2007年04月12日

嫌われ松子の一生 山田宗樹著。

映画もドラマも見てないけど、読んでる最中いろんな松子が中谷美紀ちゃんだった。
松子の一生をざ〜〜っと振り返ってみると、不幸じゃん。最後は殺されちゃうんだし。それなりの家に育ち、才媛で、本当なら良妻賢母の人生を歩んだであろう松子。
人生の歯車って本当に一瞬で変わり動き出すから怖い。ほんの一つの選択を間違えただけで、その後の選択がまるで占いのチャート式のようにどんどん横に横にずれちゃって、もう後戻りできないところまで進んじゃう。

でも決して松子だけの話でもなく、他人事でもないかもしれない。この先自分にもその時はよかれと思った選択が、実は最初の躓きで、その後どんどんどんどん・・・転がり落ちるかもしれない。

松子は、最初躓いたかもしれない。でもその中で、自分にとって幸せと思える道を選んできたはず。他人から見るとそれは決して最良の道ではないように見えるけど、その時の松子にはそれが自分の信じる一つの道。

教師からレイプ未遂、窃盗の濡れ衣、教師失格の烙印、ソープ嬢、殺人犯、そして被害者。他人事と思ってる自分たちも、紙一重のところにいるのかもしれない、と思わせる恐怖。
松子を殺した犯人たちの存在も、まあー、最後まで読んだ者の心にじっとりとしたものを残してくれてありがとよ、山田さん!
しばらく他の本読む気起きない。

松子ぉ〜〜〜〜〜〜〜っ!!(涙)


posted by じゃじゃまま at 10:04| Comment(9) | TrackBack(6) | その他 や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最後の絶叫、とても気持ちわかります…っ!!
この本読むと、しばらく何もしたくなりますよね。持ってかれちゃうというか…。私が今まで読んだ山田さんの本はそんなのばっかりで、新しいのを読むときちょっとびびってます…。
Posted by chiekoa at 2007年04月12日 12:59
チャート式って言い得て妙ですね。
人生って賭けだ!と松子を見ていると恐ろしくもなります。
松子だけでなく誰もが一瞬一瞬賭けをしているようなものかもしれません。
松子ほど悪い方へ悪い方へと転がってしまうことも珍しいかもしれないけれど
誰もがその可能性を抱えているのだと思うと・・・。
Posted by ふらっと at 2007年04月12日 18:31
こんばんは!
映画もよかったですよ!
同じ物語なのに、まったく違った味付けがしてあって本同様にものすごく印象に残りました!

しかし・・・どうしてこんな人生?って、もう笑うしかありませんね、ここまで来ちゃうと・・・。
Posted by ゆう at 2007年04月12日 21:18
他の人から見たら悲惨な人生かもしれないけど
松子はその時自分を愛してくれていると思える人
自分が一番好きな人に一生懸命だったんだから
幸せなのかもしれないですよね。

私の人生、選択が間違っていない事を祈らなきゃ。
Posted by なな at 2007年04月12日 21:39
こんばんは、じゃじゃままさん。
この本も衝撃を受けましたが、
『天使の代理人』この本にも、衝撃を
うけました。
山田さんの社会派小説は、いいですよ。
Posted by モンガ at 2007年04月12日 22:02
chiekoaさんへ
山田さんの本はこれが初めてなのですが、ちょっと興味引かれる作家さんです。でも・・・びびっちゃうんですね!?覚悟を決めてかからねば。

ふらっとさんへ
チャート式の占い・・・人生も似てるな〜って。最初の方なら軌道修正もできるんですけどね、最後の方になると、Aの答えに戻りたいと思っても、DがせいぜいCになるくらいで。(笑)
松子はそのまま端までたどり着いちゃったって感じですね。

ゆうさんへ
見事な転落人生でしたね。それでも松子がさほどみじめじゃないっていうか、凛としてたのは、自分なりの信念があったからでしょうね。
でも松子の最期は、そりゃないよ〜、ですね。

ななさんへ
ななさんは幸せなんですね。いや、私も幸せなんですけど(汗)、でも、あの時のあの選択の時、もしも違う方を選んでいたら、すべてのその後の展開が違ってただろうな〜と。
人生の節目節目の選択って、本当に大事ですよね。
Posted by じゃじゃまま at 2007年04月12日 23:14
モンガさんへ
山田さんの作品はこれが初めてなのですが、興味を引かれる作家さんです。
モンガさんのレビュー読みました。うん、この後も読みたい作家さんです。
Posted by じゃじゃまま at 2007年04月12日 23:18
じゃじゃままさん…お邪魔します♪
転落型小説の典型ですよねー。
好きです(笑)。
壮絶な松子の一生…インパクト強すぎ。
Posted by ユミ at 2007年04月13日 22:19
ユミさんへ
思いきり転落人生なのに、松子に対して嫌悪感はないんですよね。共感はできないし、バカだな〜とは思うんですけど。
それは松子って、転落人生にありがちな身勝手な理由から人を傷つけたりする人ではないからかな、と思ったりしました。
Posted by じゃじゃまま at 2007年04月15日 07:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

嫌われ松子の一生 [山田宗樹]
Excerpt: 嫌われ松子の一生山田 宗樹 幻冬舎 2003-01 三十年以上前に失踪し、最近になって殺された松子という女性。殺されるまでその存在すら知らなかった松子の生涯を、甥である大学生・川尻笙は興味本位から..
Weblog: + ChiekoaLibrary +
Tracked: 2007-04-12 12:54

嫌われ松子の一生*山田宗樹
Excerpt: ☆☆☆☆・  九州から上京し二年目の夏を迎えた大学生・川尻笙は、  突然の父の訪問で三十年以上前に失踪した伯母・松子の存在と、  その彼女が最近東京で何者かに殺されたことを知る。  松..
Weblog: +++ こんな一冊 +++
Tracked: 2007-04-12 18:32

嫌われ松子の一生 山田宗樹
Excerpt: 24歳の時に教職を追われ、故郷を後にした松子。その後、職と男を転々とし、堕落しきった人生の末、無残な死を遂げるはめに。 松子の存在すら知らなかった甥が、父親から彼女の死の真相を聞かされ、彼女の人生を..
Weblog: かみさまの贈りもの〜読書日記〜
Tracked: 2007-04-12 21:19

「嫌われ松子の一生」山田宗樹
Excerpt: 嫌われ松子の一生 (上) 山田 宗樹 嫌われ松子の一生 (下) 山田 宗樹 大学2年生の笙の下宿に突然現れた父は遺灰を胸に抱いていた。それは父の姉のものらしい。自分に伯母がいたこと..
Weblog: ナナメモ
Tracked: 2007-04-12 21:39

嫌われ松子の一生  山田 宗樹
Excerpt: 嫌われ松子の一生 山田 宗樹 【嫌われ松子の一生】 山田宗樹 著 《平凡な人にはキツイ話しだ。》 378ページの2段書きなのに、あっというまに読んで しまった。国立大を出て教..
Weblog: モンガの独り言 読書日記通信
Tracked: 2007-04-12 21:57

嫌われ松子の一生/山田宗樹
Excerpt: ずっと読みたかったのに今頃になってしまって…。見事なまでの転落物語。中学教師だった松子の波乱の人生をノンストップで読ませます。伯母松子の存在を全く知らずに大学生になった甥っ子…川尻笙が何者かに殺された..
Weblog: ひまさえあれば
Tracked: 2007-04-13 22:17
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。