2006年01月28日

審判 深谷忠記著。

すんごい面白いのかと思った。すんごい作家なのかと思った。よく知らない作者なんだけど・・・。
結構出だしはワクワクっていうか、大作の予感がしたんだけど、確かに衝撃のラストだったんだよね、私には。
びっくりしたし、冒頭読み返して、ああ、そういう伏線だったのか、って気付いたこともあったんだけど。

でも理解できない点がいくつもあった。
話も、村上が中心なのか、幼女殺しの容疑者の柏木なのか、被害者の母親なのか、さっぱり。
村上がこの事件を追い続けるのかと思いきや、終盤では村上は出てこなくて、被害者の母親の聖子と柏木ばかり。
しかも聖子は真犯人をずっと知っていた、その真犯人を庇ったっていう当時の署長をなんとか有罪にするために、偽証までするんだけど、この辺が違和感ありあり。真犯人を知っていたのに、なんだかな〜って。
ただこれは衝撃のラストで納得できたけどね。

そうそう、一番よく分からないのが、被害者の父親(夫)が聖子に「お前があんなことしてなければ」みたいなこと言って、どうやら聖子が不倫してたらしい、みたいなのが分かるんだけど、これだけだといかにも逢引してる間に娘が殺されたみたいでしょう?でも別にそうじゃない、聖子がちょっと買い物に行ってたからなんだけど、その行動と夫の発言がかみ合わないし、夫はそもそも聖子の不倫知ってたのかも疑問。
夫はなにも知らされてなかった可能性が高いんだけど、あの発言が理解できない。

結局、柏木の冤罪、その苦悩を書きたかったのか、被害者の母親の苦悩なのか、どれもこれも中途半端な感じがして、期待感とは裏腹な結果だった。

【Amazon.co.jp】
審判
posted by じゃじゃまま at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。