2006年09月21日

ほどけるとける 大島真寿美著。

すごく不思議なんだ。江國ワールドとはこれまた違う、ほんわかした感じ。

高校辞めた美和ちゃん。やる気なさそうで、その後のことなんて考えてない。でも別の世界があると思って高校辞めたはずなのに、辞めても世界は同じ。おじいちゃんの銭湯(スパか?)大和湯でバイトしながら、べつにぃ〜って感じで生きてる。
大和湯の常連さんの佐紀さん、年上のはずなのに、友だちになってたり、3Dみたいにぽっかり浮いてる男性好きになってたり、佐紀さんの担当編集者・君津と美和ちゃんが付き合うことになったり。

大和湯に昔からいるおばさんや業者のフジリネンのおじさん。
どれもこれも特別ではなく、どこかで美和ちゃんのような女の子やおじさんたちが生活してても全然おかしくない。

ありふれた生活風景で、なにも起こりそうもないのに、物語が終わる頃には、大きな一歩を踏み出してる。美和ちゃんがしっかりと一人の女性として成長していったのが見える、感じる。
君津と付き合ったことは、ありふれた生活風景の中でもひときわ現実的で、逆に他の人たちがファンタジックに感じてしまうほどだったけど、最初君津の存在なんて物語としてはたいしたことないと思ってのに、実は一番重要な存在だったかも、美和ちゃんにとって。

決してすべてがハッピーエンドではないけれど、美和ちゃんは若いんだ!これからだ!昔の美和ちゃんではない、今はしっかり目標を持って歩いてる!
美和ちゃんはきっと幸せを掴むために努力するだろう。出会った頃のべつに〜の美和ちゃんじゃないんだ。

不思議なお話だな。読み終わった後、なぜだか元気になったぞ。

ほどけるとけるほどけるとける
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] ほどけるとける
[著者] 大島 真寿美
[種類] 単行本
[発売日] 2006-07
[出版社] 角川書店

>>Seesaa ショッピングで買う



posted by じゃじゃまま at 09:37| Comment(12) | TrackBack(12) | 大島真寿美 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
銭湯っていうシュチュエーションがいいですよね。
大島さんが、登場人物全てに愛を注いでいるなって感じのする作品でした。
Posted by ゆう at 2007年02月18日 22:26
なんていうか、ありえそうなんですよね。美和ちゃんが付き合うことになった人、そして駄目になっちゃうこととか、フィクションなのに、でも現実でも普通こうなるよな〜、っていう部分もあって、そのくせ、美和ちゃんが友だちになった女性いたじゃないですか。普通ならそうなるかな?と思わせることでも、大島ワールドなら、自然な流れだったり。
Posted by じゃじゃまま at 2007年02月18日 23:18
じゃじゃままさん、こんばんわ
なぜだか読み終わった後元気になるんですよね〜
私も一緒でした♪
銭湯いきたいですー
Posted by musagoro at 2007年03月07日 19:13
musagoroさんへ
読み終わった後の余韻が、いいんですよね。
大島作品は、「かなしみの場所」が初めてだったんですけど、それ以来好きになったんです。
なのに!あの頃はブログなかったので、なにがどう好きになったのかさえ思い出せなくて。

残念です。(苦笑)
Posted by じゃじゃまま at 2007年03月08日 17:14
そう、読み終わったあと「なぜか」元気になるんですよね(笑)。不思議です…でも好きです、こういう世界!
Posted by chiekoa at 2007年03月25日 11:23
chiekoaさんへ
「なぜか」というところがポイントですよね。
別にメッセージ性の強いテーマがあるわけではないのに。
日常の嫌なことなんて些細なことで、そのうちいいことがあるんじゃないかって希望がなぜか持てちゃうんですよね。
Posted by じゃじゃまま at 2007年03月25日 15:45
読後感がとてもよかったのを覚えてます。
じゃじゃままさんは大島さん読破されてるんですね。
この方はもともと児童書を書いてらっしゃった方なんですか?
オススメ本を教えてくださーい♪
Posted by ユミ at 2007年07月01日 21:54
ユミさんへ
まだ読んでない作品も数冊あると思います。
タイトルだけで選んで借りてたら、児童書もあったのでちょっとびっくりしました。(笑)
記事にはないんですけど、「かなしみの場所」を最初に読んで好きになったので、いいと思います。でも悲しいかな内容忘れてます。

「香港の甘い豆腐」も爽やかですね。
「ほどけるとける」は「かなしみの場所」(内容忘れてるくせに)の次に好きです。(笑)
Posted by じゃじゃまま at 2007年07月03日 22:00
こんにちは。
この作品、むちゃくちゃ好きでした。
琴線に触れまくって共感しまくり。
なんだか日本語が怪しくなってきた(汗)
テンションあがってます!
Posted by しんちゃん at 2007年07月27日 15:21
しんちゃんへ
私も、しんちゃんのおかげでもっともっとこの作品が好きになりました。(笑)
美和ちゃんも、この日常も、どこにでもありそうなことなのに、だからこそ、読み終えた後、自分の日常も大事にしよう、と思えたんです。
Posted by じゃじゃまま at 2007年07月30日 17:48
こんばんは。
大島さん、2冊目ですがいい!
これはもう全部読まなければ!って思ってます。
周りの人たちみんな素敵でしたね。
RPGから人生を学ぶ弟、中学生らしくなくて笑いました。
Posted by なな at 2008年01月30日 22:02
ななさんへ
おお!大島ファンが誕生しましたね!お仲間!
私も大島さん大好きです。児童作家のお顔もお持ちのようで、うっかり童話のような本を借りてしまったこともありますけど、基本的には大人向けの本の方が好きです。
江國さんのような不思議なワールドなんだけど、親しみがもてるんですよね。
「哀しみの場所」もよかったし(ブログにはないですが)、でも「ほどけるとける」が現段階では一番好きです。
Posted by じゃじゃまま at 2008年01月31日 23:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

