2014年10月20日

豆の上で眠る 湊かなえ著。

《★★★》

小学一年生の時に、姉の万佑子ちゃんが行方不明になった。
いつも優しく、絵本を読んで聞かせてくれた万佑子ちゃん。お気に入りの本は、「えんどうまめの上になたおひめさま」。
本物のお姫様だと証明するために、小さな豆をベッドの下に置いて気付くかどうか、そんな童話が二人のお気に入りだった。
本当に気付くかしら?と実験した思い出もあった。

そんな万佑子ちゃんが突然いなくなったのだ。
同じ姉妹とは思えないほど、対照的だった妹の結衣子は、姉の不在よりも、いなくなったのが自分だったら母親はここまでするだろうか、とそんな不安や孤独を感じながら過ごす。
隣の県で起きた同じような事件が、男による監禁事件で解決したことにより、母親は結衣子を利用して不審者を捜す。

万佑子の失踪事件と、現在が交錯しながら物語は進み、現在では、姉は無事に戻って来ていて、でも、結衣子の語り口では、万佑子を失ったものとして語られるので、またもや、いつもの湊節だな、と。
こう思わせておいて、実はこう!!みたいな、そんな展開なんだろう、と予測立てつつ、どんなことがあるだろうか、と考えながら読んだ。

途中、母親の行動のせいで結衣子がクラスでいじめられたり、失踪してから二年後に保護された万佑子が戻って来ても、家族に馴染めなかったり、結衣子は可哀相だったね。
そのわりに、万佑子の方は私立に通ったり、友達もできたりと、この差がなんとも言えず切ない。

物語の最初からキーワードとして出てくるあの童話も、つまりは偽物と本物、そういうことだね。

ラストに近づくにつれ、まるで【そして父になる】を思い出したよ。

取り違え、そういうのって家族にはきちんと話さなきゃダメじゃないのかな。特に姉妹ならば。
なんだか、安西家の親はちょっとずれてるかな。まったく別の子を受け入れられるわけないじゃん、説明なしに。
しかも二年しか経ってないのに、違うものは違うでしょ。

二人の少女にとっては、まあ、辛いだろうけどね。それにミスリードが大好きな湊氏だから、こうでもしないとミスリードできないんだろうけど、取り違えを家族、身内にすら説明なしで強行突破は、説得力に欠ける。

でも、それなりにドキドキしながら読めたけどね。

posted by じゃじゃまま at 12:38| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。