2014年06月26日

悪医 久坂部羊著。

《★★★★》

一人のがん患者と、一人の外科医。
治療法はもうない、あとは余命を後悔のないように、と治療を拒否される患者と、これ以上の治療は患者の命を縮めるだけと、治療を拒否する外科医。

もう死ねと言ってるのか!と激昂する患者、小仲。自分たちは患者の命を救うために治療してきた。その治療がもう患者の病を治すためではなく、苦しみだけを与えるのなら、治療をしないことが患者のため、と思って告げた外科医、森川。

両者の言い分、気持ちはどちらも切実で、ものすごく考えさせられる小説だった。
最初は、医師が薬を使って患者を殺したりする話なのかと思ってたけど、実はすごく重いテーマだったんじゃないかと。

自分ががん患者なら、素直に受け入れるという森川医師は、それでも治してくれ、治療してくれという末期のがん患者に閉口する。
森川の妻は、夫に同調するでもなく、淡々と患者の立場に立って森川に助言するが、医師としての森川はその気持ちが分からない。

でもこの外科医は、筆者自身かもしれないけど、真摯に受け止め、苦悩する。
患者のために治療はしないのか、患者のために苦しい治療を続けるのか・・・。

その答えは出ないようにも思えた。どこまでいっても平行線だから。

だけど、森川医師は答えを見つけたんじゃないか。
小仲が、死の間際に森川に託したメッセージの中に。

「患者は希望は病気が治る、ということだけじゃない。医者が見離さないでいてくれることが、励みになる。そしてそれが、死への勇気へつながる」と。

私自身もどっちが正しいのだろう、答えなんてあるんだろうか、って分からなかったけど、最後に答えを見つけた。

そうだ、患者は医者に病気を治してもらいたい、でもそれだけじゃないんだ、末期だからもう治療はしない、というのではなく、それでも懸命に医者が尽くしてくれる、そうすればたとえ病は治らなくても絶望はしないんだ、って。

二人の末期がん患者。治療はもうない、と言われ、小仲は自分でいろいろな病院を周るが、結局どこも治療法はなかった。ホスピスに入り、心の準備ができるまでは紆余曲折、波乱万丈だったけど、最期は心安らかに受け入れ旅立っていった。

もう一人の患者は、最後まで森川の話に耳を貸さず、薬に頼り、副作用と病気の進行に苦しみながらそれでも治療を懇願してやってきた。
どちらも治らないだろう、どちらの死が正しいのか、それもそれぞれだと思う。

でも互いに、自分の意思で決めた選択だから、小仲の、副作用で苦しもうがなんだろうが、治療をしているときは病と闘ってるんだ、という、やることはすべてやったという気持ちで、最期を迎えられるのではないのか。

正しい、とかそういうことじゃなく、心安らかか、闘いながらか、どちらの最期を選ぶのか、ってことなのかもしれない。

今まで考えもしなかった視点で、考えさせられた作品だった。


posted by じゃじゃまま at 12:24| 神奈川 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | その他 か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月19日

鏡の花 道尾秀介著。

《★★★★》

製鏡所の娘が願う亡き人との再会。少年が抱える切ない空想。姉弟の哀しみを知る月の兎。曼珠沙華が語る夫の過去。少女が見る奇妙なサソリの夢。老夫婦に届いた絵葉書の謎。ほんの小さな行為で、世界は変わってしまった。それでも―。六つの世界が呼応し合い、眩しく美しい光を放つ。まだ誰も見たことのない群像劇。
(「BOOK」データベースより)

「やさしい風の道」 ・・・ 嘘の物語を作るのが好きな少年。姉と二人で、昔家族が住んでいた家を訪ねる。もしかして自分は生まれてくる予定じゃなかったのではないか、その不安を確かめるために。
妻に先立たれた老人、瀬下が今は住んでいて、少年が母親のお腹にいた時に、姉であった赤ん坊が二階から転落死したことを、私たちは聞かされる。失ってしまった娘への想いは、残された弟を追い詰めてるのだろうか。

「きえない花の声」 ・・・ この章では、前の章で出てきた瀬下という老人が、川に落ちて死んでいて、残された妻と息子が、かつて家族で住んでいた海辺の町へやって来る。
妻は、ずっと夫の浮気を疑っていて、夫はあの女に会いに行った日に川に転落して死んだのでは、と思っていた。
何十年も経ったこの旅で、泊った旅館の仲居が、かつての夫の同僚の娘であることを知り、母親は、妻がずっと疑っていた夫の浮気相手だと知る。そして、浮気だと思っていたことの真相を知った時、なんとも残念な思いと温かな思いがあった。残念というのは、もちろん、生きていれば、っていうことだけど。

