2006年01月25日

ミッキーマウスの憂鬱 松岡圭祐著。

≪★★★≫
松岡氏の一連の作品「催眠」とか「千里眼」とか一時期夢中になったけど、冷めると嘘っぽいんだよね。小説は嘘だからいいんだけど、どこにも感情移入できる人物がいなくて、読むのやめたんだけど・・・。

今回の後藤君!いいじゃない!っていうか、ディズニーランドの裏側に迫ってて、妙にリアルで面白かった。取材した結果なのかな〜と思ったけど、でも読んでると、本社の人間は夢の世界をゲストに与えなくちゃいけなくて、現実的なことはタブーなんだよね。

こんなこと書いちゃっていいのか?これ読むと、本社の人間と現場で(オンステージで)働くキャスト、準社員やら社員やらの確執や現実まざまざと分かってしまうけど。
いや、もう大人なら分かってはいるはずで、分かってもいいんだろうけど、でもあえてこんなの書かれちゃったら嫌なのじゃないかな〜、と思いながらも、読むことはやめられない。

薄々分かってはいたことだけどね、本社の人間の欲は。だってディズニーランドといえども企業だもんね。そうそう、地下に道があることも聞いてはいたけど、実際通ったことないから「へ〜、本当??」ぐらいだったんだよね。

だけど「だって移動してるの見たことないでしょ?」って言われると、「そうだそうだ、そういえば見たことないや。言われてみればどっから来てるんだろう?」って思ってはいたけど、いざあそこへ行ってしまうとそんなことどうでもいいんだけどね。

フィクションなのかそうじゃないのか、非常に気になるとこだけど、久々に面白かった。
でも個人的に後藤のようなへんちくりん、嫌いだ。よかったよ、彼がヴィソーブで。(笑)一ゲストとして、やはりキャストには完璧を求めちゃう。

【Amazon.co.jp】
ミッキーマウスの憂鬱


posted by じゃじゃまま at 20:45| Comment(8) | TrackBack(4) | その他 ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
松岡さんのシリーズ物、前々から気になっていたのですが、なぜか手にすることなかったのです。
どこにも感情移入できないって事は
バイト始めた頃の後藤君が沢山いるってことでしょうか…

見えない裏側、気になります。
次に行く時には風景だと思ってる木の裏をジーっとみて見ようと思います。
Posted by なな at 2006年06月16日 22:02
これは面白かったですね。
でも他のシリーズは、なんというか、ちょっと気が向いたら読んでみてくださいよ〜(笑)きっと分かってくれるような気がします。
考えられないことばかりでもうやめました。「千里眼」最初は面白かったのに、ちょっとしつこさを感じます。
Posted by じゃじゃまま at 2006年06月19日 21:43
ディズニーランド大好きな娘にあらすじを教えようとしたら、「やめて〜〜!」と逃げられました。
着ぐるみだなんてとんでもないそうです。

でも、裏事情が垣間見えても、夢は壊されなかったと、わたしは思うんですけれどねぇ。
Posted by ふらっと at 2008年11月12日 17:08
ふらっとさんへ
細かいことは忘れてしまったんですけど、ディズニーランドの裏事情なんて初めてじゃないですか?
もちろん取材したと思うんですけど、よく教えてくれたな〜と思って。ディズニーランドってゲストを楽しませるって姿勢が本当にプロですよね。(って私は聞いてたので)
Posted by じゃじゃまま at 2008年11月15日 22:42
 おひさ!(かな)
 私もいっときは読みまくりましたねぇ、岬美由紀に嵯峨敏也に、あとマジシャンの誰だっけ? 特に千里眼シリーズはものすごいピッチで出てたしね。

 これは(期待して読んだ分)ちょっとはずれだったな。TDLの「裏側」もウソかホントかわかんないから、余計ストレスたまったりして。(^^;
Posted by higeru at 2008年11月27日 02:33
higeruさんへ
ちょこちょこhigeruさんのブログお邪魔してるんですけど、大沢作品など、あまりにも昔に読んでて記憶も飛んでしまってて・・・感想書けなかった。
私は松岡さん、千里眼シリーズだけではなく、訣別してます。(爆)あの完全版っていうのはどういう意図があるんでしょうか。

書いてみたけど、もう一回ちょっとここんとこ変えてこんな話で書いてみたかった、って・・・そういうことなのかな?って勝手に推測してたんですけど。
Posted by じゃじゃまま at 2008年11月28日 23:21
裏事情、かなり詳しくてリアルでした。
これは取材しないと。
想像だけではここまでリアルには書けないでしょう。
会社側が、よくこれ書くことに許可を出したと感心しました。
Posted by 藍色 at 2009年06月19日 02:07
藍色さんへ
やっぱり思いますよね〜。
よく許可したな、と。勝手に書くわけないですもんね。私の中では、経営陣の中に、夢を大切にする派と現実派がいて、その現実派が許可したのかな、なんて勝手に(本当に(苦笑))ず〜〜っと思ってます。
Posted by じゃじゃまま at 2009年06月20日 23:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「ミッキーマウスの憂鬱」松岡 圭祐
Excerpt: ミッキーマウスの憂鬱 松岡 圭祐 ディズニーランドの舞台裏。派遣で「ヴィソーブ」で「キャラクターイシュー」として働くことになった後藤。期待に胸膨らませて出かけていった初日から3日目まで..
Weblog: ナナメモ
Tracked: 2006-06-16 22:03

ミッキーマウスの憂鬱*松岡圭祐
Excerpt: ミッキーマウスの憂鬱(2005/03/23)松岡 圭祐商品詳細を見る 史上初ディズニーランド青春小説 ようこそ裏舞台(バックステージ)へ! 東京ディズ...
Weblog: +++ こんな一冊 +++
Tracked: 2008-11-12 17:09

【松岡圭祐】ミッキーマウスの憂鬱
Excerpt:  最近結構まめに更新しているつもりなのだが、バックログ(読了したが感想未アップの作品)がなかなか減らない。それだけ多く読んでいるということなのか…道理で眠い。(゜o゜)  遅ればせながら文庫落ち..
Weblog: higeruの大活字読書録
Tracked: 2008-11-27 02:26

ミッキーマウスの憂鬱 松岡圭祐
Excerpt: 東京ディズニーランドのバイトになった21歳の若者。 様々な出来事を通じ、やがて裏方の意義や誇りに目覚めていく。 秘密のベールに包まれた...
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2009-06-19 02:01
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。