2015年02月23日

11月のジュリエット 乾ルカ著。

《★★》

高校2年の優香は乗り込んだ飛行機で、謎のガスにより乗客が大量死する事件に巻き込まれる。生き残ったのはわずか5人。地獄と化した機内に現れた4人の美青年たちは「NJ」という研究のデータを奪うため、秘密に触れた優香たちをも葬り去ろうとする。4人と対峙するうち、生きることに無気力だった優香は変わり始めるが―。閉ざされた飛行機で、凍えるアラスカの地で、少女は“生”を見つめ直す。名もなき花が導く、美しきサバイバル・ロマン。 (「BOOK」データベースより)

なんでしょうか。
まるで【ターミネーター】3だか4の、ゲーム会社だかどっかの会社の家に、お前が作ったものが未来では人類を滅ぼすものになるんだ、っていってシュワちゃんだちが乗り込んだシーンを思い出した。
でもそういうことだよね。

核も発明した人はそんなつもりじゃなかったのに、後に核兵器というものに利用されたように。

この物語も、未来に影を落とすある発明をなかったものにするために、未来から4人の青年たちが送り込まれた。
でもだからといって無関係な人たちまであんなにたくさん殺していいものだろうか。

最後まで残った優香と陣内。陣内は、未来の碑にその名前が刻まれていて、なきものにしようとしていたその不幸な発明を幸せな方に転換させた人らしい。

では優香は?

そのことには触れられてなかったけど、私は勝手に、陣内と優香は将来結婚するんだろう、と解釈した。

posted by じゃじゃまま at 17:44| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 乾ルカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。