「たゆたう海の月」 ・・・ ここでは瀬下夫妻の息子、俊樹が死んでしまう。
夫妻は元気に暮らしているが、社会人になり、転勤してしまった息子から送られてきたハガキ。メールで返信を打つが息子からはない。そして俊樹が崖から転落死したとの連絡が入る。夫妻は、息子が最後に行った場所へ向かう。

「つめたい夏の針」 ・・・ 第一章では姉の翔子が死に、弟の章也が生きていたけど、ここでは章也が死に、姉が生きている。
章也は小学2年のときに交通事故で死んでしまう。それから翔子は高校生になり、生きていれば中学2年になる弟と同じである直弥と、夏のオリオンを見に、夏休み、内緒の旅をする。
翔子の心には、あの日、自分がもう少し違う行動をしていれば、章也は事故に遭わなかったかもしれない、とその後悔がずっとある。

「かけそき星の影」 ・・・ ここでは、直弥と真絵美の両親が死んでしまっている。蚊取り線香の火が洗濯物に移り、直弥の目の前で両親が燃えてしまった。
その原因をずっと自分のせいだと思っていた直弥と、姉の真絵美がずっと隠していた真実。

「鏡の花」 ・・・ 鏡作りと民宿をしている美代の家。美代には火傷があり、そのことを詫びながら死んでいった祖父がいる。本当はおじいちゃんのせいじゃないのに、それが言えなかった美代。
その民宿に、今までの主人公たちが全員生きて登場し、出会う。

当初は、読むたびに生きている人と死んでいる人が違って、その世界観に戸惑ったけど、道尾作品であること、そしてタイトルを考えた時、鏡に映ったもののように、向こう側には違う世界、物語があるのかもしれないと気付き、そうやって読むと、すんなりと受け入れることができた。

それでもやはり「鏡の花」が一番好きだ。自分のことを責めながら死んでしまったおじいちゃん。そんなおじいちゃんを想う孫の美代。
おじいちゃんに会うために、本当は信じてたわけじゃないけど、そんな自分でいたくて、章也の作った物語を信じたくて、夜抜け出す美代。
そんな美代を心配してみんなが探してくれた。火傷のある方も、ない方も、同じようになでてくれる母の手の温かさ。

何度も泣いてしまった。

左右対称の自分じゃない、本当の自分を見たくて「トゥルー・ミラー」が欲しくなった。


posted by じゃじゃまま at 10:24| 神奈川 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 道尾秀介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

札幌アンダーソング 小路幸也著。

《★☆》

北海道は札幌。雪の中、全裸で発見された変態的な遺体の謎を解くため、若手刑事の仲野久は、無駄に色男の先輩・根来とともに、「変態の専門家」を訪ねる。はたしてその専門家とは、とんでもない美貌の天才少年・春。なんと彼は、四世代前までの、先祖の記憶を持つという。その膨大な記憶から、あらゆる事実を見逃かすことができるのだ。その頭脳により、春は犯人の遺したメッセージを看破。しかも意外な方法で犯人を挑発し始め…!?変態事件に巻き込まれたフツウの主人公の運命は。そして札幌の歴史に秘められた意外すぎる謎とは…!?
(「BOOK」データベースより)

なんだろう?
全然入り込めなかった。レビューには、札幌を知っている人、お勧め!みたいなこと書いてあったので、旅行で4回しか言ったことはないけど、楽しみに読んだけど。

謎の変死体とか、秘密組織とか、先祖からの記憶を全部脳にしまいこんでいる天才青年とか、まったく興味を覚えなかった。
札幌住民なら、その都市伝説を知っていて実は楽しめたのかな。

肝心の対決とか全部複雑なところはさっさとうまいこと終わっていて、装丁も趣味じゃなくて・・・。

posted by じゃじゃまま at 09:42| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 小路幸也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月12日

森に眠る魚 角田光代著。

《★★★》

出会ってしまった5人の母親。出会う時期が違えば決して友達にならなかったかもしれない5人の母親が、母親であるがゆえに関係を絶てず、憎しみながらも嫌悪しながらも、見えない糸でがんじがらめになっていく。
その様がリアルで息苦しくなる物語。

東京の都心近くの、文教区。地域柄、進学先は公立、私立、国立と選択できる。お受験をする人を馬鹿にするもの、人知れず決意するもの、それぞれ。
あるジャーナリストの取材を受け、一人の母親がお受験も視野に入れてると発言したことから、疑心暗鬼になり、行動を疑ったり、幼児教室を見学に行ってみたり。
それぞれが様々な理由でお受験を決意するところが、リアル。

