2013年12月12日

64 横山秀夫著。

《★★★》


昭和64年に起きた未解決の誘拐事件。
警務部と刑事部の全面戦争が起こり、広報官である三上は未解決事件に隠された秘密の中に巻き込まれていく。それはD県警を揺るがす大スキャンダルであった。
刑事であり続ける限り広報官としての居場所がなく、広報官であるから刑事にも戻れない三上は、自分の娘が失踪するという状況にありながら、一体物語はどの方向に行くのか。

待ちに待った長編小説だったけど、大半を、娘の失踪と警務部と刑事部の醜い争いに費やし、それが未解決事件とどう繋がるのか予測がつかなくて、非常に翻弄された作品だった。
しかも、私の中では大沢氏もそうなんだけど、どうも警察小説を書く作家さんって、歳を追うごとに、話が長いっていうか、熱く語りすぎて、物語そのものが置いてけぼりになるんだよね。

この作品でもそう感じてしまった。

前半、本当にどうでもよかった。長すぎ。

ポストをめぐって東京から刺客がやってくる、それを阻止しようとD県警の抵抗があり、未解決事件もついでに解決しちゃう。
あれほど捜査員を投入しても犯人見つからなかったのに、父親が突き止めちゃうのもびっくりだし、三上の娘は結局どうなったのか?

読み終えてみると、娘はどこにいるんだ?しか頭に残らなかった。



posted by じゃじゃまま at 22:22| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 横山秀夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。