2009年02月05日

草祭 恒川光太郎著。

≪★★★≫
彼らの住む「美奥」には、はっきりとは目に見えぬ境界線があり、そこにはもう一つの「美奥」がある。
いつもと同じ道、知っている道を歩いているつもりが、いつの間にか見知らぬ水路に迷い込み、進んでいくと、そこには・・・。
「美奥」で暮らす人々の物語。どこかで誰かに繋がっていて、思い出すのに苦労したり、すぐにピンときたり・・・。

でも、いつもの恒川ワールドよりは、ちょっと弱くて、好きなものと、ちょっと分からなかったのがある。

「けものはら」 中学三年の夏、春がいなくなった。心当たりは?と聞かれ、もしやと思う。小学生の頃、迷い込んでしまったもう一つの美奥「けものはら」
これはもう、恒川ワールドでしたね!不思議で、神秘的で、日本的で、懐かしい。霧が晴れたときに、自分の知らないもう一つの町に迷い込んでるんじゃないか、と想像してしまう。

「屋根猩猩」 幼い頃、「町を守る獅子舞になりたい」と言った美和に、「じゃあ、予約を入れといてあげるよ」と見知らぬ男の子は言った。おばあちゃんは「変なものと話すんじゃないよ」と言い、美和の手をぎゅっと握る。
美奥の尾根崎地区には屋根に守り神として猩猩をつける、屋根猩猩というものがある。そして一人の少年と出会う。

「くさのゆめがたり」 この話はとっても好き。「けものはら」にも繋がり、美奥の原点はここにあった。悲しい美奥の過去。

「天化の宿」 望月祐果は、くねくね曲がる線路を伝い森を進んでいく。そこで双子の少年と出会い「クトキ」の館へと入っていく。
「苦」がある人間だけ、その「クトキ」の館へ入ることが許されているのだろうか。

「朝の朧町」 長船さんが持っていた「クサナギ」は「くさのゆめがたり」と繋がってるよね。香奈枝は、過去から逃げて、そして長船さんに助けられた。不思議な町を長船さんと散歩する。
太鼓腹の男と双子の男の子、キーワードだよね。

でも、今回はちょっと全体像が分かりにくかった。



posted by じゃじゃまま at 13:05| ☀| Comment(7) | TrackBack(4) | 恒川光太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
自分はこの本と相性が良かったです。
一編ごとに表紙を見てニヤっと笑っていました。
Posted by しんちゃん at 2009年02月05日 20:21
こんばんは。
「くさのゆめがたり」美奥の始まりが興味深かったです。
そしてオロチバナが見てみたい!
Posted by なな at 2009年02月05日 22:41
謎を残したまま終わる短編がいくつかありました。
気になります。
「美奥」ものの続編を期待したくなりました。
Posted by 藍色 at 2009年02月06日 02:38
『夜市』の世界と似てるのかな!?って
思いました。今度読んでみます♪
Posted by とも at 2009年02月06日 16:53
しんちゃんへ
恒川さんらしい世界だったんですけど、今までのに比べると、すんなり入ってこなくて、あれ?って分からないことがあったんですよ〜。それが悔しいというかすっきりしなかったんですよね。

ななさんへ
人の繋がりとかが、私完璧に繋がらないと、モヤモヤ残ってしまってて、どうにもすっきりしないんですよね〜。
最後の章のあの女の人は、美奥で誰かと結婚したのかな、とかちょっとした疑問がいくつか・・・。

藍色さんへ
やはり「謎」のまま!?私、てっきり自分が理解できてないだけかと思ってましたよ。だから今回はすっきりしないな〜と。次は、長編を読みたいですね。

ともさんへ
恒川さんはいいですよね〜!!すっごい期待して読みました。個人的には今までの4作品の中では、私にはちょっと難しかったところもありましたが。
Posted by じゃじゃまま at 2009年02月11日 22:08
太鼓腹のおじさんは話によって印象ががらっと変わって、実に不思議でしたね。最初は怪しかったのが、いつの間にかいい人に。ふと思ったんですけど、年を取っていなかったりして。
Posted by たまねぎ at 2009年02月22日 00:10
たまねぎさんへ
私時系列いまいち分かってないかも。(爆)
「美奥」の始まりのお話は好きでした。一番最後の章に出てくる女性は、誰かのお母さん?って思ってたんですけど、関係ないですね。誰がどう繋がってたのか、ちょ〜〜っと分かってないです。(苦笑)
Posted by じゃじゃまま at 2009年02月23日 23:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「草祭」恒川光太郎
Excerpt: 草祭(2008/11)恒川 光太郎商品詳細を見る 美奥という地が舞台。その地には、隣り合った異世界があった。「けものはら」「屋根猩猩(しょうじょ...
Weblog: しんちゃんの買い物帳
Tracked: 2009-02-05 20:19

「草祭」恒川光太郎
Excerpt: 草祭 恒川 光太郎 JUGEMテーマ:読書 ひっそりとした路地の奥、見知らぬ用水路をたどった先。どこかで異界への扉が開く町「美奥」。その場所は心を凍らせる悲しみも、身を焦がす怒りさえも、..
Weblog: ナナメモ
Tracked: 2009-02-05 22:41

草祭 恒川光太郎
Excerpt: 装画は影山徹。新潮社装幀室。初出「小説新潮」。架空の地域「美奥」での連作短編集。 今回も情景の描写が圧倒的です。独自の幻想的な世界が...
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2009-02-06 02:38

草祭  恒川光太郎
Excerpt: ノスタルジックなホラーで読む者を魅了する恒川光太郎さん。その最新作は美奥という一見するとありふれた小さな街を舞台にした連作短編になります。ありふれたとは言っても、そこは恒川さん。何もない訳ではありませ..
Weblog: 今更なんですがの本の話
Tracked: 2009-02-21 23:31
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。