お金があり、我が子にはいい教育環境を、とお受験に至る親もいれば、相手の子育てに反感を持ち、あの子と、あの母親と関わりたくないからお受験をする者もいる。

すごく息苦しい物語だった。この物語を読めば、以前起こった「お受験殺人事件」を思い出すだろう。
あの事件では、被害者の母親が一時叩かれ、加害者が同情されるということもあった。
母親という存在に自分がなるまでは、そんな風に捉われたこともあったけれど、角田氏がどれだけ取材したかが分かる。

取材し、いろいろな母親と接し、闇の部分をよく理解したな、と本当に思った。

かつて悩み、苦しみ、もう忘れたはずのあの時代を思い出し、しばらく気分が悪かった。

小説に出てくる、かおり、瞳、容子が少しずつ自分にも当てはまり、息苦しかったけど、分かる分かる、ああ、私もこんな感じなのかな〜っていやな気分。
逆に千花や繭子は私の中にはまるでいないけど、それはそれでこんな人嫌だな〜とまたいやな気分。

容子と繭子が嫌い。

かつてのドラマの「名前をなくした女神たち」を思い出して、これが原案かと思ったくらい。
必ずセレブがいて、身分不相応の見栄っ張りがいて、嫉妬深いのがいて、翻弄される優柔不断がいる。

「ママ友は意識して作らない。いなくても、その場だけの挨拶で十分」と言ったのはかおりだったか。
苦手なタイプとは距離を置く瞳も分かるし、容子の相手の様子に敏感なのも分かる、でもそれは自分が苦しいぞ。

終盤、自分を苦しめる相手の子供を手に掛けようとしたのは、一体誰なのか。

距離を置ければ幸せだけど、それが分かっていてできない苦しみ。
そして、ラストの彼女たちの未来は、見合った結末が用意されていたと思う。決してハッピーエンドではない方向で。

容子と千花はまた小学校で一緒になり、互いを苦しめ合うのだろうか。
瞳はまた私学の中で、孤独を感じたり、場違いな感じで苦しむのだろうか。

かおりは、繭子は・・・。

息苦しく、不安にさせる秀作。



それぞれが誰かを嫌悪して、母親でなければこんなに苦しむこともなかったのに。
posted by じゃじゃまま at 17:02| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥田英朗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月04日

ゼツメツ少年 重松清著。

《★★》

小説家のもとに、少年から謎の手紙が届く。「僕たちはゼツメツしてしまいます」少年2人、少女1人、生き延びるための旅が始まる―僕たちをセンセイの書いた『物語』の中に隠してほしいのです。ゼツメツ少年からの手紙は届きつづける。でも、彼らはいま、どこにいるのか。「大事なのは想像力です」手紙は繰り返す。やがて、ゼツメツ少年は、不思議な人物と次々に出会う。エミさん。ツカちゃん。ナイフさん。このひとたちは、いったい、誰―?
(「BOOK」データベースより)

レビューでは最高に評価の高いこの小説。
ですが、私は最初の方で挫折してしまいました。
いじめに遭ってる少年少女が、最後は死んでいるって内容をどこかで見てしまって、それだけでもう辛くて読めなかった。
もちろん、いろんな方のレビューでは、救いはないけれど、なにかが残る、是非読んで欲しい、って感想が多かったけど、なんだろう、今の状況できっと耐えられないと思ってしまった。

子供たちがいじめに遭ってるわけではないけど、なんだかね、重松氏の描く小中学生のいじめの物語は、本当にぐさっと来るから、立ち直れないくらい暗い気持ちになった物語もかつてあったから、今、読めなかった。
きっと読んでしまったら、同じ年頃の子どもを持つ自分が、怖いって思ってしまいそうで。

子供が成長したら読もうかな。
「きみの友だち」は最高によかったけど。

posted by じゃじゃまま at 20:01| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 重松清 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Qrosの女 誉田哲也著。

《★★★》

「週刊キンダイ」芸能記者の矢口慶太は、CMで話題沸騰中の美女「Qrosの女」の正体を探るが、核心に迫る情報を得られない。ようやくCMで彼女と共演した俳優・藤井涼介のネタを仕入れたので、先輩記者の栗山にサポートしてもらい、藤井の自宅を張り込む。すると「Qrosの女」とおぼしき人物を発見!それは偶然?それとも仕組まれた罠?芸能記者、ブラック・ジャーナリスト、そしてヤクザも!?ネット情報に踊らされながら、思惑が交錯し、驚愕の真相へ。  (「BOOK」データベースより)

