2014年12月28日

昨夜のカレー、明日のパン 木皿泉著。

《★★★★★》

ほっこり温かくなる小説。
読む前にドラマを途中まで見てしまったので、イメージができてしまった。
テツコは仲里依紗だし、ギフは鹿賀丈史だし、岩井さんは溝端淳平。シュウマイにかけるウスターソースまでばっちりイメージできる。

ドラマの優しさがそのまま読んでいてイメージできて、本当によかった。

不思議な感じの物語だったけど、夫が死んでそのまま義父と同居するテツコ。
息子を亡くす父と、夫を亡くす嫁。二人は大事な人を亡くすという悲しみを共有し、二人で乗り越え、いつの間にか義父はギフへ、徹子さんはテツコさんとカタカナ表記の呼び方に・・・変わる感じのニュアンスも、ドラマで見ていたおかげで伝わってきた。

かといってドラマを絶賛ってわけでもなく、いやいや、絶賛してもいいんだけど、それはやっぱり原作のよさがあるからなんだろうな〜。
あの原作に流れる温かさ、優しさ。すごい独特。

そこへテツコの恋人岩井さんも登場して、いやいや、夫は死んでるんだからテツコのことを思えば岩井さんも大事なんだけど、でも夫のことも忘れて欲しくなくて、ギフとも仲良くして欲しくて。
そんなわがままが全部ハッピーエンドになるとっても素敵な小説だった。

ドラマを最後まで見られなかったので、最後の章のあの出会いは、テツコと一樹だったのか確信が持てないのが残念だ。


posted by じゃじゃまま at 16:29| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/411411429
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。