2010年04月12日

リテイク・シックスティーン 豊島ミホ著。

≪★★★★☆≫
高校に入学して間もなく、友人孝子から「あたし、未来から来たの」と告げらた沙織。
孝子は27歳の未来から、高校時代をやり直したくて、戻ってきたと言うのだ。
青春をやり直すためにやって来たという孝子と、何事も初めての沙織の高校一年生の物語。

最初はとっつきにくくて、だって、27歳の孝子がなにをどうやって戻ってきたのかも分からないし、普通なら未来を知っていてなにかをするために戻ってきた孝子が主人公なのに、この物語では、未来のことなんか知らない雑貨屋を営む祖母とだらしのない母親と3人で暮ら沙織が主人公。

だから、ちょっとつかめなくて、序盤はトロトロ・・・。
けど!!

孝子は、沙織と一緒にいたくて、将来の選択を間違えて、大学卒業後も無職でどうしようもない27歳になってしまった。それを後悔して、もい一度思い切り青春をして、やり直したい!と願って戻ってきたけど、結局は自分自身が変わらないから、ボーイフレンドが出来ても、未来を変えることができないことに気付いて、挫折しちゃう。

とても痛かった。
そうなんだよ、いくら小手先で環境を変えてみても、受け取る自分自身が変わっていなければ結局は同じ道に戻るだけなんだよね。
27歳なのに、16歳の孝子が痛すぎる。
沙織の「またやり直せば?そうやってずっと回ってればいいんだ、同じところで永遠に」って言葉が深い。

沙織も、孝子の前の人生では、孝子同様好きな男の子もできず、あまり青春してないみたい。
でも、孝子にとってはやり直しの青春でも、沙織にとっては初めての16歳で、孝子の影響で沙織の青春までもがやたらと青春しちゃってるのが、すごくすごく心地よくて、なんだか嬉しくて。

ああ、そういうことだったんだな〜と。
戻ってきたのは孝子でも、その周囲にいる人たちまでもがみんなリテイクしちゃってるんだ。
沙織も、村山君も、大海君も、みんないいよね。

この4人の高校生活が、とてもまぶしくて、全然関係ないけど、自分まで16歳リテイクしちゃってる気分。あくまでも気分ね。
車谷さんの強さも、油屋さんも、ああいうクラスメイトいいな。

自分自身のままで生きることを決めた孝子は、もう同じ27歳にはならないはずだし、沙織のパパのくだりは、泣いてしまった。
とってもいい青春物語でした。




posted by じゃじゃまま at 22:55| ☔| Comment(3) | TrackBack(2) | 豊島ミホ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

「一緒にリテイク」でしたね。
下宿のネコとか、スキー合宿、沙織のお父さんの所に行く事も、全部キラキラと輝いてるって感じでした。
Posted by なな at 2010年04月13日 23:11
こんばんは。
これでしばらくはお休みかと思うと、なんとも勿体無い。
底辺の痛いところ限定だけど、すっごく油ノッテるのに。
YAより上の青春小説。この分野の開拓者でいて欲しかったです。
Posted by しんちゃん at 2010年04月14日 22:50
ななさんへ
最後のお父さんのところへ行くのは、泣いちゃいました。離れていても、お父さんはずっと優しいお父さんなんだな〜と。沙織はやはり北海道で医学部に行くんでしょうか。沙織の未来も変わってしまいましたね。
私も戻りた〜〜〜い。(笑)

しんちゃんへ
また戻ってきてくれるんでしょうか。このまま、なんてことは・・・。
私は豊島歴まだ短いですが、非常に残念です。
ちょっと視点の変わった物語でしたけど、すごくよかったですよね。
Posted by じゃじゃまま at 2010年04月16日 11:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「リテイク・シックスティーン」豊島ミホ
Excerpt: JUGEMテーマ:読書 高校に入学したばかりの沙織は、クラスメイトの孝子に「未来から来た」と告白される。未来の世界で27歳・無職の孝子だが、イケてなかった高校生活をやり直せば未来も変えられるはず..
Weblog: ナナメモ
Tracked: 2010-04-13 23:12

「リテイク・シックスティーン」豊島ミホ
Excerpt: リテイク・シックスティーン(2009/11)豊島 ミホ商品詳細を見る ねえ、誰にも言わないでね。あたし、未来から来たの。ずっと無職でさ。二十七な...
Weblog: しんちゃんの買い物帳
Tracked: 2010-04-14 22:50
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。