2014年11月12日

スタンダップダブル!甲子園ステージ 小路幸也著。

《★★★★》

見た目はそっくりながら性格は対照的な双子―エースピッチャーの青山康一とセンターの健一を擁する神別高校野球部は、北北海道大会を勝ち抜きいよいよ甲子園へ!彼らの不思議な強さの「秘密」と、優勝を目指す特別な「理由」を知る前橋絵里は、全国紙のスポーツ記者。彼女の前に、神別高校の監督・田村と高校時代にチームメイトだったフリーのスポーツライター・塩崎が現われ、神別高校の周囲をしつこいくらいにかぎ回りはじめる。塩崎は、田村との間に因縁があるらしい。絵里は、危険なネタを得意とするルポライター・西島などの応援を得て、なんとか神別高校ナインを守ろうとするが…。 (「BOOK」データベースより)

ほっこりと心が温まる。
塩崎というちょっとした悪役が出てきて、不安になったりもしたけど、基本、小路氏はいつも心優しい物語。
だから安心しながらも、そしてその期待を裏切らなかったことにやっぱりまた安心して。

西崎さんの案に乗ってみたものの、結局そこまで塩崎はいい人ではなくて、失敗だったよ、って前橋絵里は思う。
ところが、最後の最後に山路さんが強烈なカードを切った。
塩崎も恐れをなしちゃうくらいの、大物の存在。だったら、最初から言えばいいのに、って思ったけどね。そこだけ突っ込んだけど。
それにしても、本当にいい人たちに恵まれて、ほっこり温まった。


posted by じゃじゃまま at 16:48| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 小路幸也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。