2014年04月28日

検察側の罪人 雫井脩介著。

《★★★★》

東京地検のベテラン検事・最上毅と同じ刑事部に、教官時代の教え子、沖野啓一郎が配属されてきた。ある日、大田区で老夫婦刺殺事件が起きる。捜査に立ち会った最上は、一人の容疑者の名前に気づいた。すでに時効となった殺人事件の重要参考人と当時目されていた人物だった。男が今回の事件の犯人であるならば、最上は今度こそ法の裁きを受けさせると決意するが、沖野が捜査に疑問を持ちはじめる―。 (「BOOK」データベースより)

最初は誰が主人公で、誰に感情移入していいか分からなかった。冤罪を疑い、過去に殺人事件を犯している松倉の無罪を確信する沖野なのか、かつて寮でお世話になっていた管理人の娘を殺され、その復讐に燃える最上なのか、戸惑いながら読み進めていた。
物語が大きく進むのは、大田区の刺殺事件で真犯人は他にいることに気付きながらも、なんとしても時効になって逃げおおせた松倉に罪をかぶせようとする最上が、とうとう引き返せない決断をしたとき。

罪を犯した松倉にはなんとしても償ってもらう。刺殺事件では冤罪だが、この罪をかぶせることこそ、逃げおおせた松倉に下るべき罰なのではないか、そう最上が決断したとき、最上は検事として許されない行動に出た。
証拠品の隠ぺい、ねつ造、そして真犯人の弓岡の逃亡教唆。

そして決して戻れない道を進んだ最上。

最初はどっちに感情移入するか迷ってたはずなのに、いつの間にか最上と一緒になっていた。
いいんだよ、松倉は過去に少女に暴行し、殺していながら、逃げ切った奴なんだから。確かに、犯していない罪をかぶせられ、決して認めない松倉もお気の毒だったけど、最上の取った行動は、罪人はことごとく罰せられたんだからいいじゃん、沖野が正しいのは分かっていながらも、この物語に限っては、松倉にあのままかぶせて欲しかった。

最上の鉄のような決意。最上と同様、可愛がっていた管理人の娘を殺されたことに憤っているかつての旧友たちにも、松倉の担当であることを明かさず、なんと意思の強い人なんだろう、と。
そうでなくちゃ、検事なんてできないんだろうけど、旧友たちに冷たい奴だ、とか言われても、なにも言わず、たった一人で復讐の炎を燃やしている。

だからこそ、弓岡を殺した容疑がどんどん深まり、状況証拠がどんどん出てきて、とうとう逮捕されてしまった、終盤。
号泣してしまった。
友人の前川が面会に駆け付けたシーンは今読み返しても泣ける。

思い出しても泣ける。

あんなに最上のことを怒っていた記者の水野も、「俺が代わってやりたい」と泣いていた、と。ようやく最上の孤独な決意、自分の人生を賭けて松倉に罪を償わせようとした闘いがみんなに理解してもらえて、泣いた。

そう考えると、人生を賭けて松倉に復讐しようとしたのに、沖野によって阻まれたことが悔やまれる。
でも冤罪は許されない、だけど時効になっても松倉は許せない、深い問いかけをされた小説だった。

検事としての人生を失った最上だけど、得たものは旧友たちの友情や家族の愛情、沖野ですら決して最上のことを責めてはいない。罪人になったけど、私は最上のしたことを認める。

じゃ、一度悪いことをしてしまったら、冤罪だとしても、疑われるようなことしたんだから仕方ないって思うのか、って言われると、違うよね、ってなるんだけど、難しい、深い問いかけ。
でも、松倉に関しては、あのまま刑務所に行けばよかったのに。

雫井氏の小説の中で、これが一番忘れられなくなりそう。


posted by じゃじゃまま at 16:40| 神奈川 | Comment(2) | TrackBack(0) | その他 さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月18日

