2008年07月21日

愛しの座敷わらし 荻原浩著。

≪★★★≫

夫、晃一の転勤に伴い、家族+夫の母と一緒に東北?に越してきた一家。
そして晃一が新しく選んだ家は、街中とは離れ、お隣さんが見えないくらい、買い物も往復で50分かかる、築103年で、広いっていえば広いけど、民芸館風の古めかしい家だった。
そして、ととととと、と軽い足音とその主もついて・・・。

主の正体がやっとおでましか〜になるまで、長く感じてしまった。
出てきては消え、なかなか家族に認められなくて、焦れったかった。

長女の梓美も、元の学校では八分にされてて、嫌がらせのメールは、こっちが腹が立ってくるね。そんな寂しい梓美だけど、新しい家で、座敷わらしに出会ってから、友だちができて、これから楽しい中学生活が始まる。
晃一も、仕事や上司の付き合いで家族を大事にしなかったけど、座敷わらしのおかげで家にいる時間が多くなってきたし、おばあちゃんの鬱も、座敷わらしを遠い昔別れた兄弟と思い込み、元気が出てきた。

体が弱いって言われてた弟・智也もかっちゃんに出会い、田舎の付き合いを面倒くさがってた妻の史子も、家族がみ〜んな座敷わらしのおかげで変わっていった。

ところがまたもや晃一の転勤。梓美なんてやっと乗り越えて、これからって時だったのに。なんだったんだい、この数ヶ月は・・・。
しかも座敷わらしとも・・・。

ラストの「六名様ですね」は、ここまで来るのにちょっと前半長すぎた気もするけど、このラストの一言が、すっごい効いた。
何度も心の中で復唱しては、にんまりしてしまった。
posted by じゃじゃまま at 16:57| 🌁| Comment(12) | TrackBack(9) | 荻原浩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
え!?もう転勤?
ってやはり思っちゃいましたけれど
もうこの家族はどこへいっても大丈夫な気がしますよね。
連れて(着いて?)きちゃったほか一名も含めて
逞しく生きていけそうなラストがよかったです。
Posted by ふらっと at 2008年07月21日 20:19
ばらばらだったのに、絆を取り戻した家族がよかったです。
いきなりの転勤にも、ついてきたラストに笑みが漏れました。
温かい気持ちになれる作品でした。

Posted by 藍色 at 2008年07月22日 03:12
確かになかなか家族に認められなかった座敷わらし。ヤキモキしましたね。
夫婦仲までよくしちゃう座敷わらし(笑)
かわいかったですね。
Posted by なな at 2008年07月22日 08:43
最後のオチは、なかなか荻原さんらしさが漂っててよかったですよね。
確かに、中盤は何だかじれったいような気がしましたが(笑)
Posted by ゆう at 2008年07月23日 20:52
じゃじゃままさんこんばんは。家族がまた一つになって、めでたしめでたしで終わるかと思ったらの続きにはちょっと驚きました。
でも座敷わらしちゃんはいきなり都会に行って大丈夫かちょっと心配です。見るものすべてで口が ◇ だろうに。
Posted by たまねぎ at 2008年07月26日 23:10
ふらっとさんへ
せっかく慣れてきてこれから楽しくここで過ごせそうだったのに、残念ですよね、転勤。
でも彼女(彼?)も一緒だから幸せは続きますよね。

藍色さんへ
やっぱりラストのついて来ちゃったのが、も〜〜、ほんわか温かいものがこみ上げてきて、嬉しくなりましたね。
あの一言で、それまでの待ちくたびれてた感が吹っ飛びました。

ななさんへ
ついつい可愛いから許しちゃいますが、鏡覗いて映ってたらやっぱり私発狂しそうです。(笑)

ゆうさんへ
あのオチは、それまでのまだかよ状態をすっかり許しちゃうくらい幸せになりました。今思い出しても、あのオチ効いてます。

たまねぎさんへ
続編では、座敷わらしちゃんが都会で右往左往するストーリーも面白そうですね。
今度こそ座敷わらしちゃんが中心のお話になりそうで、出ないかな〜。
Posted by じゃじゃまま at 2008年07月27日 22:29
田舎暮らしで家族が再生する話なら、ありそうな気がしますが、座敷わらしの存在がいいスパイスになっていたと思います。
ラストの一言が絶妙でしたね。
Posted by at 2008年08月20日 22:44
花さんへ
ラストの一言で、ちょっと長すぎた序章?もぜ〜んぶチャラになっちゃいましたね。
せっかく馴染んできた土地から、また東京に戻るのは勿体ない気もしますが。
もう一人追加だから、大丈夫ですね。
Posted by じゃじゃまま at 2008年08月22日 22:37
あたたかい気分にさせていただきました。

