2008年10月20日

カイシャデイズ 山本幸久著。

≪★★★★☆≫
いや〜、久しぶりに大満足の山本氏の作品読んだ。
この幸福感は「幸福ロケット」以来かも。星五つでもよかったんだけど、さすがに五つってのは、私の中ではお買い上げ、家の本棚に永久保存版なので、う〜ん、すごく充実感のある作品だったけど、何度も読み返すかは不明ってとこで四つ半。

ココスペースという最初は二人しかいなかった会社が、20人になりそして今では50人には満たないけど、立派になった内装会社が舞台。
高柳、隈元、篠崎、この3人は営業、設計、施工管理で名トリオ。
他に、高柳の部下で橋本や石渡、隈元の天敵上司の水木、高柳に勝手にライバル心を持っている江沢、社内の女神小田、お局の大屋、なんだかすっとぼけた社長。
これら面々を無理なく覚えられてしまう。
実際、こんな会社があったら温かくて、面白くて、やる気出そう。

山本氏のクセか、出だしと中身のキャラの印象が違うんだよね。
高柳も、最初は仕事のできないぼんくらを想像したんだけど、なかなかどうして、部下の信頼も篤く、頼りがいのある営業マンなんだよ。社長も、茶目っ気たっぷりで笑った笑った。
てか、全体的にみ〜んな茶目っ気たっぷりで、笑ったよ〜。

山本氏は、飲食系よりもむしろデザインや内装とか、美術モノの会社の方がなんか温かみあって、得意分野だと思う。あくまでも私は、ね。
それにしても、ミスドのドーナツが食べたくなるよ、絶対!!




posted by じゃじゃまま at 11:10| ☁| Comment(10) | TrackBack(5) | 山本幸久 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
私も、久しぶりに満足させられた作品でした♪
それにしても、ミスドとタイアップした作品だったのでしょうか?(爆)うまそうでしたよねぇ・・
Posted by ゆう at 2008年10月20日 23:48
ゆうさんへ
それかよっぽど山本さんがミスドのファンとか!?
ミスドの文字が出てくるたびに、ああ、食べたい!って思ってました。
それぞれのキャラが愛嬌あって、いいですよね〜。
微笑ましいし、読後のほんわか感がバッチグーです。(笑)
Posted by じゃじゃまま at 2008年10月22日 22:35
ユーモアいっぱいで、気持ちよく読めました。
生き生きと働ける環境って、いいですよね。
ミスドのドーナツが、どれもこれもおいしそうで目移りしちゃいました。
Posted by 藍色 at 2008年10月23日 00:59
こんばんは。
ミスドを食べたことがありません。
おいらは生きた化石か^^;
単純にドーナツが苦手なだけですけど。

出てくる人、すべてがかわいく思えました。
エザッちもね(笑)
Posted by しんちゃん at 2008年10月23日 19:14
こんばんは。
最後の社長まで茶目っ気たっぷりでしたね。
ミスド、タイアップなのかしら。
息子達にせがまれて明日はミスドでチョコレートドーナツを飼うことになってるのですが(100円らしいので)
私の分も買っちゃおうかな〜
Posted by なな at 2008年10月23日 19:20
藍色さんへ
ユーモアに溢れてましたね。
読んでると、笑いがこぼれてしまう、そんな幸福感に浸れる作品でした。嫌な部分ではなくて、ふっと笑みがこぼれるようなキャラの書き方がとっても素敵です。

しんちゃんへ
ミスド、ないんですね〜。若い頃はドーナツなんていちいち食べなかったんですけど、最近は近所にあるのも一因だし、100円セールやってるので、そういうときに子どものおやつとか朝食としてつい買っちゃうんですよね。
なんて、ミスドがよく出てくる小説でしたね。(笑)

えざっちも悪い奴じゃないんですよね。

ななさんへ
おお〜!うちもチョコレートドーナツ好きですよ!
ミスドっていうとフレンチクルーラーがすぐに出てくるんですけど、我が家ではチョコレートかオールドファッションですね。あと小さいのが6個入ってるやつ。(笑)
社長があんなにお茶目だとは、最後の章まで気付きませんでしたね。(笑)
Posted by じゃじゃまま at 2008年10月24日 09:38
ご無沙汰しています。
ちゃんと生きてます。
でもブログを更新する気にはなれず、
皆様のところへおじゃましては
コメント復活していこうかなと。
また遠ざかるかもしれませんが。

とにかく仕事中心の生活で、自分の
休みはこどもの行事で休みを取っている
ため本もろくに読めず。

今は東野圭吾氏の『悪意』を読んでいます。

この本もおもしろそうですね。
山本さんの新刊が出ていたとは全く知りません
でした。
Posted by とも at 2008年11月22日 11:15
ともさん、お久しぶりです!
仕事もして、育児して、家事その他諸々してたら本当に時間足りないですよね。私も疲れてしまって寝るの早い早い。(笑)
お子さんと過ごす時間って絶対に大事ですよね!ゆっくりでいいし、ともさんのところも更新はされてなくともチェックはしてますよ〜。いつでも来てくださいね。

この本はにんまりしてしまって、決して嫌な気分にはなりません、和みますよ〜。
Posted by じゃじゃまま at 2008年11月22日 21:39
おっしゃるとおり、
出だしは頼りなげで、もっといい加減な感じだった高柳さん。
だんだんかっこよくなってきましたよね。
意図的なのかクセなのか・・・???
心の底からほどけるような、いい気分の読書タイムでした。
Posted by ふらっと at 2008年11月24日 20:12
ふらっとさんへ
山本さんって「渋谷に里帰り」の時も感じたんですけど、最初の出だしキャラと中身変わってることありますよね。
クセなのかもしれないですね。
でも、この物語は好きです。ほのぼのしてて幸せな気持ちになりますよね。
Posted by じゃじゃまま at 2008年11月28日 23:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

カイシャデイズ 山本幸久
Excerpt: 内装会社・ココスペースに勤務する社員たちの仕事に明け暮れる日々を熱く鮮やかに描く連作八編。 登場する社長・社員共々とても個性豊かで、営業や設計に奮戦する熱い姿がいきいきと描かれていた。 編ごとに主..
Weblog: かみさまの贈りもの〜読書日記〜
Tracked: 2008-10-20 23:53

カイシャデイズ 山本幸久
Excerpt: カイシャデイズ(2008/07)山本 幸久商品詳細を見る 装画は寺田順三。装丁は野中深雪。別冊文藝春秋掲載を改稿。 内装会社ココスペースに勤める人...
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2008-10-23 00:49

「カイシャデイズ」山本幸久
Excerpt: カイシャデイズ(2008/07)山本 幸久商品詳細を見る けっこう熱血な営業チーフ、古臭い二枚目顔の施工管理部、掟やぶりのヒラメキ型デザイナー。...
Weblog: しんちゃんの買い物帳
Tracked: 2008-10-23 19:13

「カイシャデイズ」山本幸久
Excerpt: カイシャデイズ 山本 幸久 JUGEMテーマ:読書 内装会社ココ・ファームを舞台に、平社員から社長まで、それぞれの日々の出来事を綴った連作短篇集。 山本さんらしい物語。登場人物が生..
Weblog: ナナメモ
Tracked: 2008-10-23 19:21

カイシャデイズ*山本幸久
Excerpt: カイシャデイズ(2008/07)山本 幸久商品詳細を見る 「女神の呼び名」 「魔のトライアングル」 「夢破れて」 「いつもおひとり様」 「バーム...
Weblog: +++ こんな一冊 +++
Tracked: 2008-11-24 20:13
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。