2015年04月09日

自滅 柴田よしき著。

《★★★》

ホラーなのか・・・。
「薫衣草」 ・・・ 二卵性双生児の清香と沙香だったが、沙香はある日夫と子供を残し失踪し、見知らぬ町でたった一人で死んでいた。沙香が暮らしていたらしいアパートの不動産からの連絡で、死後数カ月も経ってから向かったそのアパートで、一枚の新聞の記事を見つけた清香。それは二人が幼い頃過ごした町で起こったある殺人事件。時空を超えて、あれ、が沙香や清香を追い詰める。

「雪を待つ」 ・・・ 雪が降った日、傘の先で地面を突いた幼いあの日。そこに猫の死骸があったとしても、雪で隠されていれば分からない。幼かった「私」から、父を奪い、兄も奪い、そして母が去った。そして、今度は娘までも失った「私」。そんなある日、兄の自殺の原因になった女性を知ってしまう。彼女に幼い子がいることも。
幼いあの日猫の死骸を突いたように、「私」は雪を待ち続けてた。あの子が飛び出して来るのを待って・・・。
なんか無理がないか?復讐するなら兄を振った女性の家族よりも、娘を轢いた男の方だと私は思うけど。

「隠されていたもの」 ・・・ フリーライターである絵美に依頼のあったゴミ屋敷への取材。
そこで見つけたものは、人々が要らなくなって捨てたゴミだけでなく隠しておきたい過去のものが埋もれていた。狂気の世界だよね。
あり得ないホラーの世界。

「ランチタイム」 ・・・ 誰にも気にされず、いつも一人だった「わたし」は、今日も一人でランチタイム。
噂話をしている後輩社員を一睨みすれば、一人の女性社員がハッとしたけど、その他は誰も「わたし」に気付きもしない。
「わたし」に待つ真実とは・・・。

「自滅」 ・・・ なんでも消えて欲しいものをビルの屋上から願えば消えてしまう。由佳里を小馬鹿にした店員のお店もなくなった。由佳里をいつもいびっていた鈴本もいなくなった。村崎の妻もいなくなり、交際を初めてようやく入籍した由佳里だが、願えば消えてしまうと信じ続けた由佳里は心を病んでいた。村崎は気付いていた、由佳里だけがその現実を受け入れられなかった。
由佳里が本当に消えてしまえと願うのは、村崎の妻でも、鈴本でも、元の恋人でもない、それは自身だ、と気付いてしまった時、村崎の差し出した手は由佳里に届いたか・・・届かなかっただろうな〜。

posted by じゃじゃまま at 15:43| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 柴田よしき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。