まさに「にんまり」できる本ですね (^^ゞ
Posted by じゅずじ at 2008年08月24日 16:24
じゅずじさんへ
座敷わらしの存在と家族の再生物語を上手に絡めてましたね。でも、ちょっと座敷わらしの出番というか、物足りなかったですね〜。もっとてんやわんやの騒動記かと思ってたので・・・。
ラストの一言で帳消しですが。(^^)
Posted by じゃじゃまま at 2008年08月27日 14:52
こんばんは。
座敷わらしがかわいかったですね。

家族全員の視線で書かれていたのがとてもよかったです。本当読後感のよい作品でした。
Posted by masako at 2008年09月18日 23:57
masakoさんへ
ふと気付くと、家族全員が見事に再生してましたね〜。せっかく慣れてきたのにまた転校は残念ですけど、家族も一人増えたことだし、どこへ行っても大丈夫ですよね。
Posted by じゃじゃまま at 2008年09月23日 23:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

愛しの座敷わらし*荻原浩
Excerpt: 愛しの座敷わらし(2008/04/04)荻原 浩商品詳細を見る 生まれてすぐに家族になるわけじゃない。一緒にいるから、家族になるのだ。東京から田舎に...
Weblog: +++ こんな一冊 +++
Tracked: 2008-07-21 20:22

愛しの座敷わらし 荻原浩
Excerpt: 装画は浅賀行雄。装丁は鈴木成一デザイン室。初出「朝日新聞」。 転勤で田舎に引っ越した高橋一家。住むのは古い民家。出世を断たれた夫・...
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2008-07-22 03:12

「愛しの座敷わらし」荻原浩
Excerpt: 愛しの座敷わらし 荻原 浩 JUGEMテーマ:読書 東京から田舎に引っ越した高橋一家。住むのは古い民家。それぞれに問題を抱えた家族が座敷わらしとの出会いを機に家族の絆を取り戻してゆく、さ..
Weblog: ナナメモ
Tracked: 2008-07-22 08:44

愛しの座敷わらし 荻原浩
Excerpt: 父親の転勤のため、田舎暮らしを余儀なくされた一家5人。そこで出会った“座敷わらし”をきっかけに、忘れかけていた家族の絆を思い出していく長編。 それぞれに苦悩を抱えた一家5人が、ギスギスした都会を離れ..
Weblog: かみさまの贈りもの〜読書日記〜
Tracked: 2008-07-23 20:53

愛しの座敷わらし  荻原浩
Excerpt: お次は直木賞から荻原浩さんの『愛しの座敷わらし』です。 中学校での友人関係に悩む反抗期の長女・梓美。 数年前まで患っていた小児喘息のせいで何かと心配性な母親に対し、少々辟易している次男の智..
Weblog: 今更なんですがの本の話
Tracked: 2008-07-26 21:54

【愛しの座敷わらし】 荻原浩 著
Excerpt: いつのまにか、家族と距離があいてしまった、パパ。 なんとなく、内にこもりがちな、ママ。 同級生にシカトされ始めた、娘。 喘息持ちの、息子。 ボケが始まった、姑。 東京にいた一家が、いきな..
Weblog: じゅずじの旦那
Tracked: 2008-08-24 16:37

「愛しの座敷わらし」あるかないかわからないものは、あるのかな...
Excerpt: 「愛しの座敷わらし」★★★☆ 荻原浩著、435ページ、1.890円 この本を読もうと思ったのは 本の雑誌「ダヴィンチ」でその月イチオシの プレミア本に推薦されていたからだ、 でな..
Weblog: soramove
Tracked: 2008-09-07 09:59

荻原浩 『愛しの座敷わらし』
Excerpt: 愛しの座敷わらし/荻原 浩 ¥1,890 Amazon.co.jp 生まれてすぐに家族になるわけじゃない。一緒にいるから、家族になるのだ。東京から田舎に引っ越した一家が、座敷わ..
Weblog: 映画な日々。読書な日々。
Tracked: 2008-09-18 23:47

愛しの座敷わらし<萩原浩>−(本:2009年22冊目)−
Excerpt: 愛しの座敷わらしクチコミを見る # 出版社: 朝日新聞出版 (2008/4/4) # ISBN-10: 4022504242 評価:88点 著者の本は初めて読んだ。 家族がテーマ..
Weblog: デコ親父はいつも減量中
Tracked: 2009-02-11 11:59
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。