2012年07月29日

真夏の方程式 東野圭吾著。

《★★★》


どうも私はガリレオとは相性が悪い。
海底調査のためにとある海辺の町にやって来た湯川。行く途中の列車の中で、両親が多忙のため夏休みの間親戚の家に預けられる少年と出会う。少年の親戚が旅館を経営していることを知った湯川は、そこに泊まることにするが、その旅館の娘、成実は自然保護活動家で、今回湯川に依頼してきた企業とは敵対していた。
企業の説明会で、成実は見知らぬ紳士から親しみのこもった会釈され戸惑う。その紳士も成実の旅館の宿泊客で、説明会の翌日、岩場に落ち事故死した。

これは事故死なのか。
紳士の正体は塚原という定年退職した元警察官。地元の警察は事故死としたが、これが単なる事故死ではないことに気付いた後輩の警視庁の管理官は、草薙に湯川と共に捜査するよう依頼する。
塚原の足取りを追ううちに、塚原の行動の裏にはかつて逮捕した仙波の事件が関与していることが判明し、湯川は、決着を誤ればある人の人生が取り返しのつかないことになる、と草薙に告げる。

またしても東野氏にはやられた感じ。こんなにも人と人の思いのつまった事件だなんて。
ただどうもガリレオとは相性が悪いのか、中盤まで全然気分が乗らなかった。

そもそも、事件に関与していた人々。湯川は気付いたようだけど、どうしてそこで気付けちゃうのかまったく分からない。
湯川はどんな方程式でたどり着いたのか。
読んでいる限り不審な点はなかったけど、きっとたくさんの伏線があったんだろうな。
人を殺した人が、その後十数年も普通の生活ができてしまうことが分からないね〜。普通に学校に通い、なにも知らない父親と普通に暮らし、普通に人と会話しているなんて。なんにも良心の呵責ってないんだろうか。
自然保護活動して贖罪のつもりなのかもしれないけど、これは気付けないよね〜。

守ってもらっただけの成実には不満が残る。仙波も犯してもいない罪を被り、塚原にいたってはなぜ殺害されなければならなかったのか。
成実の父、重治や甥である少年の心を思うと非常に切なく、事件もやり切れず、気持ちのはけ口のない物語であった。

posted by じゃじゃまま at 11:52| 神奈川 ☀| Comment(5) | TrackBack(4) | 東野圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ガリレオシリーズ。
ドラマがなかったらもっと感情移入できたのかなぁ、なんて思ったりもしてしまいます。
単にわたしが福山ファンではないからかしら…。
ドラマのキャラクターの湯川先生にしては、ものすご〜く深い愛にあふれていましたよね。
Posted by ふらっと at 2012年07月29日 14:31
湯川は気付いたようだけど…

そう、湯川は気づいちゃうんですよねぇ。
なんでわかるんだろう?
読んでて不思議なところは何もなかったのに。
おなじく気持ちのおさまりどころがありませんでした。
Posted by じゅずじ at 2012年07月29日 20:07
ふらっとさんへ
私は元々ガリレオシリーズは相性よくないんですけど、確かに福山さんのイメージではないですよね。しかも女性刑事いなかったのに、いつの間にかいるし。容疑者〜のときからいましたっけね??

じゅずじさんへ
そうなんですよね〜。不思議なところや不審なところもなかったのに。
なんの落ち度もなく悪意もなかった人があれじゃ報われませんよね。
Posted by じゃじゃまま at 2012年07月29日 22:11
こんばんは。
じゃじゃままさんの言うとおり、何だか煮えきれない作品でした・・・

えっっ!?そんな感じ(苦笑)

でも、最近は、東野さんの作品を読んでないので、久しぶりによみたいですね。
Posted by ゆう at 2012年07月31日 19:35
ゆうさんへ
ゆうさんはずいぶん前に読み終えてたんですよね。
なんだか、それでいいの!?って感じですよね、本当に。
塚原さんは殺され損だし、旅館のお父さんの本心も分からずじまいで。
「マスカレード・ホテル」は面白かったです。
Posted by じゃじゃまま at 2012年08月06日 15:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

真夏の方程式*東野圭吾
Excerpt: 真夏の方程式(2011/06/06)東野 圭吾商品詳細を見る 夏休みを伯母一家が経営する旅館で過ごすことになった少年・恭平。仕事で訪れた湯川も、その宿に滞在することを決めた。翌朝、もう一人の宿泊客が..
Weblog: +++ こんな一冊 +++
Tracked: 2012-07-29 14:32

【真夏の方程式】(東野圭吾)を読了!
Excerpt: ものごとには全て原因があれば、要因もある・・・  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】夏休みを伯母一家が経営する旅館で過ごすことになった少年・恭平。仕事で訪れた湯川も、..
Weblog: じゅずじの旦那
Tracked: 2012-07-29 20:01

真夏の方程式 東野圭吾
Excerpt: 美しい海辺の町の民宿で夏休みを過ごすことになった少年。伯母一家経営するその民宿の泊り客が、事故で亡くなってしまう。本当に事故なのか?同じ泊り客である科学者・湯川が不可解な事件の謎に迫るミステリー。 美..
Weblog: かみさまの贈りもの〜読書日記〜
Tracked: 2012-07-31 19:36

【本】真夏の方程式/東野圭吾
Excerpt: 真夏の方程式東野 圭吾 文藝春秋 2011-06-06by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) 夏休みを伯母一家が経営する旅館で過ごすことになった少年・恭平。仕事で訪れ..
Weblog: しょ〜との ほそボソッ…日記…
Tracked: 2012-10-25 10:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。