■ ほどけるとける 大島真寿美
Excerpt: ほどけるとける 大島 真寿美 角川書店 2006-07 きっかけはちょっとした人間関係のもつれですが、結局はたいした理由も、将来への展望もなく、勢いで高校を中退してしまった、18歳の美和..
Weblog: 本を読んだら・・・by ゆうき
Tracked: 2006-11-02 23:53

「ほどけるとける」大島真須美
Excerpt: 大島 真寿美 ほどけるとける  ゆうきさんのブログ を見て、読んでみたくなりました。いい本でした。  主人公の美和は、突発的に高校を中退した後、どのアルバイトも続かなかっ..
Weblog: ☆バーバママの小説大好き日記☆
Tracked: 2006-11-07 11:01

ほどけるとける(大島真寿美)
Excerpt: 久しぶりに大島さんの小説♪ SNSでコミュの管理人なんかしてるくせにこの時期まで読まなかった自分に鬱(苦笑)。 出版される前に教えていただいていたにもかかわらず、す〜っかり忘れていたのはこ..
Weblog: over the bookshelf
Tracked: 2006-11-07 12:05

ほどけるとける 大島真寿美
Excerpt: 高校を中退し、特別やりたい事は思いつかない・・・祖父が経営する銭湯でバイトする傍ら、そんなふらふらした日々を送っていた18歳の美和の物語。 投げやりでやけくそな気持ちとは少し違う、先の見えない日々へ..
Weblog: かみさまの贈りもの〜読書日記〜
Tracked: 2007-02-18 22:22

「ほどける とける」
Excerpt: ほどけるとける 大島 真寿美 題がおもしろいな マッサージによる体のこりもそうだけどマッサージ師を目指す主人公がほどいたのはそればかりじゃなくて自分自身のこころのこりもほどいたのかもなぁ..
Weblog: 柚子すき毎日
Tracked: 2007-03-07 19:15

大島真寿美【ほどけるとける】
Excerpt: 先の見通しなど何ひとつないまま高校を中退した「美和」。高校を辞めたら遊びまわろうと思っていたが、親は激怒してお小遣いをくれなくなり、遊びに行けない。友達からファミレスやキャバクラのアルバイトを紹介され..
Weblog: ぱんどら日記
Tracked: 2007-03-23 09:53

ほどけるとける [大島真寿美]
Excerpt: ほどけるとける大島 真寿美 角川書店 2006-07 高校を中退し、その後始めたバイトも長続きせず、祖父が経営する銭湯「大和湯」の手伝いをはじめた美和。そこで彼女が出会った人たちとは…。 わ..
Weblog: + ChiekoaLibrary +
Tracked: 2007-03-25 11:22

『ほどけるとける』大島真寿美
Excerpt: 『ほどけるとける』 大島真寿美・著 角川書店 2006 「平和になりたくて」高校を中退した美和は、祖父の経営する銭湯でバイトをして日々を過ごしている。将来に夢もなく、高校を辞めても想像していた..
Weblog: potatosalad
Tracked: 2007-03-25 12:54

ほどけるとける
Excerpt: 大島 真寿美 単行本: 175ページ 出版社: 角川書店 (2006/07) ISBN-13: 978-4048736961 ASIN: 4048736965 だいぶ短..
Weblog: ほんさえあれば
Tracked: 2007-07-01 21:51

「ほどけるとける」大島真寿美
Excerpt: ほどけるとける大島 真寿美 (2006/07)角川書店 この商品の詳細を見る 高校を発作的に中退し、バイトも長続きせず、祖父が経営する銭湯・大和湯を手伝う美和。 常連客の佐紀さんとの交流や、君津..
Weblog: しんちゃんの買い物帳
Tracked: 2007-07-27 15:17

「ほどけるとける」大島真寿美
Excerpt: ほどけるとける 大島 真寿美 JUGEMテーマ:読書 高校を突発的に中退し、バイトも長続きしない美和。祖父が経営する銭湯を手伝う美和が常連客との交流や淡い恋を経て、夢を見いだしていく。 ..
Weblog: ナナメモ
Tracked: 2008-01-30 22:02

ほどけるとける   大島 真寿美
Excerpt: ほどけるとける 大島 真寿美 JUGEMテーマ:読書  08−068 ★★★☆☆  【ほどけるとける】 大島 真寿美 著  角川書店  《ふっとしてやさしく…》  内容(「..
Weblog: モンガの独り言 読書日記通信
Tracked: 2008-05-11 07:46
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。