2009年01月22日

きのうの世界 恩田陸著。

≪★★★≫
ある橋で男性の遺体が発見された。その男は、一年前に失踪した男だった。名前を変え、その町に住み、住民と接触しながらなにかを探しているように見えた男の目的とは?
町に古くからある塔の存在は?
男と接触した住民たちの視点、彼の痕跡を追う人物の視点、さまざまな視点から、男=市川吾郎=色川像と町の関わりが浮かび上がっていく。

町になにかありそうだな、と早く真相が知りたくて引き込まれた。
そのくせ、先に進むのが怖い気持ちもあり、ペースが出るまでに10日近く費やしてしまった。
まさか、これって住民の意識調査を目的としたなにかの実験じゃないよね〜、とか、盛り上がっていた気持ちが萎えてしまうようなオチだったり、ついていけない恩田ワールド全開だったら、という怖さ。

本当は塔や町、関わってきた一族の物語、もっとあってもいいと思うんだけど、不思議な感覚のままなのが、恩田氏か。

最後に男の視点で終わり、今まで読んできた物語が、ここから始まるんだな〜って思ったその感触、意外と好き。
あの弟はいらなかった気もするけど。





posted by じゃじゃまま at 10:50| ☔| Comment(13) | TrackBack(9) | 恩田陸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
この後どうなるのかが気になるところです。
とにかく、不穏な空気というのか
この先どうなるの?って気になる物語でした。
Posted by なn at 2009年01月22日 21:09
こんばんは。
どこか不安で不思議な物語の印象です。
突然失踪した市川吾郎
死の真相が最後にわかって、スッキリでした。
Posted by 藍色 at 2009年01月23日 03:23
こんばんは。
予想してはいたのですが、やっぱり呆然とさせられました(笑)
死の真相・・うーん、あまりにも雑な感じがしたのは私だけでしょうか?
Posted by ゆう at 2009年01月24日 20:37
なんですか〜これ!?
すっごく気になりますね。
スッキリ出来そうでとりあえず
良かった。
今「ユージニア」読んでます。
Posted by とも at 2009年01月25日 16:37
ななさんへ
恩田作品は、最後まで油断できないですからね。(笑)
不穏といえば、あの一族のおばさん?でしたっけ?市川吾郎に管理小屋を貸していた。
あの人実は不穏ですよね〜。(苦笑)なんかもっとありそうで、またしても恩田さんにやられたって感じです。

藍色さんへ
市川吾郎の死の真相が、もっともっと悲しくて辛いものじゃなくてよかったです。これが他の作家さんなら、拍子抜けの真相ですが。(爆)

ゆうさんへ
私は、まさか最後の最後に、実はこれ町民意識調査でした、市川吾郎のことをどれだけの人が意識してたか?なんていうラストだったらどうしようかと、本気でヒヤヒヤしてました。(苦笑)
それに比べたら、まだよかったですよ〜。(爆)

ともさんへ
これ、恩田さんの集大成らしいです。
私も一年前に失踪した男性がその一年後に見知らぬ町で殺された、っていう内容にすっごい惹かれて楽しみにしてた作品だったんです。
想像してたよりは分かりやすい(想像してたよりは、ですよ)作品でした。(微笑)
Posted by じゃじゃまま at 2009年01月26日 23:22
いっそのこと、

>町民意識調査でした。

の方がよかったかもです(爆)
Posted by ゆう at 2009年02月02日 21:14
ゆうさんへ
町民意識調査だったら、それはそれで騙された感でがっくりきそうですが。(爆)
似たようなのありましたよね?デパートかなにかでの人々の行動か記憶の調査みたいな。

恩田作品は、どっちになってもラスト、え!?って思うことありそうです。(私は、ですが)
Posted by じゃじゃまま at 2009年02月05日 11:11
なるほど意識調査ってのもアリですね。私は最後のギリギリまでUFOの登場を期待してしまいました。
Posted by たまねぎ at 2009年02月22日 00:14
たまねぎさんへ
UFOはさすがに思いつかなかったです。(笑)
いろんな意味でラスト、どう説明するんだろうとドキドキでしたよ。
Posted by じゃじゃまま at 2009年02月23日 23:12
>本当は塔や町、関わってきた一族の物語、もっとあってもいいと思うんだけど