泣き童子 三島屋変調百物語参之続 宮部みゆき著。

《★★★★》

三島屋のおちかの物語、第三弾ですね。
もう、さすが!としかいいようのない、宮部氏。特に時代物は面白いけど、ますます磨きかかってますね。
許嫁を幼馴染に殺された過去を持ち、その心の傷を少しでも癒すために叔父夫妻の元へ行儀見習いの名目のもと厄介になっているわけだけど。
この叔父が、世の中の不可思議、人の業や生き様の話を聞くことによって、深く沈み傷ついたおちかの魂が、なにかを見出すことになれば、と百物語を言いだした。

どれも不思議で、業や憎しみ、悲しみをおちかに語り聞いてもらうことにより、吐き出し、胸につかえた重りを少しでも軽くすることができる。語って語り捨て、聞いて聞き捨て。

「魂取の池」 ・・・おちかと同年代くらい、年若い娘がやって来た。許嫁と祝言をあげる予定の娘で、なんの不安もない幸せな祝言なのに、取り越し苦労な心配ばかりするお文。そんなお文に、母親が言って聞かせた祖母の話。「魂取の池」と呼ばれる近づいてはいけないその池に、恋人同士で近づくと、男性を嫌いな女性に横取りされてしまうという。
祖母の身に起こったなにやら因縁めいた出来事。目先にとらわれず繋がった縁を大事にしなきゃいけない、というお話。

「くりから御殿」 ・・・息子夫婦に代を譲り、隠居の身となった夫婦。夫には妻には聞かせられない話があった。幼少の頃、水害で生き残った長治郎は、別れたままとなった従姉妹や幼馴染たちの遺体が見つかるたびに不思議な夢を見る。ずっと自分だけが生き残ってしまったことを悔やんでいる長治郎。早く自分もみなのことろへ呼んでくれよ、と願うのに、仲良しだった従姉妹たちはかくれんぼして逃げてしまう。自分だけが生き残ったから、みんなそんな意地悪をするのかい??と泣きながら問う長治郎に、夫の胸中をずっとずっと察していた妻と、言えなかった夫の気持ちに泣いてしまった。
そして、仲良しだった幼馴染たちが長治郎を恨むはずがない、と妻の言葉にまた涙。

「泣き童子」 ・・・ある日三島屋に不吉な感じの老人が百物語をしに現れた。老人なのか、若いのか。番頭の八十助が「なんともぞぞぞっと胴震いする」ような人物だという。断ろうとした矢先、その人物が倒れてしまい、三島屋で面倒をみる羽目に。見れば、八十助が言うような人物には感じられず、そのまま百物語を聞くと・・・。
差配をしていた店子の前に捨て子があった。この赤子は人の悪意や悪行を感じ取り、火がついたように泣きわめくという。この赤子により、差配は自分の娘の犯した罪を知り、娘は自分を見るたびに泣きわめく赤子にとうとう耐えかね、赤子を階段から突き落として殺す。
差配は娘が犯した二つの罪に目をつぶり、月日はめぐるが、娘も差配もその泣き童子から逃れることはできなかった。
八十助が感じたぞぞぞっとするような業を、この差配だった男は持っていた。

ちょっとホラーで怖いよね。

「小雪舞う日の怪談語り」 ・・・いつもは自分が百物語を主催する側のおちかだが、この日は岡っ引きの半吉から井筒屋で行われる怪談語りに誘われる。
この行き帰り、おちかは心優しいお地蔵様と出会い、会では密かに気になっている青野先生との再会もあり、嫌な感じの母娘もいたり、忙しかった。
呪われた屋敷で、入ったまま出てこなかった語り手の父親、絶対に転んではいけない橋で転び、お腹の子を守るために寿命を十年あげた話、人の病が見える目を持つ母の話、そして、半吉が昔親分から言いつけられた悪どいことをしてきた男の最期を見届ける話。

