2006年01月22日

孤宿の人 宮部みゆき著。

≪★★★★★≫

相変わらず宮部作品は面白い!!!!時代物はこれまた格別。
だけど「ぼんくら」の時も思ったけど、上下巻のときって、上巻は本当に楽しいんだ、ワクワクもうほのぼのしたり、素直に面白いな〜って。
だけど下巻になると、急に悲しくなる。

「孤宿の人」もそうだった。上巻の時も、かなり悲しいことはあったし、ほうの身の上は気の毒なんてもんじゃない。
下巻はそれにも増して悲しいことが目白押し。この作品に、すべての解決策を求めちゃいけないんだね。
琴江さまの死の真相が明らかになって、あの憎っき美弥がお咎めを受けたり、新之助が真実を知って美弥に詰め寄ったり、加賀様の本当のお姿をみんなが知ることになったり、等々私には希望はたくさんあったけど、どれもすべて叶わず、不条理ってこういうこと?

納得もいかないけど、それで仕方ない、そういうものなんだ、って、現実とはそういうことなんだ、って時代物なのに、いやに今でも通じることじゃない?
すっかり忘れてたけど、ほうを置き去りにしたあの女中や、萬屋にもできれば天罰が下って欲しいとこだけど、そんなことはこの物語にはたいした問題じゃなく・・・。

どんどんいろんな人がいなくなってしまって、物悲しい。。。
孤宿の人 下孤宿の人 下
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 孤宿の人 下
[著者] 宮部 みゆき
[種類] 単行本
[発売日] 2005-06-21
[出版社] 新人物往来社

>>Seesaa ショッピングで買う



posted by じゃじゃまま at 17:25| Comment(4) | TrackBack(3) | 宮部みゆき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、じゃじゃままさん。
TB・コメントありがとうございます。
宮部作品は、本当に面白いです。
「ぼんくら」の続編「日暮らし」が積んであるが、まだ読んでいません。早く読みたいです。
じゃじゃままさんは、読んだんですね。
Posted by モンガ at 2007年01月19日 00:41
「ぼんくら」も「日暮し」も両方ともバッチグーですよ。私は他のシリーズは読んでないのですが、時代物の他シリーズも面白いと聞いて、早くそっちも手を出したいです。(^.^)
私は宮部作品の時代物デビューは「あかんべえ」だったんですけど、それもすごくよかったです!
Posted by じゃじゃまま at 2007年01月19日 09:44
 いや〜、久々の宮部の時代モノ、えがったっす〜(江戸モノじゃないので訛る)。

 でもやっぱ長いなぁ。『日暮らし』も未読なんだけど、これも長いよねぇ。とりあえず先に『おそろし』行きます! あっと、その前に『ICO』があったわ。
Posted by higeru at 2008年08月30日 03:29
higeruさんへ
宮部さんの時代物はいいですよね〜。でもほろりと切なくなって・・・。
『おそろし』は、はあ〜(ため息)、まだまだ手元に来るのに時間がかかりそうです。(涙)

『ICO』は、私駄目なんですよね〜。どうも苦手で・・・。
Posted by じゃじゃまま at 2008年08月30日 18:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

孤宿の人
Excerpt: 孤宿の人 ? 宮部みゆき 新人物往来社 2005年6月 ?        丸海藩は、幕府の命令で罪人の加賀さまを流人として預かることになる。 ほうは、恵まれない運命の子供..
Weblog: <花>の本と映画の感想
Tracked: 2007-01-11 19:20

孤宿の人  宮部 みゆき
Excerpt: 孤宿の人 上 宮部 みゆき  195 ★★★★☆  【孤宿の人】 宮部 みゆき 著  新人物往来社  《建前があり、本音では生きられない世界…》   出版社 / 著者からの内容紹..
Weblog: モンガの独り言 読書日記通信
Tracked: 2007-01-19 00:31

【宮部みゆき】孤宿の人
Excerpt:  『ダ・ヴィンチ』9月号の特集「宮部みゆきを読みつくす!」のインタビューによると、「書き上げるまでにもっとも苦労した作品」なのだそうだ。  宮部お得意の時代モノだが、これまでの江戸モノと違い、四国は..
Weblog: higeruの大活字読書録
Tracked: 2008-08-30 03:21
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。