2011年10月19日

ジェノサイド 高野和明著。

≪★★★≫

『人類絶滅の可能性 アフリカに新種の生物出現』という方酷暑がアメリカ大統領の元に出された。
政府の出した結論は、<抹殺>。選ばれた兵士たちが、政府の隠された真の目的を知らずに任務に就く。
古賀研人は、急死したウイルス学の研究者の父から謎のメッセージを受け取り、生前の父に疑問を持ちながらも不治の病とされている病気の新薬開発に関わることになる。
警察から追われ、なんのための新薬なのか分からぬまま、遠い国コンゴでは大虐殺が行われようとしていた。
二つの国が、新種の生物により繋がっていく。

冒頭のメッセージを読んだ時、体中のアドレナリンが沸き起こり、期待に膨らみ、本を持つ手が震えた。まさに私の好きなジャンルだ、ど真ん中、どストライク。
ところが、私の期待とは違う方向に行ってしまった。

てっきり新種の生物が人間たちを襲って、まるで猿の惑星のように人間を支配しるのか!?
送り出された兵士たちも、新種の生物とやらに食べられてしまうのか!?
なんて物語を想像してたんだけど、新種の生物というのは、進化したヒトのことで、愚かな人間との共存を選ばず、人間を排除するんじゃないだろうか、って危惧した政府が、でっち上げのウイルス説である民族を虐殺しようとしたって話。

ここに、政府のどうしても殺したい裏切り者や、難病の子供を抱え、大金が必要な兵士やらが送り込まれ、その難病ってのが、進化したヒトの繁殖にも欠かせないもので、この新薬がキーとなって研人とコンゴを結んでいく。

そもそもは研人の父がコンゴへ調査に行ったことから始まっているんだけど、それにしても前置きが長かった。
前半部分は、後半の盛り上がりのための土台作り。バーンズアメリカ大統領の仮面の下に隠された残虐性、遠い国では民族紛争が起こり、その裏で金儲けをしている人たち。

ジェノサイドを繰り返す人類たちの愚かさが主人公だろうか。
アキリを守り、アフリカ脱出劇が一番ワクワクしたけど、でも私の期待していた物語とはまったく違った。



posted by じゃじゃまま at 16:15| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 高野和明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。