一番最初の、屋敷から出てこられなくなった話が、なんとも奇妙で怖かった。一体、なにが部屋の奥にいたんだろう。

「まぐる笛」 ・・・三島屋の黒白の間に今回やって来たのは、若いお武家さまだった。方言が出てしまうその若者の語った話は、母の故郷の村で起こる数十年に一度のなんとも恐ろしい出来事。そのことを治めることのできるのは女だけに限り、若者の母親はその選ばれた女だった。
人の怨念が渦巻き、退治しても退治してもまたぐるぐるとその怨念は形を成し、まぐるとなって現れ、人々を襲い食う。若者が子供のころまぐるに遭い、母親の秘儀を目の当たりにし、胸にしまっておいた話。

実は私はこういう食害話が好きだったりする。私の中ではヒグマが暴れてたけど、これは人の怨念でできた怪物。

「節気顔」 ・・・おちかの元へ訪れたお多福顔の女性は、叔父の話を語った。その叔父の話にはおちかにも縁のある、ある人物が現れる。
その昔、叔父はあの世とこの世を行き来する男から仕事を頼まれる。それは決められた日に、死者の顔になること。死者の縁者に会い、少しでも慰めになったりすればいい、時には自分を殺めた奴らに復讐しに行くこともあるので注意が必要だったりもする。
叔父は、若い頃散々親不幸をしてきたから、内心、自分の親に会いたい、その顔になりたいと願ったが叶わなかった。両親はこの世に想いを残さず、あちらへ行ったのだろう。
そうして、叔父はだんだんと自分の寿命も尽きてきて、ある日、あの人物がやって来て年季明けを言い渡され、一瞬のっぺらぼうになって、また叔父に戻り亡くなった。

叔父が、復讐をしたい男の顔になって、自分を殺めた者たちへ会いに行った話。結局、あの殺された男はなにをやってみんなに袋叩きにされて死んでいったのだろう。叔父もその謎を解きたかったみたいだけど、それは謎のままで、気になる。
そして、一瞬のっぺらぼうになったのも、どこへ誰に会いに行ったのか、あの人物とおちかの因縁は終わっておらず、次に繋がるのかな、とちょっと期待してる。

どれも人間の愚かさだったり、業だったり、深い愛情や悲しみ、宮部氏の人情物語はやっぱりさすが。
そのくせ、あの、あの世とこの世を行き来する人物は、異色。

posted by じゃじゃまま at 17:44| 神奈川 ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | 宮部みゆき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月12日

三月 大島真寿美著。

《★★★★》

短大を卒業してからおよそ20年。同窓会の案内を受けとって以来、ノンは学生時代に亡くなった男友達のことが気になりはじめる。彼は自殺ではなかったのではないか?ノンは仲のよかった友人に連絡を取ると―。仕事や家庭、それぞれの20年の時を歩んできた女性6人。学生時代の男友達の死を通じて明らかになる「過去」。その時、彼女たちが選ぶ道は―。未来に語り継ぎたい物語。 (「BOOK」データベースより)

大島ワールド健在だった!!
これが大島ワールドだ!読み終わった後、ひそかによし!!って決意してしまうような、よし!もう一度頑張ってみようって。
そっと背中を押すような物語が大島氏。
女性作家さんは、加齢と共に作風が微妙に変わってくるけど、大島氏も例外ではなかった。
以前は、高校卒業前後の女の子が、特別になにか事件があったわけでもないんだけど、自然と、さりげなく新たな一歩を踏み出すってものが多かったけど、「三月」はアラフォーが主役。

個人的にはこっちの方が共感できる年代なんだけど、10代の子たちの未来を感じる物語もよかっただけに、大島氏がだんだん年齢設定を上にしてきてることが寂しい。
でも!!!「三月」は大島氏の得意とする分野だよね。

