2015年01月18日

スターダストパレード 小路幸也著。

《★★★☆》

(内容紹介)
傷心の元暴走族ヘッドが、
言葉を失った5歳の少女と逃避行――

星屑のようなささやかな僕たちの光。

『東京バンドワゴン』の著者が描く
極上のハートフル・ミステリー

元暴走族のヘッド・マモルが刑務所から出所した日に、
彼を無実の罪で逮捕した刑事・鷹原が迎えにきた。
鷹原は、母・ジョゼットを不審な死で亡くした少女・ニノンが
何者かに狙われているため、
三重にいる鷹原の元妻・美里のところへ連れていくようマモルに依頼。
マモルに去来する美里との過去と想い――。
マモルとニノンは無事に辿り着けるのか?
そしてジョゼットの死の真相とは?

生きていていいんだってあの人に教えてもらったんだ――  

物語の始まりの、その前からが、一つの小説になっていいくらいの内容だよね。
マモルの母親と妹は父親に殺されていて、だから同じ境遇のニノンに心寄せるって件もあって。
で、世話になった鷹原とその妻と男女の関係になって、無実の罪で刑務所に入れられて、その辺りも一つの小説になりそう。

あ、忘れちゃいけないのは、そうだった!鷹原とその同僚の杏子ちゃんには共通の目的があって。
杏子ちゃんの父であり、鷹原の尊敬する先輩刑事はある政治家絡みで殺されてて。
これだって、小説にするにはいい材料でしょ。
物語にするのは、骨折りそうだけど。
その辺の難しいとことは過去の話でさらっといって、この物語の軸は、ニノンちゃんの母親殺しの真相と、マモルとの逃避行の果ての鷹原と元妻の関係。

どれをとってもすごいネタでしょう〜。
結局、仇は取れなかった。大きく大きく風呂敷を広げたのに、畳みきれなかった。包みきれなかった。
そんな感じ。

でも小路氏の世界は、ドロドロとしたものではなく、ほっこりと最後は収まる感じなんだよね。

結局、ニノンちゃんは鷹原さんと美里さんが育てるんだろうな。
「壁と孔雀」もそうだったけど、全然別の人同士が最後は一緒に暮らして、めでたし、って。だけど、そこが一番安心だよね、ってとこに落ち着く。

面白かったけど、物語の前の段階もすごいことになってるじゃん!そっちも詳しく知りたいよ、って思いながら読み終えた感じ。



posted by じゃじゃまま at 10:31| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 小路幸也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。