2009年11月11日

訪問者 恩田陸著。

≪★★☆≫
ひっそりと建つ洋館に、次々に「訪問者」が現れる。
「訪問者に気をつけろ」と謎の手紙が送られ、記者を騙る弁護士、秘密がありそうな母子、変装を頼まれた青年。
誰も彼もが秘密を抱えていそうで、誰もが怪しい。
そして、洋館に住む一族。彼らも秘密を抱えていた。

すごく気になって、珍しくゾクゾクしながら読んでた。
まさか最後になって、これは舞台です、っていうのはナシだぞ、と思いつつも。
でもでも、最後になって、ますます困惑。
いったいどこからおかしくなったのだろう。
恩田氏ってよくあるよね、こういう戸惑い。こんなこと言ったらファンの方に怒られちゃうけど、きちんと納得のいくオチができないんなら、こういうミステリ勘弁してよね〜、とちょっと思ってしまった。
こういうモヤモヤっとしたラストがいいのよ〜っていうのならいいんだろうけど、わたし的には、え〜、ちゃんと考えて進めてた!?って思ってしまう。
もちろん恩田氏なので、ちゃんと考えてのラストなんだろうけどね。

まず。
愛華の存在。最初に千恵子が愛華の名前について毒のある発言したもんだから、私はてっきり澄子と、一族の誰かが関係してるのかと思ってた。
その後に続く発言も、愛華苑に足繁く通っていた男たちを責める発言だったから、澄子の存在と峠昌彦の母の存在がごっちゃになってしまった。
愛華の父親の話題にもなってたけど、確かに夫と昌彦はいないけど、澄子がいるんだから本人に確認すればいい話で、うっかりミステリのまま終わってしまったことが残念。

で、最大の謎は、やはり見知らぬ男の死。やっぱり無理があるよね〜、老人たちの話には。
これが恩田氏の持ち味なのか。でもかなり強引な気がする。
なにが真相なのか、考えれば考えるほど、無理!



posted by じゃじゃまま at 23:04| ☔| Comment(6) | TrackBack(3) | 恩田陸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かに恩田さんってこの手の「肩すかし」っぽいラスト多いですよね。
まぁ、私の場合恩田さんはなんでも「好き」って思ってるので
そこにたどり着くまでの雰囲気を楽しんじゃってるんですけどね。
Posted by なな at 2009年11月12日 00:05
たしかに、「ああ、なるほど!」って膝を打てるラストではありませんね。
わたしも、ななさんと同じく、雰囲気全体を愉しんでしまいます。
Posted by ふらっと at 2009年11月12日 06:35
ラスト、「これは舞台です」の方が返ってよかったかもです(爆)
そうすれば、恩田さんだから仕方ないと諦めがつくかも・・

いまいちなサスペンスの結末みたいで、いただけませんでしたよね・・
Posted by ゆう at 2009年11月12日 15:02
閉ざされた山荘ものを期待しますよね。それが何故こうなってしまうのか…うーん。
恩田作品の理解者ではありませんが、これはまだマシな方でした。
Posted by しんちゃん at 2009年11月12日 20:38
恩田作品は、私も雰囲気を楽しむほうです。
いつの間にか、理路整然とした答えを期待しなくなりました(笑)
Posted by 花 at 2009年11月12日 21:13
ななさんへ
肩透かしが恐くて、ビクビクしながら読んでるくせに、また新刊出ると読んでしまう。これも一種の雰囲気を愉しんで読んでるってことなんでしょうか。(爆)

ふらっとさんへ
愉しんでいると言えるだけ、本当に恩田さんが好きなんですね。
私は愉しんでる?いや、いつもビクビクしながらですもん。(爆)

ゆうさんへ
ラスト「舞台です」だったら、それはそれで怒ってましたよ、私。(笑)
それにしても元気な年寄りたちですよね〜。恩田さんってこういう作風を好んでなのか、こういうのしか書けないのか・・・。なんて怒られちゃいますね。

しんちゃんへ
私も理解者ではないですし、恐らく好みではないと思うのに、それでもまた読んでしまう。
マシな方、って意味すごく分かります。まだ読みやすかったですよね。読後感もそれなりに。

花さんへ
みなさん雰囲気を楽しまれてるようで、大人ですね〜。(^^)
でもまだついていけた方です。
Posted by じゃじゃまま at 2009年11月13日 23:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「訪問者」恩田陸
Excerpt: JUGEMテーマ:読書 山中にひっそりとたたずむ古い洋館――。三年前、近くの湖で不審死を遂げた実業家朝霞千沙子が建てたその館に、朝霞家の一族が集まっていた。千沙子に育てられた映画監督峠昌彦が急死..
Weblog: ナナメモ
Tracked: 2009-11-11 23:59

「訪問者」恩田陸
Excerpt: 訪問者(2009/05/14)恩田 陸商品詳細を見る 山中にひっそりとたたずむ古い洋館――。三年前、近くの湖で不審死を遂げた実業家朝霞千沙子が建てた...
Weblog: しんちゃんの買い物帳
Tracked: 2009-11-12 20:37

本「訪問者」
Excerpt: 訪問者 恩田陸 祥伝社 2008年5月 訪問者/恩田 陸 ¥1,680 Amazon..
Weblog: <花>の本と映画の感想
Tracked: 2009-11-12 21:10
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。