2010年09月14日

恋する空港 あぽやん2 新野剛志著。

≪★★★≫

空港内でのあらゆるトラブルを解決し、お客様に気持ちよく旅立っていただく仕事、大航ツーリストの成田空港所で勤務する遠藤。
確か、前作はこう言っちゃなんだけど、あんまり面白くなかった。
あぽやん、そんな仕事がさほど魅力的に描かれておらず、それもそのはず。仕事にまったくやる気のない青年、遠藤が主役で、尻上がり的に面白くなってきたものの、やっぱりあぽやんに魅力薄で。

「恋する空港 あぽやん2」は、結構面白かった。
あのやる気のなかった青年遠藤が、前作で成長し、今度はグアムの現地採用だった枝元を、諸々のトラブルを解決しつつ、使える若者にしていく、結構グイグイいける物語だった。

「テロリストとアイランダー」では、指名手配犯と同姓同名の搭乗人物ハマコウと、成田空港所の隣室の警察官登場となり、いきなりハマコウの事故死で終わる。

「空港ベイビー」では、ハマコウからの預かり物を寄越せという謎の人物バンダが出てきて詰め寄られたり、出産予定日を越えた妊婦のトラブル。

「ランチ戦争」は、女子社員のランチをめぐり、遠藤と女子社員のバトル勃発。それにしても遠藤君、ものすごく成長してる。こんな大人だったっけ?確かに食べ物の恨みは恐ろしいよね。

「台風ゲーム」は、これぞまさしくあぽやん。親会社から押し付けられたツアー客や、パスポート紛失騒ぎ、キャンセルの空席確保、走り回る走り回る。
本当に、こんな仕事もいいんじゃないかな、なんて思った。

「恋する空港」森尾さんから警察官のストーカーを相談された遠藤。空港内では韓国の人気俳優のファン・ミーティングのための乗客が、遅延に苛立ち、事務所には「がみちゃんはいる?」と妙な電話がかかる。異動になった今泉が現れ、妙な電話の解決に役立つ。

「マイ・スイート・ホームあぽ」大航ツーリストの成田空港所閉鎖の危機を、令嬢に見初められた遠藤に止められることができるか。
ハマコウとの一期一会の出会いにより始まった物語。その彼の荷物が時間をかけて戻ってきた。そして、森尾さんと遠藤の関係、枝元青年の成長も、番田が探していた荷物と同様、すべて丸く納まり、この先成田空港所がどうなるかは分からないけど、気持ちのいい終わり方だった。




posted by じゃじゃまま at 21:47| 神奈川 ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | 新野剛志 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
前作は主人公の最初の印象が悪かったですもんね。
少しずつ成長してたけど、気持ちが入りきらずって感じはありました。
が、今回は立派な「あぽやん」になっていたし
空港のトラブルのあれこれ、恋愛も楽しかったです。

成田から旅行に行きたい!!!
Posted by なな at 2010年09月16日 12:14
ななさんへ
今回はしっかりあぽやんでしたね!!もし飛行機や旅行好きなら、こういう仕事もありだな〜って思いました。昔は視野が狭くて、あんな、こんな仕事があるって知らずにいたから、子どもには視野の広いアドバイスしてあげたいな〜。

ああ、私も成田から行きたい!!!!!!
Posted by じゃじゃまま at 2010年09月16日 14:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「恋する空港―あぽやん2」新野剛志
Excerpt: JUGEMテーマ:読書 空港=airportを略してAPO。国内最後の水際であらゆるトラブルに対応する空港のプロフェッショナルをかつて旅行会社・大航ツーリストでは「あぽやん」と呼んだ―成田空港所..
Weblog: ナナメモ
Tracked: 2010-09-16 12:14
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。