これが大島ワールド。
短大時代の仲間たち。一人の青年の事故死をめぐって、その周囲の人間模様も浮き彫りになってくる。
「モモといっしょ」は、森川君の事故死を自殺として広めてしまったのは私のせいかも!ってノンからの電話に振り回される領子。勤めてた会社が倒産してしまって、彼氏もいない、そばにいるのは愛犬のモモだけ。そのことをちょっとした見栄で言えなかったり。そんな20年近くも前の事故死のことで今更騒ぎ立てるノンに呆れつつも、久しぶりに、東北に嫁いでしまったノンに会いに行くことを決める領子。
これから仕事も探さなきゃいけないアラフォー女性の、心細いような、でもまた出発しようって、そう思えるのが大島作品のすごいとこ。

「不惑の窓辺」・・・ 明子は、領子からもう15年以上も前に事故死した森川君の話を聞いた。
森川君は、明子の従兄カンペーの友人だった。そして、明子はずっとずっとカンペーに恋をしていた。でもその想いを告げることもできないまま、カンペーは他の女性と結婚してしまい、ずっと独身だった明子も数年前、叔母に勧められて子連れの後妻となった。心にはいまだカンペーを残しながら、義理の娘が自分のことを「あいつ」呼ばわりしてることを耳にして、傷ついている。そして、領子の電話でカンペーが、あの頃、友人の小沼花と付き合ってたという話を聞き、動揺する。
義理の娘ともうまくいってなかったという現実、好きだったカンペーは友人の花のことが好きだった?こういうのって一気に来るんだよね〜。落ち込み、明子もまた、ノンに会いに行ってみようかなと思う。

「花の影」・・・ ノンの思い込みによる発言は、伝言ゲームのようにあの時代の仲間たちの間を、いろんなさざなみを起こしながら流れていった。明子からの電話で花は久しぶりにあの頃のことを思い出していた。
もしも、阪神淡路大震災がなかったら、花はカンペーと結婚していたかもしれない。一番の支援者を震災で失い、花も両親も傷つき、とうとう花はカンペーの優しさから逃げてしまった。以来、花はずっと独身で、親の介護をしている。姉夫妻がいてくれたら・・・花はカンペーと今頃幸せな家庭を築いていたかもしれない・・・でもそれは現実ではない。現実は、姉夫妻を失い、カンペーを失い、花は親の面倒を見続けている。
そんな花の日常に、明子からの電話は外からの風を入れた。
花もまた、ノンやあの頃の友人に会いに東北に行こう、と思い立つ。

「結晶」・・・ 森川君の事故死は、自殺だったのか、それとも・・・。当時、森川君と付き合っていた穂乃香。でも結局穂乃香が結婚したのは、仲間内の栃田君だった。それが原因ではないのか?そんな憶測が仲間内でもささやかれ、そして当人の穂乃香は夫である栃田を疑い、夫の栃田も、事故当日の穂乃香を疑っていた。
ノンから、確かめるべきと言われ、20年近く経って、ようやく二人は森川君の死、自分たちの関係に向き合い、確かめ合う。
それぞれが必死で生きてきた20年、築き上げてきたものたちが確かにここにあるという、重みのある章だった。

「三月」・・・ ノンの、かつての森川君の事故死を自殺と断定させてしまったのは私かも!という思い込みの電話が仲間内に周り、それが縁で卒業以来かつての仲間たちが、ノンの嫁ぎ先の東北に集まった。
それそれが会わなかった年月分、いろんな問題や出来事にぶつかりながらも、揉まれて生きてきた。
全部を語り合わなくても、お互いに想いを馳せる部分もあるだろう。ノンも、人知れず、夫に疑惑を感じながら蓋をして生きてきた。そして一度口にしてしまったことで、とうとう現実になってしまった。
みんなとの再会、その時、ノンは心の裏側で夫の裏切りと、そしてそれが浮気ではなく本気であることを悟り、悲しみ、不安、動揺、いろんなものがごちゃごちゃと押し寄せてきていたんだろう。
でも、みんなと会い、三月は出会いと別れの季節でもあることにふと気付き、そうだ、自分ももう一度この生活から卒業をして、また再出発しよう!と、そう気持ちが切り替わった。

