2015年04月26日

虚ろな十字架 東野圭吾著。

《★★★☆》

一人娘を強盗殺人で亡くした夫婦の事件と、冒頭の少年少女の淡い恋物語がどう繋がるのか、ずっと気になっていた。
幼い娘を殺された被害者遺族。お互い傷が癒えないまま離婚した夫婦。その夫の元へかつての妻が殺害されたとの連絡が入る。
離婚後元妻のその後を知り、死刑とは、犯罪者の再犯歴の高さ、罪を償うとはどういうことなのか、自分たちの裁判をも振り返り、原稿を書いていた妻が、事件と向きあっていたことを知る。
その元妻が被害に遭ったのは、本当にただの行き当りの犯行だったのだろうか?

さすがだと思った。
小さな点が、どんどん繋がって行った。
元妻、小夜子を殺害した犯人の義理の息子が、冒頭の少年。生前、小夜子が取材を重ねていた女性が冒頭の少女。
そうやって繋がって行くのね。

「容疑者Xの献身」のように、深い愛を最後に教えてくれることを信じて読み進めたけど、感想から言えば嫌いな人が心を占めてしまってそれどころじゃない。
まず、冒頭の少年だった史也の妻、つまり小夜子を殺した犯人の娘なんだけど、花恵。なぜか一番嫌い。
史也がいい人なだけに、冒頭で史也と沙織の関係を読んでいただけに、なにこの女、と思ってしまった。
しかも史也の子じゃないし、そのくせ医者の妻の座にいるし。
花恵の父は犯罪者だし、この女ロクなもんじゃない、と思ってしまって、とにかく一番嫌い。

もちろん花恵の父も、この父さえいなければ、ってところあるしね。

そして、小夜子。娘を殺害されて本当に可哀相な人ではあるけれど、小夜子の正義感が次の事件を起こさせたよね。
そもそも、娘の事件がなければ小夜子が命を奪われる悲しみ、その罪への償いをそこまで深く追求することはなかったのだから、最初の犯人が一番のクズなんだけど、小夜子の行動は、個人的にはあまり共感はできなかった。
21年前の若すぎた二人の過ち。それを掘り起こして自首を勧める小夜子の強引さに、嫌悪感を持ってしまった。小さな命を奪った史也と沙織の罪は罪だけど、取材の過程で聞きだしておいて、自首を勧めに史也にまで会いに行く、その小夜子の強引さが、好きになれなくて、小夜子と花恵。この二人が今思い出しても嫌いだ。

死刑についても触れていたけど、正解はないのかもしれないけど、遺族にとって死刑はただの通過点、遺族がそれを望むのは当然の権利で、誰にも否定できないものだとは思う。

最後に、史也と沙織が共に生きることはないとは思うけど、花恵、どっかに行って欲しい。




posted by じゃじゃまま at 17:26| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東野圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。