2015年09月13日

闇に咲く〜おいち不思議がたり あさのあつこ著。

《★★★》

江戸の町で夜鷹殺しが起こった。
時を同じくして、おいちの父の診療所の元へ、松庵の噂を聞きつけて小間物問屋「いさご屋」の主人がやって来た。
自分の中に、幼くして死んだ双子の姉がいる、と。
二つの出来事がやがて一つに繋がって行く。

犯人はこっちに見せかけて本当はあっちじゃない?と思ったら、やっぱりこっちだった、っていう話だった。

叔母さんと松庵の掛け合いは面白いけど、ちょっと長いよね。
だけど、おうた、松庵、仙五朗親分、新吉、おいちの周りには本当にいい人ばかり。
早くおいちと新吉、進展して欲しいな〜。



posted by じゃじゃまま at 14:07| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あさのあつこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冷蔵庫を抱きしめて 荻原浩著。

《★★★★★》

あ、ダメ、ダメだってわかっているのに、どうして同じことを―。あなたの心、解放します。現代人のライトだけど軽くはない心の病気に、シニカルに真剣に迫る短編集。 (「BOOK」データベースより)

「ヒット・アンド・アウェイ」・・・ これ、大好き。DVの恋人に我慢しながら前夫との子供を守る幸乃。どうしていつもこういう男に掴まるんだろう。女の幸せは結婚して夫に養ってもらうと信じていた母親に反発していた幸乃だけど、磁石と同じで反発しあうのは元は同じということ。このフレーズ、今回荻原氏結構好きみたいで他の短編にも出てた。
そんな自分に、ママに、さようならするために幸乃はDV男と闘う。
これ、本当に好きだな〜。ボクシングジムの会長も、通ってるボクサー田辺君も、本当にいい。これからの幸乃の人生、本当に応援したくなった。

「冷蔵庫を抱きしめて」・・・ 結婚前は相性ばっちり、私たちって磁石みたいにぴったり、って思ってたけど、結婚したら小さなことがたくさん違うことに気付いた直子。そんな幻滅に気付きたくなくて、またもや悪い癖が出てしまった。拒食症。理想の夫婦が破たんする話かと思ったら、ほっこりと温かい物語だった。
拒食症を隠していたけど、夫にはばれていて、汚してしまったトイレを一緒に掃除してくれる夫。
「二人の最初の共同作業です」なんて、そんなしゃれたジョークを言う夫、なんて素敵なんだろう。
磁石はぴったりくっつくけど、それはお互いが似た者同士だからじゃない、SとN、違う者同士だからだ、なんて、これも素敵。

「アナザーフェイス」・・・ 自分と似たような男がウロウロしているらしい。たくさんの目撃情報。でも俺じゃない。だんだんとそのドッペルゲンガーが近づいてくる。
なんか「世にも奇妙な物語」の一編のような話だった。

「顔も見たくないのに」・・・ 顔だけが取り柄だった元恋人。熱が冷めればその馬鹿っぷりや浮気ぐせに愛想も尽きる。
なのに別れた途端、あいつがテレビに出るようになった。顔も見たくないのに。どうなるのかな〜と思ったら、ちやほやされた時期が過ぎ、テレビから干されてしまったあいつがまた麻衣の元へ戻って来た。
当然突き放すものと思ってたのに・・・なんだかどうなっちゃうんだろう?

「マスク」・・・ マスク依存症になってしまった男。人に見られない、という快感を得てしまった男が異常なまでにマスクに依存し始める。ちょっとやりすぎな男。この人、着ぐるみに居場所を見つけたのかな。

「カメレオンの地色」・・・ いつも相手の好み色に染まってきた梨代。今の恋人候補のために部屋を片付けていたら出るわ出るわ、過去の男たちに染まっていた証拠が。そして誰の色にも染まっていない、本当の梨代を好きになってくれた中学時代のボーイフレンドを思い出す。昔の自分を思い返し、梨代は恋人候補の男と会うことがくだらなくなり、役者を目指しているはずの、中学時代のボーイフレンド、中村遼介に会いたくなって検索してみる。物語はここで終わってしまうんだけど、心から遼介、出てこい!!!って願った。
二人の中学時代のエピソードが切なくも微笑ましかったから、私も、梨代にはあの頃の梨代でいて欲しくて、二人に再会して欲しいと思った。

