2008年12月31日

トワイライト 重松清著。

≪★★★≫
通っていた小学校が廃校になることを知り、タイムカプセルを約束よりも早く取り出すという記事が載った。
集まった元6年3組の同級生たち。
リストラに怯える元秀才ののび太こと克也。もてはやされた時代は終わり、淡々と授業をこなす元優等生の予備校講師のケチャ。クラスの人気者同士のカップルだが、仮面夫婦で夫の暴力に怯えるしずかちゃんの真理子と、ガキ大将のクセが抜け切れないつまらない意地っ張りの男になってしまったジャイアン、徹夫。
子どもだった彼らは、いつしか立派な、苦しむ大人になっていた。

夏、見えない糸で手繰り寄せられ再会した彼らは、ぶつかり合いながらも、壊れ、また再生していく。

元担任の事件は、余計だった気もするけど、特にあの手紙。40歳の女性が、12〜3歳の子ども達に書く?いくら読むのは40歳の時だとしても、いや〜、不倫なんて事情はどんなにいい訳したところで、きれいなもんじゃないけど。

たった数日間の出来事なんだけど、同世代として息苦しかったけど、立ち上がった彼らに救われた。そう、まだまだ立ち上がることはできるんだ!
先生のお墓が手入れされていたのも、ふっと気持ちが軽くなった。

元6年3組ののび太やジャイアン、しずかちゃん。テレビでは映らないけど、しずかちゃんには親友がいて、それがケチャだよ、ってああ、そうだな〜って、妙に納得したんだよ、これが。




posted by じゃじゃまま at 23:09| ☀| Comment(3) | TrackBack(1) | 重松清 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。
しずかちゃんとジャイアンが夫婦?ってだけでなんだかちょっと気になっちゃいます。ふと大人グリコを思い出したりも。
でも、のび太みたいな子。ジャイアンみたいな子。思い返すと必ず一人はいるんですよね。
Posted by たまねぎ at 2009年01月01日 21:43
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
この作品は、読んだ当時、私にしては珍しくしっくりこなかった作品です。
40歳ってタイムカプセルで盛り上がる年齢なのかな?なんてその当時は思って、どうにもいけませんでした。
今、読めばまた違った感想が沸いてくるのかもしれませんね(笑)
Posted by ゆう at 2009年01月02日 22:23
たまねぎさんへ
明けましておめでとうございます〜。本年もよろしくお願いします!
ドラえもんに出てくるキャラって、平均的な子たちなのかもしれないですね、だから必ずそこかしこにいる。
しずかちゃんなんて絶対にいますよね〜、クラスにぜ〜ったい!(笑)

ゆうさんへ
明けましておめでとうございます〜。本年もよろしくですね!
重松作品って、たまに生々しいというか、できれば触れて欲しくない大人の傷を書いちゃってくれますよね。
「ナイフ」に続いて(他にもあった気がしますけど)あまり好きじゃない作品です。
Posted by じゃじゃまま at 2009年01月02日 23:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

トワイライト 重松清
Excerpt: 小学六年の時に埋めたタイムカプセル。 それを39歳になった今、同級生達は集まりカプセルを開けようと集まる。 カプセルを埋めよう、40歳になって開けよう、と約束を交わした担任の先生は不倫相手に絞殺さ..
Weblog: かみさまの贈りもの〜読書日記〜
Tracked: 2009-01-02 22:24
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。