2012年10月19日

三匹のおっさんふたたび 有川浩著。

《★★★★》


ふたたび、三匹のおっさん現る。
町内の悪、諸問題を解決、退治していく痛快活劇!?
前作「三匹のおっさん」は、★は四つにしておきながらも、実はちょっと消化不良な印象で。
今回の★四つは文句なしの四つ!四つ半でもいいくらい。

分かった!分かった!
有川氏といえばベタ甘が当たり前で、それがおっさん主役だったんで物足りなかったんだよね。それで戸惑っちゃったってのが本音で。
今作は、そういうもんだ、と思ってたんで正真正銘満足。

「第一話」 キヨの長男の嫁である貴子が近所の肉屋でパートを始めたが、お嬢様育ちの貴子にはどうもしっくりなじめない職場で・・・。なにやらうまきいってない様子だけど、おっさんたちの出番はなく見守るしかない。パートのボスに毎回怒られ、陰口を叩かれても貴子には貴子の意地がある。
まさか自分の息子の彼女とは知らずに、早苗の優しさにも触れ、大人になった貴子であった。

「第二話」 重雄は行きつけの書店で万引き犯に遭遇した。中学生らしい風貌の犯人で、聞けば万引きの被害には悩まされているという。
が、店長の願いは、万引き犯を捕まえることよりも、万引きを思いとどまらせて諦めて帰ってくれる方がいい、その思いに三人は虚をつかれた。店長のその懐の大きさ。
ところがとんでもない母娘の登場で、やっぱり悪は摘み取らねば、と三人+祐希が立ち上がる。
痛快だったね〜。できれば計画的な少年たちは警察に突き出して欲しかったけど。三人のうち一人しか漫画買いに来なくて、残りの二人は給料返せ!と不満が残ったね。

「第三話」 早苗と祐希が珍しく喧嘩した。これは早苗のイライラやストレスが原因なんだけど、祐希には訳が分からない。実は、裏には早苗の父、則夫の見合いがあったのだ。
早苗は今までもこれからもずっと父といるつもりだった。だけど周りがそれをよしとしない。伯母に「そろそろ大人になりなさい」と言われれば、「お父さんの幸せも考えなさい。あなただっていつかは・・・」なんて言われたら見合いを応援しなくちゃいけないじゃんね。ちょっと私もあの伯母さん苦手かも。
でもやっぱり理解力のある彼氏を持つと、それがまた父の幼馴染みの孫なら話は早いわけで。お父さんと早苗は相思相愛なんだよね。

「第四話」 最近の若者と、老人のマナー合戦。
嘱託先のアミューズメントパークでごみを散らかしている中学生を注意した清一。その腹いせかわざとゴミがばら撒かれている事件が起こった。果たして三匹の張り込みが始まった。
いるわいるわ、関係のないゴミを持ち込む人々が。そして若者だけでなく、なんの疑問もなく人の敷地にゴミを捨てる老人も発見して、清一たちはやるせない気持ちになる。
本当にいそうで、私もげんなりしてしまった。

「第五話」 重雄の息子、康生は今はなくなってしまった祭を自分たちの手で祭を復活させたいと願い、三匹のおっさんたちの協力も得て、商店街で祭を復活させることになったのだが・・・。
お祭って、行って楽しむのは簡単だけど、祭を行うっていうのは町の一大事なんだな。町内会長の妨害があったりしてなかなか寄進が集まらない。
しかも寄進は拒否するくせに、祭には来るちゃっかりさ。あまりにも現実的で、どうにも後味が悪かった。
せめて小説の中だけでもあの町内会長やマンション住民に渇入れて欲しかったね〜。

「第六話」 偽者の三匹のおっさん現る!!
ただ目上という意味のない権威を振り回してずれた正義を振り回すだけで、はた迷惑な三人組。ところが放火を発見したという功績が、ますます彼らを調子に乗らせていく。
そして調子に乗らせた原因は、清一の妻芳江への初恋の思い出と清一への嫉妬が絡んでいた・・・とは芳江はまったく気付かない。
でも所詮偽者は偽者らしくやっぱりメッキは剥がれる。

「好きだよと言えずに初恋は、」 ああ、やっぱり!「植物図鑑」の日下部君だね!
そうか、そうか、日下部君か。これは日下部君の小学校時代の話?
それにしても女子のいじめは嫉妬が絡むといやらしいね!
posted by じゃじゃまま at 23:40| 神奈川 ☀| Comment(4) | TrackBack(2) | 有川浩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
偽物が現れたおかげで、なおさら本物の三匹のおっさんのカッコよさが引き立ちましたね〜。
たしかに生ぬるいんじゃない?と思うところもあったけれど
大人の措置とも言えるかもしれませんね。
ちょっぴり現代社会への警鐘も?
Posted by ふらっと at 2012年10月20日 06:20
ふらっとさんへ
偽者憎らしかったですけどね。(笑)
せめて小説の中だけでもビシッと三匹にしめて欲しかったですけどね。
でも面白かったです。
Posted by じゃじゃまま at 2012年10月27日 00:34
こんばんは。
お返事遅くなってすみませんでした。

そうそう。
このシリーズはべた甘じゃなくて背筋がピンと伸びたおっさんたちの物語。爽快ですよね。
Posted by なな at 2012年11月01日 22:08
ななさんへ
私も遅くなりました。最近なかなか本も読めなくて。(号泣)

ベタ甘じゃないことにようやく慣れて、面白く読むことができました。
Posted by じゃじゃまま at 2012年11月09日 16:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/298162842
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

三匹のおっさん ふたたび*有川浩
Excerpt: 三匹のおっさん ふたたび(2012/03/28)有川 浩商品詳細を見る 剣道の達人・キヨ、柔道の達人・シゲ、機械をいじらせたら右に出る者なしのノリ。「還暦ぐらいでジジイの箱に蹴り込まれてたまるか!」..
Weblog: +++ こんな一冊 +++
Tracked: 2012-10-20 06:21

「三匹のおっさん ふたたび」有川浩
Excerpt: JUGEMテーマ:読書 剣道の達人・キヨ、柔道の達人・シゲ、機械をいじらせたら右に出る者なしのノリ。「還暦ぐらいでジジイの箱に蹴り込まれてたまるか!」と、ご近所の悪を斬るあの三人が帰ってきた! ..
Weblog: ナナメモ
Tracked: 2012-11-01 22:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。