それだけで別の物語ができそうですね。
面白い物語になりそうです。

>最後に男の視点で終わり、今まで読んできた物語が、ここから始まるんだな〜って思ったその感触、意外と好き
わたしも、こういう構成好きです。

>あの弟はいらなかった気もするけど
同感です。
Posted by ふらっと at 2009年03月09日 13:22
ふらっとさんへ
終わり方が、ふと気付いてしまうと、すごく不思議というか奇妙というか。その感覚がこれまたよかったですよね。
でも、あの弟はいったいなんだったのか。読者を混乱させるためだけの存在?
Posted by じゃじゃまま at 2009年03月19日 23:36
こんばんは。
恩田初心者なのでミステリだとずっと思っていました。
だからあのラストには、なんでやねん、と。
あなたの結末にもすっきりしなかったです^^;
Posted by しんちゃん at 2009年03月29日 19:23
しんちゃんへ
多分これもミステリですよね。
恩田さんって肩透かしくらっちゃうことも多いくせに、どうして読んでしまうんでしょう。
Posted by じゃじゃまま at 2009年04月03日 22:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「きのうの世界」恩田陸
Excerpt: きのうの世界 恩田 陸 JUGEMテーマ:読書 塔と水路がある町のはずれ、丘にかかる木の橋「水無月橋」で見つかった死体。1年前に失踪したはずの男は、なぜここで殺されたのか? 分厚い..
Weblog: ナナメモ
Tracked: 2009-01-22 21:09

きのうの世界 恩田陸
Excerpt: 装幀は岩瀬聡。写真は鈴木理策。新聞連載を加筆修正。 三本の塔と水路がある町の外れ、水無月橋で発見された男の死体は市川吾郎でした。 ひ...
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2009-01-23 03:24

きのうの世界 恩田陸
Excerpt: 一年前に失踪した男が、町外れの橋で死体となって発見された。バス停に捨てられた謎の地図の意味するものは・・・?謎が謎を呼ぶ驚愕に満ちた長編。 突然謎の失踪を遂げた男の死体、赤い印の付いた地図、謎に満ち..
Weblog: かみさまの贈りもの〜読書日記〜
Tracked: 2009-01-24 20:38

恩田陸 『きのうの世界』
Excerpt: きのうの世界/恩田 陸 ¥1,785 Amazon.co.jp 失踪した男は遠く離れた場所で殺されていた 塔と水路の町にある「水無月橋」。霜の降りるような寒い朝、殺人事件が起こる..
Weblog: 映画な日々。読書な日々。
Tracked: 2009-02-01 17:17

【きのうの世界】 恩田陸
Excerpt: 三つの塔と水路のある静かなM町のはずれに、水無月橋はある。そこで一人の男が死んでいた。 あなたは水無月橋を見て考える。この風流な名...
Weblog: ぱんどらの本箱
Tracked: 2009-02-05 12:24

きのうの世界  恩田陸
Excerpt: ようこそ 塔と水路の町へ。 昭和初期の面影を残す建物が立ち並び、最近では観光地として見直されはじめたM町を訪れたあなたは、まずその言葉で迎えられるだろう。 その言葉の通り、駅前から続く道を進む..
Weblog: 今更なんですがの本の話
Tracked: 2009-02-21 23:26

本「きのうの世界」
Excerpt: きのうの世界 恩田陸  講談社 2008年9月 きのうの世界/恩田 陸 ¥1,785..
Weblog: <花>の本と映画の感想
Tracked: 2009-03-01 23:00

きのうの世界*恩田陸
Excerpt: きのうの世界(2008/09/04)恩田 陸商品詳細を見る 失踪した男は遠く離れた場所で殺されていた 塔と水路の町にある「水無月橋」。霜の降りるような...
Weblog: +++ こんな一冊 +++
Tracked: 2009-03-09 13:23

「きのうの世界」恩田陸
Excerpt: きのうの世界(2008/09/04)恩田 陸商品詳細を見る 人気作家ではあるが恩田陸さんは苦手だ。それなのに、書店でサイン本を見つけてしまい、これは??...
Weblog: しんちゃんの買い物帳
Tracked: 2009-03-29 19:22
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。