2006年02月21日

ハートブレイク・レストラン 松尾由美著。

始めて読みました。なかなか軽いですね。
フリーライターの寺坂まいが行くちょっと暗めのファミレスで、いつもチョコンと座ってるおばあちゃんがいる。実はこのおばあちゃんは幽霊で、まいが遭遇する珍事件を次々に解決していく。
そして刑事との可愛い恋。って28歳にもなってそんなウブでどうすんの?って思っちゃったけど。

この珍事件がなかなか面白いし、おばあちゃんの名推理もなかなかのもの。

松尾氏の作品が初めてなので分からないんだけど、こういう書き方なのかな?
一気に解決するというよりも、少しずつ謎を残していくっていうか、すべて明らかにしないっていうか。
おばあちゃんの過去もどうでもいいのかもしれないけど、もう少し生前の様子知りたいかも、とか。
まいが巻き込まれて不祥事ってどんなんだったのかな?その時の恋人が脇役で出てくるかな、なんてチラッと思ったけど、どれもこれも過去の話で詳細は不明だし。

おばあちゃんの孫で家出しちゃった少年の、消息。どうやら近くには来てるかも、って話だったけど、その顛末は語られないし。無駄なことは書かない作家さんなのかな。

【Amazon.co.jp】
ハートブレイク・レストラン
posted by じゃじゃまま at 20:28| Comment(0) | TrackBack(1) | 松尾由美 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

コショウ強盗
Excerpt: こんにちは。Aです。 先ほど、ライブドアのNEWSで面白い記事(珍事件)を発見しました! ☆コショウ強盗 店員ひるませ40万円入りレジ持ち去る☆  12日午前2時5分ごろ、神戸市西区伊川谷町..
Weblog: 柏・松戸・東葛エリアのくらし生活情報サイト
Tracked: 2006-03-13 14:16
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。