「それは言わない約束でしょう」・・・ 心に思ったことが無意識に口から出てしまう礼一。自分では言ってるつもりないのに、それが相手に聞こえてしまえば・・・しかも接客業だから非常にまずい。
でも分かるな〜。これ、つい出ちゃうってことあるんだけど、だけど、絶対まずい。デパート辞めて家の八百屋継ごうかなと思った矢先、父親が店を畳んでしまった。礼一は父親の接客を見習って、愛情のある悪口で接客するようになる。デパートでそれはどうよ、とは思うけど、案外客は喜んでるらしい。

「エンドロールは最後まで」・・・ 結婚できないのではなく、しない女になると決意した千帆。その途端映画館で出会いがあった。
結婚詐欺ってオチかな〜と思わせて。
医師だと思ってたら救急救命士。二人が出会ったシチュエーションも実は映画のワンシーン。挙句にアフリカに行くためにお金が足りない、って言い出す始末。
一体彼は何者?だけど千帆は彼についてアフリカに行く決意をした。多分、大丈夫。彼は本物。そう希望を繋げられる空気だった。

8編のうち、大好きだったのは約半分だけど、それでもその半分がとっても素敵だったから高評価。

posted by じゃじゃまま at 13:26| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 荻原浩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月07日

歌舞伎町ダムド 誉田哲也著。

《★★★》

「ジウ」と「歌舞伎町セブン」が合体した!
なるほど、そう繋がったのか。
私は「ジウ」は駄目だったんだ。最初はよかったんだけど、シリーズ進むにつれて、まったく世界観についていけなくなって、理解不能になってしまった。
ただ今作で「ジウ」を振り返ると、前ほどの拒絶反応はなかった。

「新世界秩序」の残党のミヤジたちが東の抹殺を命じた。
その東を守るため「歌舞伎町セブン」が動き出した。そこにはジウの生まれ変わりを信じるダムドという殺し屋もいて、歌舞伎町がまた荒れる。

「ジウ」よりも読みやすかった。
手口は相変わらず誉田氏、遠慮ないけどね。

これから「新世界秩序」VS「歌舞伎町セブン」の闘いが始まるんだね。
ほ〜。


posted by じゃじゃまま at 16:35| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 誉田哲也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダブル・フォールト 真保裕一著。

《★★★》

ある意味で予想を裏切られた。
イソ弁である本條務はボスである高階からある殺人事件の弁護を任される。
町工場のヒーロー的存在である事務所は、街金融経営の成瀬を殺害してしまった町工場経営者の戸三田を救うべく、被害者である成瀬の周辺調査を本條に任せる。
ところが、本條は戸三田との接見で疑いを持ち、彼の供述を信じられないまま弁護をスタートさせる。

もちろん読者である私は戸三田を実際に見てないし、真保氏の書く本條視線での情報しか得られないので、正直、本條がどこでどう疑いを持ったのか、共感できないままだった。
被害者の娘である成瀬香菜が父親の過去を探る本條に対して敵意を剥き出しにして妨害をしかけてきても、それに翻弄される本條にイライラさせられ、挙句、香菜に手を貸すに至っては、もう呆れて、この物語は、本條の成長物語なのか・・・サスペンスではないのか、とがっかりしてしまった。

結局、殺された成瀬は悪人に見えてさほど悪人でもなく、加害者の戸三田が普通に悪人、被害者の娘に恋をした本條の弁護士成長物語なのか、と。
事件そのものも別に裏もなく・・・。

と思っていたら、そう裏切られたわけだ。

やっぱり真保氏の作品だった!思わずラストは泣いてしまった。

確かにね、戸三田の弁護から外された本條が、ボスの過去や事件の裏を暴きだして、そこまでの経緯は社会人としてどうかと思ったけど、真実は悲しいものだった。
本当は隠したい真実だったのだろうけど、だけど本條の行動は最終的には正しく、救うべきでない者はそれなりに救われず、救うべき人間は救われたのでは、と思った。

あのままでは上っ面の事件経緯では戸三田の家族は救われないでしょ。加害者なんだけど、でもそこには事情があって、成瀬は被害者なんだけど、悪いことしたわけだから。
もちろん香菜たち身内にとっては、それは聞きたくない知りたくない父親の素行だけど、だからといって殺されていい理由にもならないだろうけど、物語的にはうまくまとまったなと思った。

なんだ、ただの成長物語じゃなかった。ちゃんと裏があった。
そして泣けた。

あの不良娘の香菜のキャラが、冒頭と最後では別人のようだったけど、そこだけがうまくいきすぎてるような気もしたけどね。



posted by じゃじゃまま at 16:28| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 真保裕一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。