2013年11月13日

けさくしゃ 畠中恵著。

《★★★☆》


お江戸に住む、狂歌好きの旗本の殿様が町人にそそのかされ?おだてられ?戯作者となり、町や身の回りで起こる珍事件やら騒動を、話に喩えながら解決していく。

歌舞伎が下敷きになって小難しいのかなってちょっと腰が引けてたけど、まったくそんな心配は無用だった。
武士とはいえ、あんまり儲かってなさそうな小普晋の殿様で、話作りがとっても得意。
版元の山青堂や老舗版元の桂堂、種彦よりももっと偉い殿様の伊織殿や奥方の直子さま、おお、種彦さんの大好きな奥方、勝子さま、中間の善太などなど、種彦の周りで起こる珍事件を、得意の戯作でひょいひょい解決していくのが面白い。

話の前に挟まれる、江戸時代の出版に関する豆知識も面白いし、その後の物語にすっと入っていける。

その昔は、あまり人気が出過ぎる戯作者っていうのも大変だったんだね。
「戯作の六 明日が知れぬ世であれば」では、種彦の作った本が人気役者のおかげで売れたが、役者が事故死してしまった。ところが、次の芝居で、戯作者と役者の三角関係が原因で殺されたという芝居がかかり、芝居なのに、種彦に疑いがかけられてしまう。

結局は売れてしまった種彦への嫉妬からだったけど、種彦は巻き込まれただけなのに、それでもその昔の江戸という時代では、世を混乱に巻き込んだ一因も種彦にもあり、と見なされお咎めを受ける・・・ようなこともあったようなのだ。

そういうとばっちりが当たり前なこととしてお咎めを受けていたんだね〜。

もちろん種彦は、お仲間の助けもあり無事解決したけど。

しかも実在の人物。畠中氏はさすがだな、無知な私を楽しませてくれて。
これ、新たなシリーズになるかな。それにしてもいつも殿様は病弱だね〜。



posted by じゃじゃまま at 21:56| 神奈川 | Comment(2) | TrackBack(0) | 畠中恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
畠中さん、目のつけどころが素晴らしいですね。
シリーズ化されて、主人公の人となりがもう少し練りこまれてくると、もっと思い入れが深くなりそうな気がします。
Posted by ふらっと at 2013年11月14日 07:25
ふらっとさんへ
畠中さんって歌舞伎がお好きなんでしたっけ?
私てっきり歌舞伎ベースにしたお話かと思ってびびってましたが、よかった。

病弱なお殿様好きですよね〜。
Posted by じゃじゃまま at 2013年11月18日 08:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。