2006年09月30日

金融探偵 池井戸潤著。

元行員だけあっての、金融もの。
今回は、行員が不正を暴くのとは少し趣を変えて、リストラされた(これはよくあるか)大原次郎が、ハローワークに通いながらも、次々と舞い込んできたり巻き込まれる事件を解決していく、というもの。

男性作家って3通りあるのかな。
とてつもなくロマンチストか、かなりいっちゃって狂犬っぽさを感じさせるか、マジメか。それがすべてじゃないけど、池井戸氏はまさしくマジメ派。
わりと硬いんだけど、でも読みにくくない。
ま、短編すべてが池井戸氏の得意とするところの企業の粉飾や行員の不正といったお話なんだけど、「眼」は、角膜移植を受けた青年が、角膜を提供してくれた男性の最期の映像をきっかけにある事件に遭遇するといった異色といえば異色。
ちょっとウルッと来たけど。

「誰のノート?」と「藤村の家計簿」も美術にまで話が及んで、これもちょっと意外だった。
手帳の中身をくどくどと説明されなかったことが救い。行員でもなんでもなかった私に、支出のことくどくど書かれても、困っちゃうよ。さらっとそこんとこ流して、さっさと島村藤村の名前出してくれたのには、正直ホッとした。

硬そうな内容のわりに、読みやすかったのでサラッと読めて息抜きになりました。


posted by じゃじゃまま at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 池井戸潤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24684527
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。