2012年10月07日

夢より短い旅の果て 柴田よしき著。

《★★☆》


西神奈川大学鉄道旅同好会。ここへ入るために、四十九院香澄は、射程圏内の東大京大へは進学せず、親を納得させるためお嬢様大学に進学した。
そこは、西神奈川大学鉄道旅同好会と交流があるから。
そして晴れて同好会員となった香澄だが、彼女にはどうしてもそこに入りたい、入らなければならない理由があったのだ。

柴田氏は野球やら鉄道やら好きなことがたくさんあり、それをテーマにさぞや満足なんだろうな。
なんてちょっと感じ悪い書き方だけど、作者の意図したようには鉄道に魅力は感じなかった。

それよりも叔父が失踪した、その事件の行方の方が気になる。
数年前、叔父である高之が忽然と消えた。家族の必死の捜索にも関わらず消息不明のまま。
恋人との別れが原因なのか。
その恋人も、実は高之から別れを告げられ、高之にはどうしても忘れられない人がいるらしい、叶わぬ恋らしいと聞かされる。
一体相手は誰なのか。

結局真相は分からないまま。鉄道の魅力も私には分からないまま。
どうでもいいから、高之の事件の顛末をどうにかして欲しい。
そして、いろんな小説を書くのもいいけど、書きかけになっているシリーズもどうにかして欲しい。

posted by じゃじゃまま at 20:51| 神奈川 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 柴田よしき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>いろんな小説を書くのもいいけど、書きかけになっているシリーズもどうにかして欲しい。

これはもう、苦笑するしかないですねぇ。
一生のうちに終わるでしょうか。

叔父の叶わぬ恋の相手、一瞬、香澄?と思ってしまったけれど、そううまくはいかないでしょうか。^^;
Posted by ふらっと at 2012年10月07日 21:20
ふらっとさんへ
ああ、私も一瞬香澄??って思いました。
でも叔父さんの失踪当時の香澄の年齢を思うと、ちょっと無理があるのかな〜って。

叔父さんの真相知りたいですよね。これもこのまま??(苦笑)
Posted by じゃじゃまま at 2012年10月13日 10:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/296220476
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

夢より短い旅の果て*柴田よしき
Excerpt: 夢より短い旅の果て(2012/06/30)柴田 よしき商品詳細を見る 四十九院(つるしいん)香澄は“その道では有名な”鉄道旅同好会に入会した。鉄道に興味はなかったが、彼女には同好会に絶対に入らなけれ..
Weblog: +++ こんな一冊 +++
Tracked: 2012-10-07 21:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。