2014年08月26日

虚夢 薬丸岳著。

《★★★☆》

目の前で愛娘を殺され、自らも重傷を負った母親。犯人である青年藤崎は、心神喪失で罪に問われなかった。
夫婦関係は壊れ、妻はその後再婚した。
その元妻から「あの男を見た」と電話がかかってきた。

小説家であった三上は、作家を引退し、荒んだ生活をしていた。でも元妻からの電話で動き出す。
元妻は、職場でも近所でも「あの男が襲ってくる」騒ぎ、あの犯人と同じ病名を下される。

あの男を見た、のは妄想なのか。

風俗の仕事をしているゆきは、忘れたい過去がある。しつこい客、田代。ふらりとやって来た藤崎との出会い。
そう、藤崎はやっぱりいたのだ。
三上は元妻が見たという言葉を信じ、藤崎を探し出した。そこでゆきのことも見かける三上。
元妻の病状を心配してくれる高校時代の精神科医の友人、松岡。

一見関係なさそうに見えた三上、ゆき、が藤崎によって繋がり、そして松岡も繋がっていた。

ラストの衝撃の真実は、本当に衝撃だった。
そして元妻の計画。

事件が起こり、精神鑑定という言葉を聞くたびに、普通の人間は憤りを感じる。そんなことで、罪を帳消しにするなよ、と。
この小説は、答えでもない。結局、答えなどないから。
藤崎は結局またもや事件を起こした。やっぱり治ってなどなかった。それでもまた数年で社会に戻って来るのだろうか。

元妻の計画。精神異常を装って、それが他人に見破られるのか。もし計画が成功していたら、大きな波紋となり、なにかを大きく動かしたかもしれない。
でも小説は、そちらではなく、結局正当な被害者遺族の訴えで問いかけることにするらしい。(という終わり方)

その問題提起よりも、ゆきの事実の方がインパクト大だった。
薬丸氏・・・ちょっと興味出てきた。



posted by じゃじゃまま at 18:32| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/404382095
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。