誉田氏の新境地!みたいに言われてたけど、え?誉田氏らしいというか、こういうのも書けるよね、って。
グロいのも多いけど、案外、誉田氏はそんな中にも軽さを入れたりするし、青春モノも書くので、新境地っていうほどでもないと思ったけど。

そして、私は誉田氏のグロいのも好きなので、そっか、今回は軽いのか、と。
分かった!本紹介の帯が過剰に煽りすぎて、内容とマッチしてないんだ。だからちょっと腹立たしい感じの後味だったんだな。

謎の美女、それを追う記者たち。まあまあ、楽しめたかな。
ちょっと違和感の設定だったのは、矢口という契約記者。彼が主役なのかと思ったら、そうでもないし。
そして、この彼。政治の記者から芸能記者になったって設定なんだけど。それ要らない。
政治担当だったわりに、頭悪そうだし、しかも、嫌々芸能記者になったから芸能界ちんぷんかんぷんって、多分そのキャラを出したくて書いたんだろうけど、矢口のキャラからいって、芸能記者になりたくてなんとか契約記者にありつきました〜ってノリの方が合ってるんだもん。

まあまあ、ってとこで。

posted by じゃじゃまま at 19:51| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 誉田哲也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

血の轍 相場英雄著。

《★★★★》

命を賭した、刑事部と公安部の壮絶な覇権争い。
刑事たちを突き動かすのは、正義か、威信か、それとも本能か。

東京都内の公園で絞殺体が見つかった。被害者は元刑事。警視庁捜査一課の兎沢が調べると、被害者は殺される直前、パソコンのメモリーカードを知人に送っていた。兎沢はカードを追うが、入手寸前に邪魔が入る。立ちはだかるのは、かつて所轄時代に数々の事件を解決しながら兎沢に捜査のイロハを叩き込んだ公安部の志水だった。殺された元刑事は警視庁全体を揺るがす、ある事件の真相を掴んでいたのだ。事件を詳らかにしたい刑事部と、闇に葬り去りたい公安部の熾烈な争いが勃発し、兎沢と志水の絆が引き裂かれていく――。ベストセラー&ドラマ化『震える牛』を遥かに凌ぐ、大傑作警察小説の誕生!  (内容紹介より)

最近公安のドラマや小説を読むことがなぜか多い。
こんなに嫌悪感があるってことは、ドラマでも小説でも公安に対して好印象の描き方じゃないからなんだよね。決して私のせいじゃない、と思う。
と、先に言い訳をしておいて、本当に公安ってやなところだよね〜〜。

公安対刑事部の闘いって、いろんな作家さんが書いていて読んだけど、結局、公安の方が間違ってる(ような書き方をされてるよね)。
元SITだっけ?元警察OBが二人も殺されて、原因はある事件を退職後も追っていて掴んだ事実をもみ消そうと狙われてしまったわけだけど、ここでも公安が暗躍する。
もう腹立つくらい。

っていうか、公安が大事にしたいのは国家の威信であって、だけどね、そもそもの大元が間違った人選ならば、そんなものを信じさせられ、守られたって、こっちは嬉しくもなんともない。
間違った威信を守るためにいろいろやらかしてくれたけど、やっぱりあの副総監はとっとと自滅して欲しいし、今更国家の威信ったって、みんな、またか、やっぱりな、くらいしか思わないっていうのに。

それならいっそ崩れてから再編して欲しいくらいだよ。
この小説の通りなら。これ読んで、いい印象持つ人いないよね〜、公安に。

あの公安の曽野、その曽野に騙されて瞬きをしなくなってしまった志村。公安の動きのせいで愛娘を失ってしまった兎沢。まったくもって腹が立つ。
最後の最後で、志村は曽野に騙されていたことが分かった時、え〜〜〜ってショックだった。
なんだよ、なんだよ!!って。

正直、元警察OBが殺された事件を追って、公安と刑事部のバチバチの火花は、いったい、公安ってなにがしたいんだか、一般人には理解のできない理屈で嫌になりそうだったけど、兎沢の愛娘の墓前での、ラストシーンは、本当に救われた。

もう勝手にやってくれよ、っていう身勝手な争いだったけど、本当にあのラストシーン、あの数行で私はこの小説が好きになり、★が四つになった。
五つにしなかったのは、一般人からすると、そういう幕引きはどうでしょうって納得いかないから。

posted by じゃじゃまま at 19:39| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。