2009年04月12日

イン・ザ・プール 奥田英朗著。

≪★★★★≫
再読です。本棚から引っ張り出してきました。抱腹絶倒間違いなし?
「イン・ザ・プール」 依存症の男と、変人精神科医の伊良部デビュー作。
伊良部に勧められるままに、軽い気持ちで始めたプール通いに、どんどん中毒状態になっていく和雄。和雄の依存症もすごかったけど、あまりの変わり者の伊良部の登場に、脱力の笑いが止まらない!?
やっぱり笑えたのは、ストレスを忘れるために、大きな悩みがあったらいちいち気にしてられないでしょ、ってやくざを闇討ちするのは?には、何度読んでも笑える。

「勃っちぱなし」 自分を捨て、会社の同僚と不倫の末に再婚した妻に言いたいことが言えずにいた哲也。なぜか勃っちぱなしになってしまった。周囲にばれないように四苦八苦してる哲也が、上司に接待を頼まれ、温泉に入るのを誤魔化すために、非常ベルを鳴らすとこが一番好き。人間、小さな嘘を隠すために、大きな罪を犯すってところがなんとも言えない説得力。
伊良部の名医なんだか、いい加減なんだか。

「コンパニオン」 被害妄想のモデル広美。この話が一番好きっていうか、笑った笑った。姿なきストーカーに付け回され怯える広美に、男を幻滅させればいいんだよ、って伊良部のアドバイス。それに則って、広美が鼻くそほじったり、淡を吐いたり・・・大爆笑。
でもやっぱ実は伊良部って名医なんじゃないかと・・・。

「フレンズ」 携帯依存症の高校生。携帯がないと友情が続かないと思い込み、友だちの数で幸せが決まると思っている。軽いフットワークで自分は人気者だと勘違いしている少年。ちょっと切なかったけど、本当に変人伊良部なんだけど、結構ツボ押さえてるんだよね。

「いてもたっても」 強迫神経症のルポライター。タバコの火の後始末やガスの元栓。もしも自分の不始末で火事が起こったら、と思うといてもたってもいられない。そんな義雄が頼ったのは「伊良部総合病院」お精神科。またここでも伊良部が、とんでもない行動に出たおかげで、義雄は救われる羽目になってしまった。
義雄は思う。「伊良部の精神科は天職だ。人を深刻にさせない天性のキャラクター」
それが治療の一環だったのか、天然なのかは微妙なとこだけど、やっぱり名医かも!?

かつて読んだときは、本当に笑いに笑って、抱腹絶倒間違いなしだったんだけど、少し爆笑度が控え目になってしまった。



posted by じゃじゃまま at 22:39| | Comment(3) | TrackBack(2) | 奥田英朗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
変人なのにうまくいくのか、
計算どおりに運んでいるのか、
判断しにくいのも、このシリーズの特徴ですね。
支離滅裂でむちゃくちゃな伊良部のキャラ
笑える荒療治が楽しいです。
Posted by 藍色 at 2009年04月13日 02:46
綾瀬はるか あのポカリ動 画の別角度映 像が流 出

「生茶」のCMでいつ見てもかわいいなぁと思う綾瀬はるかちゃんの
数年前にでていたポカリCMの別角度の映像が存在していている事がわかり、その映像は乳首が見えていたことで没になり闇に葬り去られたはずだった映像が今ごろになって流出した。

http://rosuewsa.blogspot.com/
Posted by 綾瀬はるか あのポカリ動 画の別角度映 像が流 出 at 2009年04月23日 11:41
藍色さんへ
ホント、伊良部の治療って功を奏するじゃないですか。
あれって狙いなのか、偶然?ヤブなのか名医なのか、ホントに分からないですよね〜。
フィクションなんだから悩んでも仕方ないのに、伊良部ってどっちだ?とついつい考え込んでしまいます。(笑)
Posted by じゃじゃまま at 2009年04月23日 11:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

イン・ザ・プール 奥田英朗
Excerpt: 伊良部総合病院地下にある神経科を訪ねた患者たちは、甲高い声に迎えられる。 色白で太ったその精神科医の名は伊良部一郎。そしてそこで待ち...
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2009-04-13 02:46

イン・ザ・プール
Excerpt: ********************************************************************** どっちが患者なのか? トンデモ精神科医伊良部の元を訪れ..
Weblog: 気楽に♪気ままに♪のんびりと♪
Tracked: 2009-04-27 14:09
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。