こういうのってほんの一瞬で吹っ切れるんだよね。

「遠くの涙」・・・ みんなが東北に集まって再会してた頃、一人美晴はアメリカにいた。学生時代から演劇の道に進むと決めていて卒業後、渡米したのだ。だから森川君の死も、それぞれのみんなのその後も遠くの話だった。一人飛び出してきたからこそ、弱音は吐けなかった。小さな嘘が、そのまま本当のことを言えなくして、二度の離婚も、演劇とは関係ない日本料理店で働いていることも遠く離れた距離と共に見えないところに隠した。
ノンたちが再会するというメールを読んだ三時間後、日本に大きな地震が起こった。ノンは、領子は、明子は、穂乃香は、花は?無事のメールを読んだのは4月になってから。
ノンからのメールで、みんなの無事を知り、会わなかった20年に語りきれないほどのそれぞれの人生があったことを改めて感じた時、美晴も、二度の離婚や別れた息子のこと、辛いことたくさんあった。みんなに黙っていたこともあった。でも自分も今、生きている、生きているうちに、他の仲間たちのように再会したい!とそう気持ちが変化したのもすごく分かる。
こういうのも、一瞬一瞬で切り替わるんだよね。そして、美晴は、みんなに会わない間に起こったいろんなこと、昔のようにいろんな話をしてた頃の自分たちのように、話したい、と思ったんじゃないかな。

ノンのその後も、美晴宛てのメールの中で書かれていて、ちょっと安心。震災の後、心の離れた夫とも抱き合って無事を確かめ合い、今は家族で結束して立ちあがっていると。
もしかしたらそれは今だけで、その後はノンたち夫婦がどうなるかは分からない。小説だからなんとでも書けそうだけど、あえて書かないところに、その世代でもある私はどっちにでも想像できて、逆に、よ〜し!頑張れ〜って応援できる。

どれもハッピーエンドってほどでもないのに、なぜか元気をもらう大島ワールドは健在だった!


posted by じゃじゃまま at 17:39| 神奈川 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 大島真寿美 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

図書室のキリギリス 竹内真著。

《★★★》

バツイチになったのを機に、学校司書として働きはじめた詩織。人には言えない秘密を抱える彼女のもとに、さまざなな謎が持ちこまれる。本にこめられた想いと謎を読み解くブックミステリー。 (「BOOK」データベースより)

面白いはずなのに、読むのに2週間近くかかってしまった。
睡魔に負けてしまって・・・。
詩織はモノに刻まれた人々の思いを感じ取ることができる。そういう特殊な能力を持っている、っていうんだけど、正直、それならもっとそれを活用する物語でもよかった気もする。
あまりそれがなにか特別な出来事に繋がるわけでもなく、ただどの章でも、本に対する愛情というか、ああ、本好きなんだな〜って感じた。
そして、私もいろんな本が紹介されるたびに読んでみようかな、とか、読者がそういう風に思ってくれたら、きっと竹内氏の作戦は成功なんだろう。

正直、私と詩織(竹内氏)の本の趣味は違うけど、でも二つほど得たものがあった。
それは、以前ある番組でヒグマの食害事件を扱った再現ドラマを見て、本当に恐ろしくて、私は家族に呆れられながら、にわかヒグマ評論家となった。そしてヒグマの本を読んだり調べたりしたけど、星野道夫氏のエッセイが紹介されていて、おお!!!っと「図書室のキリギリス」と私の繋がりを喜んだりして。

詩織の勤める学校の図書委員である楓ちゃんが、英語の翻訳に挑戦してる章も、ひどく私のアンテナに触れた。
英語は苦手だけど、好きな映画の原作を翻訳するって挑戦もいいかな〜って。
なにか目的を持つって楽しいかも〜って。

物語的にはちょっと退屈なところもあったけど、こうやって新しい発見ができたのはやっぱり読書の醍醐味だよね。

詩織の失踪した夫も、最後に解決して、できればハッピーエンドがよかったけどね。
それが余韻を残した。

posted by じゃじゃまま at 16:05| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 竹内真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。