2009年09月22日

ガール・ミーツ・ガール 誉田哲也著。

≪★★★≫
「疾風ガール」の続編。
前作では、アマチュアバンドだった夏美と、ちょっと頼りない芸能プロダクションのスカウトマン宮原が、夏美のバンド仲間の自殺の真相を巡りながらも、プロの世界、芸能界で天辺を目指そうぜぃ!っていうところまでで、今回はその続編。

夏美のデビューを控え、あくまでもバンドにこだわる夏美に、失踪してた父親の出現、夏美が嫌いだった歌手の島崎ルイとのコラボやら、軽快なテンポで進む青春小説。

バンドにこだわる夏美と、恋人兼プロデューサーだった恋人と別れ先が見出せないルイが出会い、勝手にルイを相容れないと拒否しながらも、突如引退したGAKUの店で一緒にバイトをしているうちに、夏美のルイへの見方が変わってきた。
タイトル通り「ガール・ミーツ・ガール」のお話なのだ。

夏美のキャラが変わった、と聞いていたけど、前作のキャラがどんなだったかも忘れ、自然とこんなんだったっけな〜と思ってた。
誉田氏のノリの進行形が今作なのかな〜と。

個人的には、夏美のアマ時代からのマネージャーである真緒が、普通に登場しちゃって、前回薫の自殺の原因作らなかったっけ〜?と疑問。
宮原の彼女がほぼ消えちゃってて、まさか夏美と宮原!?なんてヒヤヒヤしちゃったよ。
夏美、頑張れ!

posted by じゃじゃまま at 22:02| ☁| Comment(4) | TrackBack(3) | 誉田哲也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
夏美の弾けっぷりは相変わらずだけれど、少しだけ場の空気を読めるようになった気がしました。
大人になったということでしょうか。

宮原も、頼りないながらもなくてはならない存在になっていて、この先どうなるのかたのしみです。
Posted by ふらっと at 2009年09月23日 07:32
こんばんは。
前作と続けて読んだので、あれ?キャラ違う?って思ったんだけど、大人になったって事にしましょう(笑)
宮原の彼女、消えてましたね。
Posted by なな at 2009年09月23日 20:29
かなりの期間が開いての続編でしたね。
しかも人気が出る前の作品ですし。

当然記憶はあやふやです。(おい)
でも夏美は少し子供っぽくなったような気が…。
Posted by しんちゃん at 2009年09月23日 20:43
ふらっとさんへ
大人になったんでしょうかね、夏美。
夏美とルイの成長物語で、嬉しくなっちゃうような展開でしたね。

ななさんへ
一応「彼女はいる」みたいな説明文があっさり入ってましたけど、それにしても存在消えちゃって・・・(爆)
夏美と宮原は、あくまでも同志みたいなものなので、そっちの展開は止めて欲しいですね。(爆)

しんちゃんへ
そうそう、どうしてこれが続編出たんでしょうね。
誉田さんの私情が思い切り、こもっちゃってるんでしょうか。(笑)音楽、好きなんですもんね。
Posted by じゃじゃまま at 2009年09月26日 22:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128618889
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

ガール・ミーツ・ガール*誉田哲也
Excerpt: ガール・ミーツ・ガール(2009/04/21)誉田 哲也商品詳細を見る 柏木夏美は、デビューを目前に控えたミュージシャン。フェイスプロモーション期待...
Weblog: +++ こんな一冊 +++
Tracked: 2009-09-23 07:33

「ガール・ミーツ・ガール」誉田哲也
Excerpt: JUGEMテーマ:読書 柏木夏美は、デビューを目前に控えたミュージシャン。フェイスプロモーション期待の新人だ。けれど、本格的なロックミュージシャンを志向する夏美と、事務所の思惑は微妙にずれている..
Weblog: ナナメモ
Tracked: 2009-09-23 20:29

「ガール・ミーツ・ガール」誉田哲也
Excerpt: ガール・ミーツ・ガール(2009/04/21)誉田哲也商品詳細を見る アマチュアバンド「ペルソナ・パラノイア」のギタリストとして、真っ赤なギブソンの...
Weblog: しんちゃんの買い物帳
Tracked: 2009-09-23 20:43
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。