2007年04月17日

眠れるラプンツェル 山本文緒著。

う〜ん、私はどうして山本氏を好きなんだろう?果たして好きなのかどうかもよくわかんない。でもこうしてカテゴリもあって数作読んでるんだから気に入ってたんだろうな。
なんとも苦しくなる物語だった。

すっごい美人の元モデル。夫はCM制作会社をやってるらしくしかも才能もあり、モテる感じ。滅多に家に帰ってこなくて汐美はいつも一人ぼっち。
隣人の息子と仲良くなって、恋しちゃう。お酒が入ると無性に男と寝たくなって、隣人の息子の義父と寝てしまった。
奇妙な3人の生活。夫が持ち帰った猫、そこから崩壊が始まる。

なんか寂しいんだよね、汐美ちゃん。
少年の義父から「汐美ちゃんは本当は夫のことが好きで、寂しいから、夫にしてあげられないことを自分たちにしてるんじゃないか」と言われ、ああ、なるほど、と私は思ったんだけど、汐美ちゃんの本心はどうだったんだろう?
どうして汐美ちゃんが壊れていっちゃったのか、やっぱり夫を愛していたゆえに寂しかったのか、ルフィオと名付けた少年を本当に愛してしまったのか、分からなくて悲しい。

本当に一人ぼっちになってしまった汐美。きっとすべてから解き放たれて幸せになれるのだろうけど、それは数年先のお話。別物語で汐美の再生ストーリーも見てみたい。
でも今のラストはなんか救いがなくて、悲しい。春に読んでよかった。これ冬に読んでたらどど〜〜んと落ち込んでたかも。

posted by じゃじゃまま at 10:32| Comment(9) | TrackBack(0) | その他 や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。じゃじゃままさん。
私も、山本さんが大好きなんですが、出ませんねぇ・・・新刊。
いつかいつかと心待ちにしているのですが・・・

山本さんの作品って、あまりにもリアルに心に響いてくるから苦しくなってくるんでしょうね。
Posted by ゆう at 2007年04月17日 19:07
じゃじゃままさん…おはよー♪
私も山本文緒さんが大好きです。
特にこの『眠れるラプンツェル』には惹かれます。
展開が読めないんですよね。
その意外さがすっごく新鮮だった記憶が…。
だいぶ前に読んだので再読してみようかな。
つい先日友人に貸していたこの本が返ってきたばっかりなんです(笑)。
Posted by ユミ at 2007年04月18日 10:05
ゆうさんへ
「パイナップルの彼方」はわりと好きな方なんですけど、これはなんだか苦しいというか切ない話でした。
ゆうさんの中で、山本さんの代表作はどれですか?

ユミさんへ
3人の奇妙な生活がわりと心地よかったんですけど、特にダニー(隣人夫)が3人で暮らすための提案をするところなんか、ああ、奇妙だけど幸せになれるのかな?とちょっと期待してたんですよね。
無残にも崩れ去りましたが。
ゆうさんにも聞いたのですが、ユミさんの中で、山本さんのイチオシってどれですか?
Posted by じゃじゃまま at 2007年04月20日 22:04
私も好きです♪山本文緒さん。
じゃじゃままさんが読んだ本全部読んでます。
けど、全く内容が浮かんでこない。

でも何となく印象に残っているのが、
『群青色の…』です。

最近めっきり山本さん読まなくなっちゃいました。最近あまり出してないですよね?
Posted by とも at 2007年04月22日 14:10
ともさんへ
私も山本さんの作品、一番覚えてるのは「ブルーもしくはブルー」でしたっけ?あれかな〜。
山本さんという作家さんが、どういうジャンルを書く人なのかまだ分かりかねていて、好きなのかどうなのか自分自身はっきりしないのです。
ほのぼの系を書く人だと、思い込んでました。
ちょっと違いますよね。
Posted by じゃじゃまま at 2007年04月22日 17:22
一押しですか・・『恋愛中毒』が凄いと思いますが、これも苦しいお話です。
でも!オススメします♪
Posted by ゆう at 2007年04月23日 12:51
ゆうさんへ
「恋愛中毒」ですね!
次回作はそれに挑戦します!でも苦しいのか・・・。
山本さんは、そういうジャンルを書く人なのですね。
Posted by じゃじゃまま at 2007年04月25日 09:40
『群青の夜の羽毛布』でした。
確か映画化されたかな?
『恋愛中毒』私もおもしろかったです。
そしたらドラマ化され、ドラマの方は
不発に終わったようですが。
Posted by とも at 2007年04月25日 15:57
ともさんへ
「群青の夜の羽毛布」映画化されたんですか?
う〜ん、配役が気になる。
「恋愛中毒」・・・そういえばどっかで聞いた事ありますね。こっちはドラマですか。
これも配役が気になりますね。でもまだ未読なので、次の山本作品は、これで決まりですね。
Posted by じゃじゃまま at 2007年04月27日 09:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。