2009年03月09日

ハブテトル ハブテトラン 中島京子著。

≪★★★☆≫
毎年夏休みを過ごしてたおじいちゃんとおばあちゃんの住む広島のある町で、5年生のダイスケは2学期だけ過ごすことになった。
東京の学校に行けなくなって、広島の松永の小学校へ通う。小さな心にいっぱいのものを詰めた少年が、ふわ〜っと心が軽くなるまでの成長物語。
「ばあば、助けて」を思い出した。
やっぱり学校に行けなくなった少年が、おばあちゃんと佐渡島へ旅をして少し大きくなる成長物語だったけど、少年たちが元気を取り戻すと、こちらも嬉しくなって元気になれる。

松永の少年たちが明るくて、そしておばあちゃん、知り合いのハセガワさん、居場所が変わり、そうすると視点が変わって、気持ちも変わる。すごくいいことだよね、うん。
祭りやイベントに参加して、ダイスケはどんどん前へ前へってなっていくのが分かって、本当に嬉しかった。

しこりを残したまま別れてしまった元クラスメイトを訪ねるのも、私は泣けてしまった。そのまま大人になってしまうことがほとんどなのに、きちんと謝りに行く。大人になってしまえば、そんなこともあったね〜って、で済ませてしまえるのに、その健気さを持った子どもの心が嬉しくて嬉しくて泣けた。

東京の小学校の問題は、たぶん解決してないし、担任の教師には怒りを感じたけど、ダイスケは松永で元気をいっぱい貯金した分、少しまた頑張れるよね。
いいのに、あのまま松永にいれば。

お好み焼きが無性に食べたくなった。



posted by じゃじゃまま at 12:29| ☔| Comment(7) | TrackBack(5) | 中島京子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あの担任教師は非常にムカつきました。
帰っても何も変わっていないでしょうね。
でも強くなれたから大丈夫だと、
負けたままより前向きな方がいいと思いました。
これは子供たちへの応援歌ですから。
Posted by しんちゃん at 2009年03月09日 18:33
そうそう!そのままそこに居ればいいのに!ですよね。
東京に帰っても、困難を跳ね除けて幸せになってほしいです。
Posted by ゆう at 2009年03月10日 09:01
しんちゃんへ
応援歌、そうですよね。
なによりもあの町で過ごした時間は、ダイスケにとって大切で、それは自信にも繋がりますよね。
東京編で、またダイスケの話読んでみたいですね。

ゆうさんへ
環境を変えることは逃げることとは別なんだ、ってこともダイスケに伝えたい。(笑)
お好み焼き食べたくなりますよね〜〜。
Posted by じゃじゃまま at 2009年03月19日 23:49
こんばんは。
松永の人達、みんなよかったですね。
ハセガワさんがツボでした。
橋の途中でダイスケを放りだした時にはどうなることかと思ったけど…
Posted by なな at 2009年03月20日 22:28
ななさんへ
橋の途中の出来事も、ハセガワさんの計画のうちかと思いました。(笑)というか、中島さんの計画のうちですね。(笑)ドラマ見てるかのように、自転車のシーン浮かんできました。クライマックスですよね〜。
Posted by じゃじゃまま at 2009年03月27日 00:28
こんばんは。
きちんと謝りに行くダイスケ。
健気でしたね。
冒険を乗り切っての成長、
爽やかな気持ちになれる、いい作品でした。

トラックバックさせていただきました。
Posted by 藍色 at 2009年05月08日 01:33
藍色さんへ
元気になりますよね。ダイスケの真っ直ぐな気持ちを見てると、ごちゃごちゃした大人のストレス(笑)なんて忘れて、見習わなくちゃ、って気持ちになります。
ああ、東京に戻るなんてもったいない。(爆)
Posted by じゃじゃまま at 2009年05月09日 23:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「ハブテトル ハブテトラン」中島京子
Excerpt: ハブテトル ハブテトラン(2008/12)中島 京子商品詳細を見る ぼくの行っている東京の学校の五年三組は、先生が授業をしようと思っても、泣いたり...
Weblog: しんちゃんの買い物帳
Tracked: 2009-03-09 18:31

ハブテトルハブテトラン 中島京子
Excerpt: ある事がきっかけで、学校に通えなくなった小学五年生の大輔。2学期に祖父母が暮らす広島へと転校、少しずつ心を開いていく少年の姿を鮮やかに描く物語。 豊かな自然の中での穏やかな暮らしと、信頼できる大人や..
Weblog: かみさまの贈りもの〜読書日記〜
Tracked: 2009-03-10 09:02

「ハブテトルハブテトラン」中島京子
Excerpt: ハブテトル ハブテトラン 中島 京子 JUGEMテーマ:読書 登校拒否になった大輔は、母の故郷・広島県の松永に転校。穏やかな瀬戸内海の町と人に出会い、元気を取り戻した大輔の胸にある思いが..
Weblog: ナナメモ
Tracked: 2009-03-20 22:28

ハブテトル ハブテトラン/中島京子
Excerpt: ハブテトル ハブテトラン(2008/12)中島 京子商品詳細を見る わたしにとっては、ほぼ地元なのでご当地小説ですね。 近くで見ることのできる風景...
Weblog: それでも本を読む
Tracked: 2009-04-18 20:42

ハブテトルハブテトラン 中島京子
Excerpt: 広島県・松永を舞台に、はずむような備後弁でつづられた物語。 小学五年生のダイスケはトラブルで、母の実家広島に二学期だけ転校します。 ...
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2009-05-08 01:29
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。