2006年07月08日

ギャングスター・レッスン 垣根涼介著。

≪★★★≫

「サウタージ」の前にすでに「ヒートアイランド」の続編が存在していた!
やはり途中からファンになった作家の作品は、出版順に読まないとこういうことになっちゃうのね。

う〜ん、「サウタージ」への助走的な内容?だから、どうにもこうにも乗れなかったな〜。それに垣根氏って、かなり車マニアだよね〜、ハードボイルド書く人ってみんなそうだけど、銃器も大好き。
その辺の描写にこだわってるから、たいして興味のない私にとっては、非常にどうでもいいことばかり。
車がどうとか、銃がこうだとか、そんなことよりも早いとこハラハラドキドキの駆け引き、強奪、アクションやっとくれ。

「君たちに明日はない」は好きだけど、ハードボイルド系は、垣根氏、馳星周寄りになりそうでちょっと心配。


posted by じゃじゃまま at 10:40| Comment(4) | TrackBack(4) | 垣根涼介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 確かに『ヒートアイランド』とはだいぶテイストが違いますが、私は楽しく読めました。
 車と銃に関する部分は、さすがに斜め読みでしたけど。(^^;
Posted by higeru at 2007年02月04日 17:50
higeruさんでも車と銃は斜め読みですか!?
私なんてもう、それはそれはついていけなかったですよ。(泣)どうでもいいことばかりで。(爆)
Posted by じゃじゃまま at 2007年02月04日 22:28
車と銃の薀蓄についていくのは
かなりマニアじゃないと無理ですよね。
わたしも斜め読みでした。^^;
Posted by ふらっと at 2011年06月27日 13:32
ふらっとさんへ
やっぱりそうですよね〜。(苦笑)
内容忘れてますけど、想像はつきます。(笑)
ハードボイルド作家ってみなさん好きなもの似てますよね。車、銃器、中南米??辺り。
だから書けるのか・・・。
Posted by じゃじゃまま at 2011年07月01日 22:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ギャングスターレッスン 垣根涼介
Excerpt: ギャングスター・レッスン 「ヒートアイランド」の続編ということで。 ■やぎっちょ書評 ヒートアイランドの主人公アキが、いよいよ本格的にギャングになるために柿沢と桃井の訓練を受ける。 著者は..
Weblog: "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
Tracked: 2007-01-18 17:22

ギャングスター・レッスン
Excerpt:  《アキ》 が帰ってきた! 『ヒートアイランド』の続編である。  一昨日は週末とあって早めに帰宅し、一人寂しく夕食を終え(単身赴任なのでいつものことだが)、既にパジャマに着替えた 21 時過ぎ、「猛..
Weblog: higeruの大活字読書録
Tracked: 2007-02-04 17:39

(書評)ギャングスターレッスン
Excerpt: 著者:垣根涼介 ギャングスター・レッスン価格:¥ 680(税込)発売日:2007
Weblog: たこの感想文
Tracked: 2007-03-29 08:52

ギャングスター・レッスン*垣根涼介
Excerpt: ギャングスター・レッスン(2004/06/20)垣根 涼介商品詳細を見る 渋谷時代、百人を擁するチームのヘッドだったアキは、チーム解散後、海外放浪を経て帰国。犯罪プロフェッショナルへの参加を決意する..
Weblog: +++ こんな一冊 +++
Tracked: 2011-06-27 13:35
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。