2014年03月29日

海と月の迷路 大沢在昌著。

《★★★》

N県警察学校校長、荒巻正史警視。多くの部下たちに慕われ、惜しまれつつ引退する彼の送別会で、荒巻の警察官人生を決定づけた、N県H島で起こったかつての事件を語り出す。

炭鉱で成り立つその小さな島で起こったある一人の少女の事故。その死に不審なものを抱いた若き荒巻巡査。だがその島では警察官よりも、島を支配する企業の階級の掟、しきたりが重視され、思うように捜査は進まない。
島で起こった喧嘩に、階級を無視した荒巻の公平な判断が鉱員たちの反感を買い、多くの島民、同僚である先輩巡査からも孤立してしまった荒巻。
それでも不審死を疑う数少ない協力者と共に、荒巻は真相に近づいていく。

8年前に起きていた類似する少女の水難事故。見て見ぬふりをすることによって保たれていた島の平穏は、事故が事件だったと主張する荒巻によって覆されていく。

妨害や孤独に耐え、殺人鬼から少女たちを守りたい、その一念だけで突き進む荒巻は、果たして真相に辿りつくことができるのか。

そうそう、こういうのを読みたかったんだよ。がっつり大沢氏の作品を堪能した。
一瞬、島の表紙だったんで、かつての売春島の話かと思ったけど、戦後間もない頃のある不審死を追うストーリーで、こういうのを待っていたよ。

とにかく、ことなかれ主義の岩本巡査には腹が立ちまくり。島に赴任中はとにかく問題起こさずに、って態度ががっかりな岩本巡査。しかも事件を追う荒巻に対して、チクるように鉱員や職員たちの前で叱責したり、警察官としてだけでなく、人間としてがっかり。その奥さんも、荒巻が孤立した途端、手のひら返しで、なんと小さな人間か。

ま、うまい具合に少女の不審死を疑った怪しげな組夫が元刑事だったり、情報が集まったりするのは仕方ないけど。
まさか犯人がそんな近いところにいたとは。




posted by じゃじゃまま at 17:57| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大沢在昌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。