2015年05月06日

ウエンカムイの爪 熊谷達也著。

《★★★》

一気に読んでしまった。
一番読みたかった「ウエンカムイの爪」。
そう、私はヒグマの食害事件、怖いんだけど、興味があるのだ。北海道での事件やワンダーフォーゲル部の事件、数年前に起きた東北の熊が脱走して職員の女性が被害に遭った事件など。
それこそリアル鬼ごっこ。

ヒグマに遭遇して、危機一髪の瞬間、謎の女性に助けられた写真家吉本。彼は一年後、北大の、ヒグマの生態研究の取材に同行することになった。
その前にキャンプ中の大学生たちが襲われる事件が起きており、緊張感の走る中、吉本は謎の女性が研究チームの責任者と知り、調査の過程でヒグマと対峙することとなる。

読みやすさもあるけど、展開もサクサクしてて、多分ほんの数日間の出来事なんだよね。
もっともっと読みたかったけど、あっという間に終わってしまいました。

posted by じゃじゃまま at 15:34| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/418510849
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。