2006年09月05日

男は敵、女はもっと敵 山本幸久著。

≪★★★≫
連作短編集。どれもサクサク読めた。
高坂藍子。かなり仕事のできる女。しかも見た目も相当いいらしい。
不倫の挙句、なかなか離婚しない男へのあてつけで、どれをとっても見劣りする男と結婚する。
そして、離婚。
元夫の婚約者との再会、それまでは、あてつけで冴えない男と結婚しちゃうようなちょっと抜けてる女、というイメージが、元夫の婚約者(元々その婚約者から略奪したんだけどね)の章で、かなりいい女らしいことが分かって、章を追うごとに、なぜか高坂藍子を応援したくなってきてしまった。

藍子の昔の不倫相手や、その妻が出てきたり、誰の章であっても藍子が出てきて、どれを読んでも藍子へ思いが飛んでいく。
結局、藍子はどうなったのか。不倫相手はなんだか元妻とよりは戻さないにしてもいい感じになりそうだし、藍子だけがきっとこのままいい女ぶりながらも一人で生きていくのかな。

だけど嫌いじゃないな、藍子。ガンバレ、藍子。
男は敵、女はもっと敵男は敵、女はもっと敵
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 男は敵、女はもっと敵
[著者] 山本 幸久
[種類] 単行本
[発売日] 2006-02-23
[出版社] マガジンハウス

>>Seesaa ショッピングで買う




posted by じゃじゃまま at 13:49| Comment(8) | TrackBack(5) | 山本幸久 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TB&コメントありがとうございました。
私もTBさせていただきます。

山本さんの本にはいつもできる女性が
出てきますよね。

以前、お願いしていたらごめんなさい。
私のブログにリンクさせていただいても
よろしいでしょうか?
Posted by とも at 2006年09月05日 21:44
こんばんは。
初めまして、じゃじゃままさん。
山本さんの本は、読みやすいですね。
都会な女は、元気です。
Posted by モンガ at 2006年09月05日 23:18
どう間違っても自分は藍子みたいにはふるまえないなぁと思いつつ読みました。絶対無理です(笑)。それだけにちょっとあこがれる気持ちはあるのかも…いや、無理ですが!
Posted by chiekoa at 2006年09月06日 11:47
>ともさんへ

リンクどうぞどうぞ♪お互いしませんか?
実は、「くものす親分」の時からいいなぁ、って思ってたんですよ。(笑)
(って私はやり方が分からないので夜主人に聞いてみます)

>モンガさんへ

山本さんの本はまだ4作目なんですけど、読みやすいですよね、本当に。「幸福ロケット」が一番ですけど、好きです、山本さん。

>chiekoaさんへ

自分にはないものだから私は好きみたいなんです。友だちにいたらちょっと嫌だけど。(笑)
でも、chiekoaさんとは逆?に、私は自分と似たような女が出てくると、イライラして駄目なんですよ〜。藍子、ちっとも似てないし。
Posted by じゃじゃまま at 2006年09月07日 13:26
じゃじゃままさん、はじめまして。
おじゃまします。
そしてトラックバックもさせていただきました。

いやいや、この本について好意的な意見を書いてるブロガーさんが
こんなに少ないとは・・・(笑)。
ベタボメしているわたしとしましては、そういうところに
おじゃまするのもどうにも気が引けて、どうしようと思って
いたところにこちらにたどり着きました。

「嫌いじゃない」って、なんだかぴったりですね。
わたしはもう好きになってきましたが(^^;、最初の感想は
「嫌いじゃない」人たちのなんだかいとしいお話・・・だった気がします。

また遊びにきますねー。
砂漠のオアシスに出会った気分でした!
Posted by しろちさ at 2007年02月20日 19:08
オアシスなんて言って頂けて嬉しいです。
とはいえ、ちょっと忘れちゃってるんですけどね、この話。(苦笑)でも本当、嫌いじゃなかったんでしょうね。
でもブログで、自分と正反対の感想のところって、お邪魔しにくいですよね。べた褒めの中否定的な意見だと、なんだか自分の感覚がおかしいのかと不安になったり。
逆につまんないと圧倒的な意見のときに、正反対だと、それもまたなんか自分は子どもっぽいのかな、なんて思ったり!?(私だけでしょうか)

これからもどうぞよろしくです〜。
Posted by じゃじゃまま at 2007年02月23日 10:28
このご時世に煙草(ハイライト)を、
禁煙おかまいなしに吸う藍子。
くわえ煙草がさまになるなんて、
禁煙ブームに反して痛快です。
Posted by 藍色 at 2009年10月25日 01:09
藍色さんへ
詳細は忘れてしまっているんですけど、でも最後は藍子を応援してた自分は覚えています。
Posted by じゃじゃまま at 2009年10月29日 09:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

男は敵、女はもっと敵/山本 幸久
Excerpt: 男は敵、女はもっと敵山本 幸久 マガジンハウス 2006-02-23売り上げランキング : 118153おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools フリーの映画宣伝マン・高..
Weblog: とものブックレビュー
Tracked: 2006-09-05 21:45

男は敵、女はもっと敵  山本 幸久
Excerpt: 男は敵、女はもっと敵 山本 幸久 140 ★★★☆☆ 【男は敵、女はもっと敵】 山本幸久 著  マガジンハウス 《都会の女性は、逞しい、男は、……。》 ( 著者からの内容紹介..
Weblog: モンガの独り言 読書日記通信
Tracked: 2006-09-05 23:06

男は敵、女はもっと敵 [山本幸久]
Excerpt: 男は敵、女はもっと敵山本 幸久 マガジンハウス 2006-02-23 フリーの映画宣伝マン・高坂藍子36歳は、まさに才色兼備。長身、美貌、才覚で男をひきつけてきた、そんな藍子をめぐる、様々な人々の..
Weblog: + ChiekoaLibrary +
Tracked: 2006-09-06 11:46

男は敵、女はもっと敵
Excerpt: 著:山本幸久 大好きな山本さんの、連作小説です。 いや、この人こういうのもいいわぁと大満足。 36歳、バツ1、不倫も清算、仕事はできるけどフリーの身分、 “Aクラスの女”・・・の藍子さ..
Weblog: おこって、おこって、ないて、わらって。
Tracked: 2007-02-20 18:50

男は敵、女はもっと敵
Excerpt: 著:山本幸久 大好きな山本さんの、連作小説です。 いや、この人こういうのもいいわぁと大満足。 36歳、バツ1、不倫も清算、仕事はできるけどフリーの身分、 “Aクラスの女”・・・の藍子さ..
Weblog: おこって、おこって、ないて、わらって。
Tracked: 2007-02-20 19:38
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。