2007年04月23日

中庭の出来事 恩田陸著。

まったく、やられました!っていうか、これって作者の自己満足の世界だよね〜、また置いてけぼり。恩田氏の頭の中って自分だけで完結しちゃってるんじゃないの?これはもう完全に八つ当たりだけどさっ!
理解できた人がいたら、すっごいし、それにきっとその人も人とは絶対に違う思考回路をしているに違いない!(これも八つ当たり&ひがみですが)

で、結局なによ?全部作り話?演劇の話って分かった瞬間に、まさか「チョコレートコスモス」関係してるの?あれはわりと好きな派と苦手な派に分かれて、好きな派も多かったからそれで気を良くしちゃって、また書いた??なんてブツブツ、本当にブツブツ文句言いながら読みました。
途中、もういっかな、止めても。と思ったけど、一応どんなオチなのか知りたくて、読みました。

でも分からなかった。神谷って前も出てた?誰だっけ?
なにが現実でなにが脚本なの?いい加減に読んでたツケで、さっぱり。かといってもう一度読むのも面倒だし。
教えて〜〜〜〜〜〜〜〜っ!恩田さん!
ひどいよ、私の気持ち・・・こんなんじゃ。
posted by じゃじゃまま at 08:50| Comment(11) | TrackBack(4) | 恩田陸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わはは。じゃじゃままさんのコメント、思わずにやとしてしまいました。
わたしは恩田さん4冊ほど読んだかな。すごく苦手な作家さんです。「チョコレートコスモス」も読んでそれなりに楽しんだけど、感想を書くまでにいたりませんでした。
「夜のピクニック」なんかはすごく良いらしいんだけど、貸してくださった方もいらしたのだけど、やっぱり「恩田」って言うだけで敬遠しちゃった^^;でもこれはすごく評判がいいですよ。じゃじゃままさんは読まれてませんか?
Posted by short at 2007年04月23日 09:57
「夜のピクニック」も読んでますよ〜。
ブログ開始前かな?確かに恩田ワールド全開!!ではなくわりと読みやすかったんですけど、でもあれもちょっとしたミステリ入ってた記憶が。
歩行祭だけのただの青春物語でいいのに。

ずばっと分かりやすい小説書いて欲しいです。
それでも手を出し続ける、悪い癖ですね。(笑)
Posted by じゃじゃまま at 2007年04月23日 10:38
一体いくつの入れ子構造になっていたのでしょう。
内側にいるかと思って読んでいると
外側に立っていることに気づかされたり
完全に観客の目で観ているつもりが
いつのまにか演者のひとりになっているような・・・。
くらくらしました。
Posted by ふらっと at 2007年04月23日 17:33
じゃじゃままさん、こんばんは。

これは本当にやられましたね。
私も完全においてけぼりです。
だけどそんな恩田作品も好きな私です。

Posted by なな at 2007年04月23日 19:12
こんばんは!
何が現実で何が虚構なのか、翻弄されまくりの内容でしたよね〜
頭を使いまくって、パンクしちゃいました〜
神谷って、『チョコレートコスモス』の中でも、たしか脚本家として登場してますよね。
同一人物かどうかは、不明ですが…
Posted by エビノート at 2007年04月23日 21:05
じゃじゃままさん、こんばんは。
理解できるのは、たぶん書いた恩田さんだけでしょう(笑)。
境界がわからなくなって大混乱の恩田劇場でした。
でもどちらかというと好きなテイストだったので、
どっぷり浸かれた喜びも(笑)。
Posted by 藍色 at 2007年04月23日 23:33
はじめまして♪
ワタシも昨日読み終えたばかりです。
恩田作品は、時間がたっぷりある時に読んでいた時は楽しめたのですが、最近忙しいので、なかなか…
「???」が頭の中に渦巻いてしまいました^_^;
Posted by na-rusa at 2007年04月24日 22:45
ふらっとさんへ
くらくらしまくりでしたよ〜。(汗)
何度も投げ出そうと思いましたもん。でもとりあえずページ最後までめくっとくか、と半ば投げやりでした。(笑)

ななさんへ
これで置いてけぼりになったのは何度目でしょう。それでも懲りずに手にしてしまう私なのですが。
恩田さんって罪な人。(笑)

エビノートさんへ
すでに神谷さんが「チョコレートコスモス」で出てたことすら覚えてないのですが、当時の神谷さんは実在する人物として?でしたか?
神谷って誰だ〜〜〜!?状態です。

藍色さんへ
喜びを感じてるのですね。(笑)
私なんて怒りと憎しみが・・・(爆)恩田さんは当然分かってるんでしょうが、罪作りな作家さんです。
恩田さんにマンツーマンで教えて欲しいですね。

na-rusaさんへ
私も「???」のオンパレードです。もうすでに忘れることにしました。(笑)
でもこうやって翻弄されたのが自分だけじゃないって分かって、それが嬉しいです。
Posted by じゃじゃまま at 2007年04月25日 09:37
じゃじゃままさん、
何度もすみません(^^ゞ

ワタシのブログのアドレスをいれておきますね♪
Posted by na-rusa at 2007年04月25日 12:09
じゃじゃままさん、読了されたんだ〜
私は手をだせそうにないな〜
この本、さらりと読む本じゃないですよね。
頭の中がぐちゃぐちゃになりながら、
読む本って今は気分じゃなくて。

Posted by とも at 2007年04月25日 16:01
ともさんへ
無理せず、ともさんの気分じゃないっていうの優先させた方がいいですよ〜〜〜〜。
そんな作品です。
私なんて、半ば恩田作品っていうだけで条件反射で手を出しちゃうんですけど、読む作家と好きな作家って、恩田さんに関しては違うような気がします。(私の場合、ですが)
Posted by じゃじゃまま at 2007年04月27日 10:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

中庭の出来事*恩田陸
Excerpt: ☆☆☆☆・ 中庭の出来事恩田 陸 (2006/11/29)新潮社 この商品の詳細を見る 瀟洒なホテルの中庭。こぢんまりとしたパーティの席上で、気鋭の脚本家が不可解な死を遂げた。周りにいたのは、次..
Weblog: +++ こんな一冊 +++
Tracked: 2007-04-23 17:30

「中庭の出来事」恩田陸
Excerpt: 中庭の出来事 恩田 陸 すごい本です。多分理解してないと思う。私は今どこにいるのかが全然わからないんです。外側なの?内側なの?完全に迷子です。「ユージニア」を読んだ時と同じような感覚。..
Weblog: ナナメモ
Tracked: 2007-04-23 19:13

中庭の出来事 〔恩田陸〕
Excerpt: 中庭の出来事 ≪内容≫ 瀟洒なホテルの中庭。 こぢんまりとしたパーティの席上で、気鋭の脚本家が不可解な死を遂げた。 周りにいたのは、次の芝居のヒロイン候補たち。 芝居とミステリが融合し、..
Weblog: まったり読書日記
Tracked: 2007-04-23 19:29

中庭の出来事 恩田陸
Excerpt: 装画は梅木英治。装幀は新潮社装幀室。 新潮ケ−タイ文庫2003年5月9日から2004年2月26日配信。 瀟洒なホテルの中庭。こぢんまりとしたパーティの席上で、気鋭の脚本家が不可解な死を遂げた。..
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2007-04-23 23:34
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。