2014年07月21日

祈りの幕が下りる時 東野圭吾著。

《★★★》

加賀恭一郎シリーズだったのね。
まさか冒頭の夫と子供を捨てた女性が、加賀の母親だったとは・・・。
そんな過去があったのね〜。今までも、小説の中で出ていたことかもしれないけど、母親が家出してたなんて忘れてたのか・・・。

滋賀県のある施設で、無銭飲食をしようとした身元不明の老女が保護された。老女に心当たりのある職員が、東京にいる幼馴染の脚本家女性を訪ね、後日殺害されて発見される。
遺体の発見されたアパートの持ち主と、かつて加賀の母親が付き合っていた男性が同一であることが分かり、その行方を追うが、やがてホームレスの焼死体として処理された男性が、越川睦夫こと綿部俊一であると判明する。

母親が加賀の元を去ってから、その後の生活、気持ちを知っていた人物はもうこの世にいない。

滋賀県からやって来た被害者が会いに来たのは、幼馴染の女性脚本家。
警察は最初からこの女性に目をつけていたが、いったい、なにがどう繋がっているのか。

いつの間にか加賀の母親と最後に関わってた男性も、この事件に大きく繋がっていて、物語は一つにまとまっていく。
最初、女性脚本家はただの知り合いかと思ってたけど、思い切り主要人物だったのね。
しかも、加賀も、今回の事件はすべて自分に繋がっているのでは、と思う。

加賀が父親の最期に立ち会わなかったり、父子の間には厳しいものが流れていたけど、すべての謎が解けた。

私は、すっかり忘れていたので、その都度、そうかそうか、と思うだけだったけど、すべて、ここに着くためのものであるならば、東野氏はすごい!作家というのは、最初からこんな先のことまで考えて物語を書いているのか。

すごすぎる!
それほどに、すっぽりとすべてのパズルがはまった。

タイトル通り、幕が下りた、んだね。

それにしても松宮は溝端淳平だし、加賀さんは当然、阿部ちゃんが、私の頭の中を歩き回り、喋っていた。


posted by じゃじゃまま at 16:47| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東野圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。