2009年12月16日

告白 湊かなえ著。

≪★★★★☆≫
本当は五つ星か迷うところなんだけど、じゃあ、家に置いておきたい本(物語)かと問われると、う〜ん、なので。
でも私はこの手の話嫌いじゃないんだよね。

中学教師の愛娘が、学校のプールで転落死していた。
終業式、その担任教師が生徒たちに語り始める。娘は事故死ではない、殺されたのだと。そして犯人は、このクラスにいると。
恐るべき復讐を最後に、教師は学校を去る。

そして、その後も告白は続き、元教え子の少女、少年Bの姉、少年B、少年A、最後は元担任に戻る。

事件は悲しく、なぜ無抵抗の幼い少女を!と突き落とされた気分になるけど、彼らの末路には、ザマー見ろ!しか思い浮かばなかった。

森口が言うように、やはり憎むとしたら計画した人間。計画さえしなければ殺人は起こらなかった。ママに復讐したければ、ママを殺しなさい。そして、息子に殺されてしまったお母さんも、そんな息子に育ててしまった自分の責任。
そう冷たく言い放つ森口。
少年たちの無責任で自分勝手な動機が、一人の女性教師をここまで復讐の鬼にさせてしまった。どうだ!母親を甘く見るなよ、と私は思ってしまったんだけど。

だから嫌いじゃないんだよね、こういう話。
約10年前、「そして粛清の扉を」を読んだ時も、好きだったしね。




posted by じゃじゃまま at 12:51| ☔| Comment(6) | TrackBack(3) | その他 ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>ザマー見ろ…

過激ですねぇ(^^ゞ
でも、まさにそれが本音かなぁ、オレも。
何ごとも綺麗事だけじゃすまされないですよね!
Posted by じゅずじ at 2009年12月16日 23:20
じゅずじさんへ
すみません。ついつい本音を・・・。
でもそれが正直なところですよね〜。私がしたわけじゃないし、感想なんで・・・。(爆)
ザマー見ろと自業自得、これ吐き出したらすっきりしました。(更爆)
Posted by じゃじゃまま at 2009年12月17日 10:53
昨日から、TBをいろいろ入れているのですが、どれも入ってないようです。
このお話、重い内容だけど、誰でも、そんな暗い部分は持っているような気がします。
法に任せないで、自分で罰を与えたいと思うのは、親としての感情なのかも。
Posted by 花 at 2009年12月17日 19:40
被害者遺族の感情って、実際はこういうものだと思います。
もちろん現在の司法制度で敵討ちは認められていません。
でも自分の中の危険思想は「これの何が悪い」と言ってます。
ラストは、やっちゃたよ!と喝采でした(笑)
Posted by しんちゃん at 2009年12月17日 22:38
こわいものみたさ。みたいな感覚が研ぎ澄まされた感じがします。この作品を読んだ後には(苦笑)
口でいっては憚られる事をよくぞここまで書いてくれた!みたいな感じがしますよね、これ(笑)
Posted by ゆう at 2009年12月18日 15:50
花さんへ
TBどうしちゃったんでしょうか、すみません。
まったくそういうの弱くて、さっぱり分かりませんが・・・。seesaaはダメですね〜。(爆)(>_<)
親として遺族として、当然の感情ですよね。
渡辺を捨てた母親の言葉聞きたかったですね。

しんちゃんへ
私も同感。(^^ゞ
ザマー見ろ!自業自得なんだよ!!って鼻息荒く読んでました。(笑)
森口先生の復讐は本当に外れないですね。

ゆうさんへ
確かに、これを実際は認められないし、してはいけないことなんだけど、もしも無責任で自己中な人間に我が子を殺されたら・・・許してあげたい!森口先生の行為!って感じでしょうか。(^^ゞ
Posted by じゃじゃまま at 2009年12月18日 20:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「告白」湊かなえ
Excerpt: 告白 湊 かなえ JUGEMテーマ:読書 我が子を校内で亡くした女性教師が、終業式のHRで犯人である少年を指し示す。ひとつの事件をモノローグ形式で「級友」「犯人」「犯人の家族」から、それ..
Weblog: ナナメモ
Tracked: 2009-12-16 21:03

【告白】 湊かなえ 著
Excerpt: 愛美は事故で死んだのではなく、このクラスの生徒に殺されたからです…はっきりいって、本音が語られてる怖い話です [:ショック:]  一日一回のポチッ、よろしくお願い致します [:next:] 人気blo..
Weblog: じゅずじの旦那
Tracked: 2009-12-16 23:14

「告白」湊かなえ
Excerpt: 告白(2008/08/05)湊 かなえ商品詳細を見る 中学校終業式の日。一年B組のHRで女性教師が淡々と語りだす。教師を辞職すること。教師になった理由。...
Weblog: しんちゃんの買い物帳
Tracked: 2009-12-17 22:38
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。