2011年03月18日

下町ロケット 池井戸潤著。

≪★★★★☆≫

ロケットを飛ばすことが夢だった佃は、実験失敗のため夢破れ、父の会社を継いだ。
主要取引先からの取引停止に続き、ライバル会社からの訴訟、佃の持つ特許をめぐっての大手企業との攻防。
研究者として、技術者として、一流だからこその苦難が続く。そして社長として社員を守ることができるのか。自身の夢を叶えることができるのか。

今まで池井戸氏といえば銀行や融資の話が多かったけど、今回はそれが<特許>に代わり、「空飛ぶタイヤ」では企業のリコール隠しという重い社会派だったけど、「下町ロケット」は特許、下町の中小企業の夢を叶えるまでのエンターテイメント性豊かな物語になっていた。

池井戸氏得意の、勧善懲悪な物語はここでも健在で、佃製作所から融資を引き上げようとしていたくせに、和解金が出た途端掌返しでへつらう銀行、佃の技術欲しさに訴訟で追い込もうとしているライバル会社。
特許で先を越され、大手企業のエゴで佃の技術を買い取ろうとする帝国重工。
目先の利益に飛びつこうとする社員たちとの反目。
どれもこれも憎たらしく、ハラハラと、このままじゃ心臓持たないよってくらいヤキモキさせられるけど、勧善懲悪は生きている。

企業訴訟に強い弁護士や、融資してくれる会社、帝国重工の理解者、佃を信じる社員たち。
道は開ける。池井戸氏を信じる私を、決して裏切らない作品。

posted by じゃじゃまま at 17:01| 神奈川 | Comment(8) | TrackBack(2) | 池井戸潤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 絶対面白いよね〜、池井戸さんだもん。
 でも…既に3ヶ月以上積読状態です。なかなか図書館本が途切れなくて。ようやく少し間が空きそう…と思ったら地震騒ぎでこのところ読書量激減。

 そういえば池井戸さんを知ったのはここでした。
 ちなみに『鉄の骨』以来、ずっとサイン本を買ってるんですよ。
Posted by higeru at 2011年03月19日 00:46
higeruさんへ
お久しぶりですね!
サイン本ってどの本にもあるんですね。作家さんって足繁く本屋さん訪れてるもんなんですねか。

池井戸さんはさすがです!勧善懲悪には今回もキリキリとさせられました。
でもエンターテイメント性が今回はありましたね。私の中での池井戸さんの力作はもう「空飛ぶタイヤ」で、これを抜くものは、まだありません。
Posted by じゃじゃまま at 2011年03月25日 18:02
 どの本ということもないだろうけど、いわゆる「営業」なんでしょう。

 ちなみに『鉄の骨』と『民王』は日本橋丸善(後者はサイン会)で、これは池袋リブロで買いました。いずれも池井戸さんがブログで宣伝?してるので。

 今連載を三本読んでます。どれも面白いけど、半沢君の第三弾が勧善懲悪という点では期待大かな。
Posted by higeru at 2011年03月26日 01:05
higeruさんへ
ブログか〜〜、作品読むだけでブログチェックはしてなかった!(+o+)サイン会か〜。直接作家さん見てみたい気もします。(どのようなお顔なのか、とか(爆))

半沢君・・・忘れてますけど、池井戸さん連載ってことはそのうち本になりますもんね、楽しみです!
Posted by じゃじゃまま at 2011年04月01日 22:22
佃製作所の技術が認められるたびにぞくぞくし、佃社長が岐路に立たされるたびに、選択を間違えるなよ〜、と手に汗握りながら読みました。
いま、池井戸さん追いかけ中です。
Posted by ふらっと at 2011年08月26日 06:36
ふらっとさんへ
ハラハラしますよね。池井戸さんの勧善懲悪は本当にすっきりします!
Posted by じゃじゃまま at 2011年08月31日 21:29
なんか、久しぶりに涙が流れて震えた作品でした。
読んだ時期と自分の心理状態が合致したのかな。

空とぶ〜とこの作品しか読んだことがないので、他のも読んでみようと思いました。

いい作家さんにめぐり合えて、ほんと、幸せ♪
Posted by ゆう at 2011年09月21日 10:29
ゆうさんへ
読む時期や自分の状態って大事ですよね。
私は「空飛ぶ〜」に出てきた似たようなタイヤ脱輪事故覚えていたので、もしかしてこんなことが本当に!?って、そしてあの社長の孤軍奮闘、娘との溝とか、120%ハラハラドキドキして、興奮しました。

それに比べちゃうと、どん底まで落ちる感が、足りなかったかな、なんて。(爆)
でもこの作品も本当によかったですよね。

池井戸さんの勧善懲悪物語、本当にクセになります。(笑)
Posted by じゃじゃまま at 2011年09月22日 22:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/191269834
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

下町ロケット*池井戸潤
Excerpt: 下町ロケット(2010/11/24)池井戸 潤商品詳細を見る 「その特許がなければロケットは飛ばない――。 大田区の町工場が取得した最先端特許をめぐる、中小企業vs大企業の熱い戦い! かつて研究..
Weblog: +++ こんな一冊 +++
Tracked: 2011-08-26 06:37

下町ロケット 池井戸潤
Excerpt: かつて研究者としてロケット開発に携わっていた男が打ち上げ失敗後、親の跡を継いで会社を経営、数々の困難に立ち向かい、夢の実現へと奔走する長編。 会社が所持する特許を巡り、大企業から訴訟を起されたり、売買..
Weblog: かみさまの贈りもの〜読書日記〜
Tracked: 2011-09-21 10:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。