2007年03月30日

宙の家(ソラノイエ) 大島真寿美著。

大島氏の作品らしくないといえばそうなのかもしれない。大島さんの作品には、いつも不思議な優しさが溢れていて、「宙の家」は最初それがないように感じたから。
地上11階に住む雛子の家は、単身赴任で不在の父、理一、その母である祖母萩乃、姑と同居という形で母、圭以子、そして弟、真人で形成されている。

ある日萩乃が通信不能な状態になり(ボケという)、母が騒ぎ出す。そしてそれをヒステリックな状態と位置づけ、雛子だっておばあちゃんの様子がどこかおかしいと気付いていながら、なにも行動は起こさない。私は母、圭以子の心配も背負ってしまうであろう重荷も分かるから、雛子の態度は好きになれなかった。決して。それが大島作品では珍しいことなんだ。主人公の女の子をこんなに嫌いになるなんて。
萩乃を失ってからの家族は、ある意味大島ワールドというか、ようやく温かみを帯びてきたかも。

萩乃の着物の袂に入れてあった鋏と時計。その意味に雛子が気付き、真人と一緒に行動を起こす辺り。そして外側から応援するいとこの良一。

「空気」は「宙の家」の後日談。ここには萩乃がいなくなってから眠った状態だった雛子が起き出すまで、真人の親友のフミマルの兄、波貴をまじえて再生するお話。大島ワールドがまた輝きだした作品だけど、波貴だけは異端な存在と感じた。
その他はみんな大島ワールドの住民。確かに。
私はこの話を雛子と波貴の物語というよりも、雛子と真人と良一、そしてフミマルの物語だと位置づけたい。

「宙の家」も確かに読み終えた後、雛子が少しだけ成長していた。やはり大島ワールド健在!
posted by じゃじゃまま at 13:49| Comment(6) | TrackBack(3) | 大島真寿美 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この世界観…やっぱり独特ですよね。この作品を読んだのはもうだいぶ前になってしまったので、また再読したいです!
Posted by chiekoa at 2007年03月30日 19:00
さすが大島さんですよね。おばあちゃんが通信不能になったことも普通ならドヨンと重い家族像になるのに、そこに重きを置いてないんですね。
透き通ってる感じがするんですよね。
Posted by じゃじゃまま at 2007年03月30日 22:49
読んでいる間中
自分がどんどん透き通って浮かんでいくような心地でした。
軽くも明るくもない物語なのに
ほんとうにこの世界観は独特なものでした。
Posted by ふらっと at 2007年03月31日 08:41
大島さんの作品は、普通ならどん底といえることでもどこかふんわりしていて、まさに透き通ってるんですよね。
大島作品の特徴かもしれないですね。なかなか書けないですよね。
私なら(もちろん書けないですが)果てしなく重いものになりそうです。
Posted by じゃじゃまま at 2007年03月31日 18:33
こんばんは。
痴呆という重いテーマでありながら、雛子とおばあちゃんの通信(カタカナ)には笑いです。
こういった可愛らしさは大島さんらしいですね。個人的には「空気」の方が好きでしたけど。

Posted by しんちゃん at 2008年05月25日 22:31
しんちゃんへ
私も「空気」の方が好きでした〜。
細かいところは忘れちゃってますが、大島さんらしい人々が出てきて。
Posted by じゃじゃまま at 2008年05月27日 23:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

宙の家 [大島真寿美]
Excerpt: 宙(ソラ)の家大島 真寿美 集英社 1992-11 マンションの1105室に住む雛子たち一家。父の理一は単身赴任。母・圭以子、弟・真人、祖母・萩乃と暮らす日々に、ある日変化が…。 第15回す..
Weblog: + ChiekoaLibrary +
Tracked: 2007-03-30 18:59

宙の家(ソラノイエ)*大島真寿美
Excerpt: ☆☆☆・・  文學界新人賞受賞ですっきりデビュー。  大島真寿美心からのファースト!  冬。  しずかに進む萩乃おばあちゃんの死。  夏。  ゆっくり溶けはじめる波貴くんの心の..
Weblog: +++ こんな一冊 +++
Tracked: 2007-03-31 08:42

「宙の家」大島真寿美
Excerpt: 宙(ソラ)の家 (角川文庫)(2006/12/22)大島 真寿美商品詳細を見る 一刻も早く家に帰って眠りたい。女子高に通う雛子は、学校にいるといつもそう思う...
Weblog: しんちゃんの買い物帳
Tracked: 2008-05-25 22:23
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。