2006年11月27日

終末のフール 伊坂幸太郎著。

世界が終わるまであと3年。5年前にそう宣言された。小惑星が衝突するらしい。残された3年、仙台北部の丘に建てられた団地「ヒルズタウン」の人々の姿を通して描いている。
ところどころに出てくる映画のタイトルが嬉しい。「キャプテンスーパーマーケット」なんて普通出てこないよ。(笑)

妙に心温まったり、悲しくなったり、辛くなったり。でも全体を通して、やはり温かい。一時期は、無差別にいろんな人が殺されたそうだ。絶望でパニックになり自暴自棄になった人たちが、苛立ち、暴徒と化すことによって紛らわせていたんだろうな、恐怖を。
「ヒルズタウン」の人々の身内も、缶ジュースを買いに行って撲殺されたり、自殺しちゃってたり、すごく悲しいはずなのに、悲しんでるよりも、終わりを分かっているのにそれでも生きなくちゃいけない方が辛いのかな、と思わせる。
世界の終わりを宣言されてからの5年間がどんなものだったのか、そのパニックの中生き延びられたことの方が不思議に感じてしまえる。

物語は、その5年間は回想の中で、そんなだった、と語られるだけで、あと3年生きていられる、生きなくちゃいけない人々の物語。

ずっと絶縁状態だった親子、ずっと子どもができなかった夫婦、妹の敵を討とうとする兄弟、あと3年で恋をしたいと思う女性、強くなりたいと思う少年、自殺する前に旧友に会う青年、家族ごっこをする家族を亡くした人々、ビデオ屋さんの家族、それぞれがなんだか温かいんだよね。世界は終わるのに、最後に家族円満だったり、本当は後味悪いはずなのに、もし世界が終わるなら、やっぱり平和で終わりたいな、家族でいたいな。

土屋さんの気持ち、家族で一緒に最期を向かえられるのが幸せなんだよ、って、そうだ、これが、終わるのに前向きでよかったんだよね。
伊坂作品は初めてだけど、どうですかね?いい作家さんですかね?



posted by じゃじゃまま at 22:17| Comment(10) | TrackBack(7) | 伊坂幸太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、じゃじゃままさん。
2年がすぎて、あと3年、こんなにゆったりしているんだろうか、パニックに陥ってめちゃくちゃな社会になってしまっていないのだろうか。いざとなれば、人間は賢くなれるのだろうか。そんな気持ちで読んでいました。
伊坂作品は洒落た会話・文章が特徴なようです。
「ラッシュライフ」は読んで巧いと思いました。
伊坂ファンは多いですね。
Posted by モンガ at 2006年11月27日 22:55
じゃじゃままさん。おはようございます。モンガさん同様、ラッシュライフはオススメですよ!
個人的には、この作品のほうが好みですが(笑)
Posted by ゆう at 2006年11月28日 08:51
モンガさんへ
確かに伊坂ファンは多いように感じました。でも今まで全然知らなかった。またリストが増えて嬉しいやら焦るやら。(苦笑)
あと3年、諦めの境地なんでしょうか。

ゆうさんへ
伊坂作品初めてで、どんなジャンルなのかもさっぱりなのですが、「ラッシュライフ」読んでみますね。
Posted by じゃじゃまま at 2006年11月28日 09:02
私は伊坂さんの本は苦手でダメなんです。
最初に読んだ本が合わなくて。
『終末のフール』『ラッシュライフ』
何となくおもしろそうだから、読んでみよ
うかな〜
Posted by とも at 2006年11月28日 14:44
伊坂さんは、しゃれた文体、口調が特徴。
また、個性的は人が登場します。それも魅力の一つです。
でも、好き嫌いに分かれる作家さんのようですね。
私は、好きですよ。
Posted by at 2006年11月28日 21:51
こんばんは。

シンシンと寂しくて、だけど温かい。
素敵な物語でしたよね。

初伊坂さんだったんですね。
私も伊坂さん大好きです。
なんとなくもったいなくて初期の作品
残してたりします(笑)
Posted by なな at 2006年11月28日 22:19
終末の世界という設定なのに、不思議と穏やかな雰囲気が漂ってましたね。
諦めと絶望の中でも、それぞれに生き方を模索する姿が印象的でした。

