2009年07月18日

聖女の救済 東野圭吾著。

≪★★☆≫
この前に読んだ、「ガリレオの苦悩」の方が面白かったな。湯川の人間味に溢れた変身振りと、短編ながらもその中に確かに人間の血が流れてるような、絆を感じる話。
今回は、ああ、東野氏だな〜といつもの感じ。

真柴義孝が変死した。真柴には愛人がいて、妻とは別れ話も出ていた。
毒を入れるチャンスがあったのは、妻の留守中に真柴と共にいた愛人だが、容疑は妻に。
妻の完全犯罪を見抜けるのか。

タイトルが奥深いな〜。東野氏の小説も、タイトルも、後からじんわり来るんだよね。最初、聖女=妻が救われる話かと想像してたけど、終盤、意味が分かった。
妻の救済ね〜って、上っ面だけじゃなく、深い悲しい女心なんだよね。

内海の勘も立派なんだけど、恋した草薙の言動にもちょっとイライラ。
ま、仕事は真っ当にしてたけどね。
そんなこんなで、も〜、いいから早く謎解いちゃって、とちょっと飽きてしまった。
ガリレオの長編は男版石神の愛と女版綾音の愛。
勝手ながらやっぱり石神の愛の方がいいね。




posted by じゃじゃまま at 22:12| ☁| Comment(8) | TrackBack(4) | 東野圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
同じく、やっぱり石神の愛の方が強烈な印象です。
草薙のイメージが少し変わりました。
感情によって刑事としての信念を曲げてしまうような弱さがあるのかも見所になって、楽しく読めました。
Posted by 藍色 at 2009年07月19日 03:42
おはようございます。
恋した草薙、仕事と自分の気持ちのあいだでぐらぐらしてましたね。私もちょっとイライラしてました。
タイトル、意味深いですよね。
Posted by なな at 2009年07月19日 07:45
ぶっちゃけ、このシリーズあんまり面白くないんですけど。
だけどなんとなく惰性で読んでしまう。
また青春ミステリを書いてくれないかな^^;
Posted by しんちゃん at 2009年07月19日 20:34
藍色さんへ
私はちょっと草薙にイライラしちゃいました。(爆)
内海が真っ直ぐに綾音を疑う姿勢崩さなかったのでスカッとしましたけど。(更爆)
石神の愛が余計印象に残りました。

ななさんへ
湯川も草薙はそんなに愚かじゃない、みたいなこと言ってましたけど、内海が綾音を疑うたびに異論を唱える草薙にイライラ。(笑)夫も夫だけど、綾音にもう〜ん、でした。

しんちゃんへ
>ぶっちゃけ、このシリーズあんまり面白くないんですけど。
(笑)(笑)(笑)(笑)気持ち伝わります。
「ガリレオの苦悩」は面白かったんですけどね。
元々ガリレオシリーズって面白くないんですよ。(爆)(私にとってですが)私も今までのガリレオはダメでしたし。
Posted by じゃじゃまま at 2009年07月19日 23:03
確かに、草薙の恋愛のくだりは邪魔だったような(苦笑)
なんか、グジグジとうざい感じでした(笑)
タイトルと内容のバランスがとてもよかったです!
Posted by ゆう at 2009年07月21日 18:12
ゆうさんへ
草薙、ちょっとうざかったですよね〜。ま、優秀な刑事さんでよかったですけど、ことごとく内海に反論しそうでイライラするところでした。(爆)
Posted by じゃじゃまま at 2009年07月22日 23:36
トリックは見事で、感服しました。
今までにないですよね。
実際には、こんな風に、憎悪を持続させているなんてこと、ありえないと思うのですが・・・・
Posted by 花 at 2009年11月14日 22:29
花さんへ
そこまで持続させながらも、ずっと生活を維持してるなんて、すごすぎます。でも、だからこそ聖女の救済なんですよね〜。本当に深いタイトル!!
でもうっかり浄水器使っちゃいそうですよね〜(爆)
Posted by じゃじゃまま at 2009年11月18日 22:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

聖女の救済 東野圭吾
Excerpt: 装幀は石崎健太郎。写真はゲッティー・イメージズ。初出「オール讀物」。 真柴義孝の毒殺の時、離婚を切り出されていた妻・綾音には鉄壁のア...
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2009-07-19 03:38

「聖女の救済」東野圭吾
Excerpt: 聖女の救済 東野 圭吾 JUGEMテーマ:読書 男が自宅で毒殺されたとき、離婚を切り出されていたその妻には鉄壁のアリバイがあった。草薙刑事は美貌の妻に魅かれ、毒物混入方法は不明のまま。湯..
Weblog: ナナメモ
Tracked: 2009-07-19 07:46

「聖女の救済」東野圭吾
Excerpt: 聖女の救済(2008/10/23)東野 圭吾商品詳細を見る 二冊同時刊行の長編の方です。 子供を持てないのなら、結婚生活自体に意味がない。男と女は結...
Weblog: しんちゃんの買い物帳
Tracked: 2009-07-19 20:34

本「聖女の救済」
Excerpt: 聖女の救済 東野圭吾 文藝春秋 2008年10月 聖女の救済/東野 圭吾 ¥1,700 Amazon.co.jp ..
Weblog: <花>の本と映画の感想
Tracked: 2009-11-14 22:18
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。