2012年05月17日

花咲小路四丁目の聖人 小路幸也著。

《★★★★》


寂れる一方の花咲小路商店街。この町で英語塾をしている亜弥は、日本人に帰化した英国人の父と二人暮らし。亜弥の父親は、なんと英国中を騒がせた伝説の泥棒で、亜弥の母親や日本を愛するあまりこの地で暮らしている。亜弥に恋する<白銀皮革店>の跡取り息子克己や、その親友で引きもこもりの電気店の跡取り北斗らと、この町を狙う陰謀から商店街を守るため、父とその仲間たちが結託するハートウォーミングで痛快な物語。

どこかやっぱり《バンドワゴン》の香りがするけど、なんかほのぼのしてるんだよね〜。
町を狙う陰謀で、商店街の人々が浮気や不倫騒動に巻き込まれるんだけど、生臭くささなんてなくて、小路氏っぽい温かさがにじみ出てる。
で、詳細は知らされないまま、お父さんがどんどん解決していっちゃう。
なんといっても伝説の大泥棒なんだから。

そして、亜弥と克己の恋の行方もにんまりしてしまう。

町の乗っ取りを阻止したお父さんだけど、どうやったって疑いの目はいくし、それがあっさりと外されたのができすぎな気もするけどね。
だってイギリスでは伝説の大泥棒で、しばらく行方が分からなくなっていて、それが急に日本で盗まれた美術品が出てきたら、しかもどっかの地方都市の商店街でだよ??
その町に住んでる英国人=伝説の大泥棒になるのは当然で、それが丸く収まっちゃうなんてやっぱできすぎだよね。

だけど、なんていうか、このほのぼの温かいところがいいんだろうな〜。

お父さんが子供たちに配るドーナツが無性に食べたくなった。



posted by じゃじゃまま at 22:33| 神奈川 ☀| Comment(3) | TrackBack(1) | 小路幸也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。苗坊と申します。
ななさん、ゆうさん、花さんなどのブログでお名前を拝見しておりました。
TBさせていただきました。
小路さんの作品は大好きで新刊が出る度に読んでいます。きっとハッピーエンドだろうとそれだけは分かっているので、気分が落ち込んでいる時や癒されたいときに読みたいなと思います。
この作品も良かったです。
亜弥と克己の恋模様に私もにやりとしてしまいました。
ご都合主義だなと思うときもありますが小路さんの作品ですと許せてしまいます。
Posted by 苗坊 at 2012年05月18日 23:02
おはようございます。
読んでる私が「ばれるって、お父さんが大泥棒だってばれちゃうって!」ってなんだかドキドキしちゃいました。
物語の中では誰も気がつかないんですけどね。
でも、それが小路さんの小説のよさなんでしょうね。
Posted by なな at 2012年05月19日 07:42
苗坊さんへ
はじめまして。私も苗坊さんのお名前はそこかしこで?拝見していました。
よろしくお願いしますね。
小路さんの作品には本当の悪人がいないのでほっとします。

どうもTBがうまくいかないようですね。(涙)

ななさんへ
絶対にばれちゃいますよね〜。っていうか、実はたくさんの味方やお仲間がいて、みんな知ってたりして、なんて思っちゃいましたが。
二人のハッピーエンドはよかったですね。
Posted by じゃじゃまま at 2012年05月25日 22:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「花咲小路四丁目の聖人」小路幸也
Excerpt: JUGEMテーマ:読書 その昔、イギリス中の美術品や金品を上流階級から盗み、現場には“saint”と刺繍された手袋を片方残すのみで決して捕まらなかった世紀の大泥棒。そんな「泥棒紳士」が実は日本に..
Weblog: ナナメモ
Tracked: 2012-05-19 07:43
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。