私、伊坂さん大好きなんですよ〜
モンガさんのおススメされている「ラッシュライフ」の他にも、「チルドレン」なども好きです(記事にはしてないんですけど…))
Posted by エビノート at 2006年11月28日 23:04
ともさんへ
伊坂作品駄目ですか。でもそういう作家さんがいるのって分かる気がします。
私にとってまだ伊坂氏は未知数で好きになれるか駄目なのか判断できません。
ところで、ともさんでしたっけ?以前「ミッケ」の話していたの。

花さんへ
本当にファンの多い作家さんですよね。まだ未知数なんですけど、決して嫌いではないんですよね。まだまだ伊坂氏の魅力を充分に満喫していないので、読んでみます。

ななさんへ
シンシンと寂しいんですよね!そうなんですよ。
もったいなくて残しておく、って分かります。ななさんは、好きなものを最後まで取っておいて食べる方ですか?(笑)

エビノートさんへ
すごく寂しい結末で絶望的な未来しかないのに、それでも登場人物が前向きだったり、幸せだったりして、だからこちらまで温かい気持ちになってしまって、本当不思議ですよね。
Posted by じゃじゃまま at 2006年11月30日 07:27
そうそう、「ミッケ」私です。
なぜ??
Posted by とも at 2006年12月01日 10:11
ああ、やっぱりそうでしたか!
子どもの学校で今「ミッケ」が大人気で、うちもせがまれて買ったんですね。後から「あ!もしかしてこれがあの『ミッケ』??」と気付いて。で、ともさんだったと思って、ブログ遡ったんですけど、見つけられなくて・・・聞いてみました。(笑)
すごくハマりますね!!うちが持っていた「文明の迷路」とか「どこどこどこ」よりももっとセンスがいいです。
Posted by じゃじゃまま at 2006年12月01日 17:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

終末のフール  伊坂 幸太郎
Excerpt: 終末のフール 伊坂 幸太郎  275 ★★★☆☆  【終末のフール】 伊坂 幸太郎 著  集英社  《「終末のフール」のフールって、(fool)愚か者って意味なの?》  出版社 ..
Weblog: モンガの独り言 読書日記通信
Tracked: 2006-11-27 22:45

終末のフール 伊坂幸太郎
Excerpt: 3年後に、小惑星が地球に衝突、世界が滅亡する・・・そんな事実を抱えながら生きている人々の人間模様を描く連作短編8編。 想像がつきそうでつかない「世界滅亡の日」。 もし、自分がそんな状況におかれたら..
Weblog: かみさまの贈りもの??読書日記??
Tracked: 2006-11-28 08:52

● 終末のフール 伊坂幸太郎
Excerpt: 終末のフール伊坂 幸太郎 集英社 2006-03by G-Tools , 2006/05/13 「じたばたして、足掻いて、もがいて。生き残るのってそういうのだよ、きっとさ」この本は大好..
Weblog: 本を読んだら・・・by ゆうき
Tracked: 2006-11-28 16:08

終末のフール
Excerpt: 終末のフール 伊坂幸太郎  集英社  2006年3月 「8年後に小惑星が落ちてきて地球が滅亡する」と発表されて5年後、パニックがひとまず小康状態となった時に、人々はどう行動す..
Weblog: <花>の本と映画の感想
Tracked: 2006-11-28 21:42

「終末のフール」伊坂幸太郎
Excerpt: 終末のフール 伊坂 幸太郎 「8年後に小惑星が落ちてきて地球が滅亡する」そんな発表から5年。発表直後からの略奪や殺人、自殺などの大混乱が収まり、奇妙な穏やかさを取り戻す。「その日」まで..
Weblog: ナナメモ
Tracked: 2006-11-28 22:19

終末のフール 〔伊坂幸太郎〕
Excerpt: 「あと3年で世界が終わるなら、何をしますか?」 という本の紹介に出てきた言葉、本を開く前にしみじみと考えてしまいました。 地球が滅亡すると分かったら、私ならどんな行動に出るんだろう? 世を儚んで..
Weblog: まったり読書日記
Tracked: 2006-11-28 22:57

「終末のフール」伊坂幸太郎
Excerpt: 終末のフール伊坂 幸太郎 (2006/03)集英社 この商品の詳細を見る 感想が溜まっているので頑張っちゃいました。本日3冊目のUPです。 8年後に小惑星が衝突し、地球が滅亡すると発表さ..
Weblog: しんちゃんの買い物帳
Tracked: 2007-06-08 09:25
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。