2014年09月29日

オール・ユー・ニード・イズ・ラブ 東京バンドワゴン 小路幸也著。

《★★★★》

待ってましたの、東京バンドワゴンシリーズ、もう何弾だか分からなくなってしまいました。9弾か??
細かいエピソードは忘れてしまっても、大丈夫。なんとかついていけるから。
今は亡き、サチさんの語りが耳に心地よく、東京バンドワゴンを舞台に繰り広げられる人情あふれる下町の物語。
 
秋は、
「真っ赤な紅葉はなに見て燃える」・・・ 堀田家ゆかりの人々が増えてきてみ〜んなお知り合い状態なんだけど。
青が出演した映画の脚本家の岸田さんが東京バンドワゴンにやって来て、すずみさんが作った特設コーナーの作家の棚を見ている。そこへ岸田さんと高校時代同級生だった、これまたバンドワゴンゆかりの裕太君がやって来て、再会する。
裕太君によると、岸田さんはすずみさんがフェアをやっている作家の本を燃やしていた過去があるという。なんと、その作家の娘が岸田さんということも判明する。
同じ頃、本を売りに来た女の子。この子も訳ありで、記入した住所と帰る場所が違うことにバンドワゴンの面々はなにかあると察知して、心配する。
親子の絆を優しく問いかける。

それにしても、裕太君って誰だっけ?

冬、
「蔵くなるまで待って」・・・東京バンドワゴンの蔵に眠る、秘密の蔵書に気付いたライターがいるという。
サチさんの実家のことや、なんだか忘れちゃったけど、大事なものなんだよね。
そのライターさんがとうとうバンドワゴンにやって来た。サチさんの初スキャンダルにも話が及んで、藤島さんまでがお父さんの後妻さんとのスキャンダルが狙われたり、そこで明かされる藤島さんの素姓。
とっても有名な書家を父に持つご子息だったという。
敏腕実業家の藤島さんのアイデアで、蔵の蔵書をすべてデジタルアーカイブ化することで、ライターさんをもバンドワゴン側に抱き込め、サチさんの日記から、身の潔白も証明されてよかったよかった。
ついでに、このライターさんと、木島さんっていう、最初にライターさんの存在を勘一に教えてくれた記者さんね、この二人が結婚するってところまで話は及ぶ。

ってことは、本当はバンドワゴンのこと教えたの、木島さんじゃないの?って疑いたくもなるよね。
この二人の結婚は余計だった気もするけど、花陽の友達が木島さんの子供で、この少女が父親の再婚を望んでるって設定だったしね。

春、
「歌って咲かせる実もあるさ」・・・ 勘一が盲腸で入院しちゃった。
バンドワゴンに隣接するカフェに、常連さんの薫子さんがやって来る。最近、古銭でコーヒー代を支払うってことで、藍子や亜美さん、仲良しのすずみさんから事情を聞いていたお嫁さんは心配していた。幼馴染でもある我南人は、薫子さんの優しい遠慮と気遣いに気付く。
物語常連の茅野さんは、元刑事でありながら、古本の詐欺にあってしまう。でも本人はそれでもどこか楽しそう。
一番シンプルな章だったけど、好き。

夏、
「オール・ユー・ニード・イズ・ラブ」・・・ 木島さんと仁科さんの結婚の話や、研人が高校に行かずにロンドンへ音楽のために留学したいと言い出す章。
ちょっと登場人物が増えてきたから、整理するのにちょうどいいかな、なんて勝手に思ってたら、結局は行かないし。
身内の説得よりも、おじいちゃんである我南人の人脈はすごかった。
世界的に超有名なミュージシャンと研人を会わせ、海外を知るためにはまず足元を見よ、じゃないけど、自分の国をよく知ることだ、と悟らせる。
そうなんだよね、海外に行くと日本のこと聞かれたりするんだよね。自信を持って答えられない自分が恥ずかしい。
日本人は自分の国というか、愛国心って改めて考えたりしないもんね。

昔、海外で古典のこと聞かれたもんね。

posted by じゃじゃまま at 11:24| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小路幸也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/406210743
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。