?ってくらい。

ママ離れできてない母親と、その母親の愛情が欲しくて頑張る一人娘。逃げ出す夫。
意地の悪い夫の姉妹と姑。全然面白くないし、驚きもなにもない。
途中出てくる高校教師たちは誰なの?これは一人娘のことか?りっちゃんってあのりっちゃん?
お手伝いに来てる男の子もあの子だよね、って思ったけど、どうしちゃったの?ってくらい話分からなくて、面白くなかった。

大体、冒頭の自殺をあえてミスリードされようってところからして、余計ややこしくさせただけで失敗だった気がする。

そろそろネタ切れ?


posted by じゃじゃまま at 17:40| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。